金曜日・症例分析の勉強会 091113

11/13金曜日
今日は、いつものように診療終了後、矯正の症例分析を行う勉強会です。
今週は久しぶりに林歯科の新しい患者さんの分析がなかったので、以前からやりたかった咬合が崩壊した患者さんについての症例分析を2例行いました。
矯正の分析は札幌の友人からの症例で、大人の歯が生えそろう寸前の方の歯並びのでこぼこについてでした。

DSC08558.jpgDSC08560.jpg


今回の参加者は、林歯科から院長、私、金城先生、研修医のK先生、札幌の友人がスカイプで。
水野先生は、北大歯学部同窓会旭川支部の勉強会に参加のためお休み、米田先生は風邪をひいて早退されて欠席でした。

症例分析の後は、久しぶりに抄読会。

DSC08562.jpgDSC08564.jpg


K先生が担当で11章を行いました。ようやく本の半分まで来る事ができました。


来週は再び金曜日、矯正分析が今のところ林歯科1症例、札幌の友人が1症例、既に決まっています。抄読会は、12章を行います。







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 金曜日・症例分析の勉強会 091113

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2119

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年11月13日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学習する病院組織」です。

次のブログ記事は「ピエゾサージェリー ハンズオンコース受講」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja