林歯科・院長の2010年の研修(1)

院長が、2009年末、12/28にいきなり!「来年はシーケンシャル咬合の勉強をする!」と決めたために、今日・明日の予定の調整に受付スタッフが奔走してくれました。まず、来院予定のプリントアウト、それからカルテ出しを行い、院長のチェックを経て、「院長でないと」と言う方に連絡を取り移動をお願いしてくれました。

移動をお願いした皆さんにもご迷惑をかけ申し訳ない事でした。

今日、明日来院される方のカルテには、院長が必要な連絡事項をメモを付けました。

そして、
今日は風邪気味の金城先生が一人で矯正歯科主体の診療を
明日は、米田先生・金城先生の二人で一般歯科主体の診療を
行ってくれます。


こうして院長が講習会を受講する事ができるのも、林歯科の勤務医、受付、診療スタッフの力が充実しているからだと思います。本当にありがたい事です。学んだ事は皆に伝え、また、患者さんの治療に還元できるシステムを作って行きます。今後ともよろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 林歯科・院長の2010年の研修(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2179

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2010年1月 9日 18:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝起きたとき顎が痛い・そんなとき」です。

次のブログ記事は「札幌でミーティング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja