どうして研修医を受け入れているんですか?

歯科医師臨床研修が本格始動してから4年目が終わろうとしています。
始動前の1年をいれて、これまでに11人の研修医を受け入れました。

研修協力施設になって、研修医を受け入れる様にしてから、時々友人に聞かれるのが
「どうして研修医を受け入れているの?」
「何もできない人に教えるのは大変じゃないの?」
という質問です。

研修医を受け入れると、月数万円のお金が補助金などの名目で支給されます。
しかし、正直金銭的にはそれではペイしません。
林歯科は、研修医の宿舎の手配も行うのでなおさらです。

また、診療スタッフ、技工士さん、その他林歯科に関わるたくさんの方のサポートをお願いしなければなりません。

では、なぜ、研修医を受け入れるのでしょうか?

今日の帰り道で院長とそんな事を話し合いました。


結局、その理由は、
「刺激が欲しい」
という事です。


若い人の新しい視点が欲しい!
私たちが疑問に感じなくなっているところを教えてほしい!
インスパイアされたい!

そういうことです。

ですから、私たちを退屈させないでほしい。どきどきわくわくさせて下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: どうして研修医を受け入れているんですか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2200

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2010年1月28日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テスト!」です。

次のブログ記事は「1月最後の夜の勉強会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja