1月最後の夜の勉強会

あっと言う間に1月が終わろうとしています。

今日は、いつもの勉強会。

院長、私、あいファミリー歯科の水野先生、米田先生、金城先生、それから今月からバイトに来始めた北大のW先生、それと札幌のI先生がスカイプで参加して、総勢7名。

今日の症例は、林歯科から新患分析が3名、札幌の友人の経過症例が1例。
それから2週間前、先週と2回にわたってディスカッションし、今週診断のときに本人・ご家族と話し合って治療方針を決定した患者さんの報告が1例。

今日のディスカッションでは、レントゲンの骨格の分析結果と写真の印象が著しく異なるときの判断基準、骨格の基準点に疑問が生じた場合の判断基準が論点になりました。

今回の宿題として、次回までに鼻骨の鼻根点びこんてんNasion)の計測値に疑問があるとき、上顎の位置基準を決める方法を調べておくというのが決まりました。上顎の基準値には多くの場合Nasionが入ってくるので、これを除いて上顎の位置を確認するのはかなり難しい事です。

皆の勉強に期待したいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 1月最後の夜の勉強会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2201

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2010年1月30日 01:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どうして研修医を受け入れているんですか?」です。

次のブログ記事は「近くのお店にご挨拶に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja