金曜・夜の勉強会 咬合平面に関する考察

12/4 金曜日の夜。

今日もいつものように勉強会です。
参加者は、水野先生、院長、米田先生、金城先生、研修医のK先生、札幌の友人。
私は、OBSの課題が終わらず休んでしまいました。

今日のテーマは、林歯科の新患分析と札幌の友人の症例、2症例の分析。
それから、抄読会の続きで担当者は金城先生です。
今日は、ホワイトボードの写真を撮り忘れました。

最後に、院長から咬合平面と額顔面形態に関する考察です。
最近、咬合療法を行う患者さんに、保険請求はできないので無料になりますが、セファロレントゲンの撮影を行い、骨格の分析を行うと言う事をしています。本当はレントゲン代を頂きたいところですが、混合診療になってしまうので無料にしています。

今日の参考資料はこちらです。今手元に本が無いので、後で文献名を追記します。
クリックしてアップでもご覧頂けます。
DSC08743.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 金曜・夜の勉強会 咬合平面に関する考察

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2138

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年12月 5日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「香港慰安旅行B班の写真」です。

次のブログ記事は「勤務予定者のトレーニング(3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja