2009年11月アーカイブ

今週の勉強会は、金城先生がいないので、林歯科からは4名。院長、私、米田先生、研修医のK先生。あいファミリー歯科の水野先生と、札幌の友人。今回は、林歯科から1症例、札幌の友人から1症例。水野先生から1症例。わりあいゆっくりした勉強会になりました。

今回のテーマは、抜歯か、非抜歯か。
できるだけ非抜歯でというのが、院長にも友人の水野先生たちにも共通した方針です。
お子さんの矯正の時、保護者の方もそれを望まれている事がほとんどです。

しかし、成人の矯正で、なんとか非抜歯で治療したとしても、見た感じの口元をもう少しすっきり仕上げてほしいというような希望が出てくる事があります。今回もこのような点が考察の対称になる様なケースでした。とりあえず、6、7割治療が進んで、顔立ちがどのようになるかご本人にも予測がつく段階で、もう一度診断と相談を行うと言う事に落ち着きました。

遠回りのようでも、今はこれがいいかなと思う方針です。
香港慰安旅行B班が、今日出発しました。
また、忙しい4日間のスタートです。
今度は、金城先生がいないので、さらに忙しくなりそうです。
皆でがんばりましょう!

A班の皆の楽しそうな記念写真が届きました。B班も、お天気に恵まれたいい旅行になりますように。

091126.jpg

火曜日の夜。

来年から勤務予定のU先生、研修医のK先生、そして林歯科の勤務医の米田先生・金城先生の4人はDr.ルームで遅くまでブタの下顎を使った実習をしていました。

勤務医の二人は、今回林歯科で使用を決めたインプラントについてその術式を実習し、写真に記録してくれました。



DSC08668_1.jpg
DSC08672_1.jpg この記録は12/12の勉強会で皆に見てもらって、アシスタントの勉強をする予定です。













DSC08651_1.jpgU先生、K先生は、歯周外科の実習です。切開や縫合のやりかたを今一度復習してもらいました。









DSC08652_1.jpg二人の実習風景です DSC08653_1.jpg


今回は、唇がついているブタを用意し、口腔前提拡張術のトレーニングに利用する事ができました。

DSC08673_1.jpg

その間院長は、事務長と一緒に設計士の伊達さんと来年移転予定の設計図の検討を行っていました。それぞれ忙しい毎日です。





A班のメンバーが日曜日から出勤して、今日は二日目。

意外なほど多くのメンバーが、広東料理が口に合わないとがっかりしたそうです。
なんと!?
おまけに、意外と夜寒いという感想が。

そんなデータを入手して、さて、B班10名は明日お昼に旭川駅の集合して出発です。

DSC08644.jpg前回も渡したのですが、院長から、
「向こうで皆で一度は全員一緒に食事してね!」
ということで、
金一封をB班リーダーの金城先生に渡しました。

落としたり、すられたりしないで、皆でしっかりおいしいものを見つけて食べて来て下さいね!


来春から勤務予定の歯科医師U先生のトレーニングの2回目です。
一回目は11月上旬に行いました→クリック

今回は、根の治療のやり方と入れ歯のための診査、自分を症例としてみて資料を元に分析すると言うトレーニングです。

DSC08641.jpgDSC08643.jpg


午前中は、まず、林歯科のやり方で根の治療をするためのトレーニングです。ビデオ学習の後、抜去歯牙を用いた実習をして院長のチェックを受けました。

昼休みは、院長、私、米田先生、研修医のK先生と一緒に5人で食事をしながら、前回の資料を元にU先生が行った分析結果を聞き、院長からのコメントをもらいました。これを元にもう少し深く考察をまとめてもらいます。これは、また次回までの宿題となります。

DSC08646.jpgDSC08648.jpg


午後は、実際に林歯科での根の治療がどのように行われているかを見てもらいました。
その後、総義歯症例の分析方法を学びます。

夜は、根の治療の最終段階、根管充填の実習。
そして、ブタ下顎を用いた外科のトレーニングに取り組みます。

明日も一日がんばって、また大学に戻って行きます。
ハードなトレーニングですが、頑張りましょう。
今日から林歯科の保険診療用のコンピュータシステムが新しくなりました。

8月のデンタルショーから3ヶ月。
皆とディスカションした末に、これまで使って来たノーザのシステムをバーションアップ。
古くなったクライアントコンピュータも買い替えて、さらに増設しました。

これで、オンライン請求への対応も可能になりました。
これまでのシステムでは不可能だったのです。

DSC08650.jpgさらに、来年秋以降の移転後の電子カルテシステムへの移行も視野にいれての導入です。

歯科医師全員が、チェアサイド入力に対応できるようにトレーニングする予定です。






また、歯周疾患検査の内容もPDAに入力し、コンピュータに転送、カルテに組み込まれるシステムと変わりました。

DSC08650_1.jpg12月の院内勉強会は、午前中、ノーザのインストラクターに来ていただいて入力のトレーニングを行って全員がマスターする予定です。


DSC08639.jpg
2009年11/22.23の二日間名古屋で第19回日本全身咬合学会学術大会が行われ、院長が友人の水野先生と参加してきました。







名古屋は、旭川から直行便がありませんので千歳経由です。
土曜日は、患者さんにもスタッフにも迷惑をかけましたが、昼休み無しで3時までの診療とし、4時のJRで千歳へ。
名古屋に着くのは夜9時です。

DSC08615.jpgDSC08617.jpg


翌日、翌々日と朝早くから充実した講演が続きました。

DSC08621.jpg
DSC08622.jpg











講演も、ポスター展示もすばらしいものがありました。

22日は、大学の同期会だったのですが、水野先生と院長は不参加。

DSC08631.jpgDSC08624.jpg


二人は岐阜在住の同期生の誘いで、三人での小さな同期会を名古屋のトヨタリッチビル41階人形町今半で。すごい高級牛肉だったようです。

DSC08635.jpgDSC08634.jpg


で、3人の記念写真を撮り忘れたので、地下街のすみっこでこんな感じで記念写真です。

帰りも千歳経由で、旭川に9時半到着。
充実の3日間でした。


今年の春で、私と院長が大学を卒業して25年経ちました。
そのとき、誰一人欠ける事がなく、ここまでこれてよかったと友人と喜び合ったものでした。

しかし、今月初め、突然の病気で友人が一人亡くなりました。病院に行ってすぐ入院、翌日には意識不明、それからわずか1週間の事でした。

doukikai25.jpg今日は、今年の春からこの日に、と決めて幹事2名で手配してくれていた同期会の日でした。
いつもはすすきの飲み屋さんですが、今年は結婚式も行われる昔の料亭をおしゃれなレストランに改装したエルムガーデン。
最初に、友人の事を思い、黙想をし、ご家族に借りたお写真をテーブルにおいて3時間たらずでしたが歓談を続けました。それぞれの予定に合わせ、一次会で帰るもの、二次会に出かける者と別れました。


次の同期会にもまた、元気で集まれる様にと思いつつ家路を辿りました。

091120.png林歯科医院では、各種お問い合わせ、ご予約をメールでもお受けしています。
詳しい内容は→こちらをご覧下さい。

最近、携帯メールのアドレスにお返事をお送りした際、戻って来てしまうケースが増えています。
林歯科からのご連絡がとどくよう、webmaster@dendendental.comからの受信可能な設定に御変更をお願いいたします。

ご予約ご希望の場合は、予約用メールからご連絡下さい。


水曜日から土曜日まで4日間、林歯科の優秀なスタッフが9人も慰安旅行に出かけました。

診療は大丈夫???

もちろん、いつも通りのシフトでは、通常の診療を行う事はできません。
お留守番班の常勤スタッフが、早番+遅番の通し勤務で残業してくれたり、
パートタイム勤務のスタッフが、いつもより遅くまで残ってくれたり、
皆でシフトを工夫して支えてくれています。

ありがとう!

旅行に行ったスタッフは帰って来た翌日の日曜勤務から復帰し、
次の班の留守を支えてくれます。


来週の土曜日まで、皆で支え合って、頑張ります!
楽しいお土産話を待っています。

11/19(木)

インプラテックス社の方が、夜9時からピエゾサージェリーのデモンストレーションのために来院されました。先週末、院長が東京で受講した講習会で使っていた三次元超音波振動によって、軟組織を傷つける事なく骨の削除を行う画期的な外科用の機材です。

参加者は、院長、米田先生、金城先生、研修医のK先生の4名です。

DSC08608.jpgDSC08590.jpg



順番に機材を使って卵の中身を傷つけずに殻を削る?デモに挑戦です。

DSC08593.jpgDSC08607.jpg


DSC08607_2.jpgピエゾサージェリーの三次元超音波振動を当てると、生卵の殻だけがくだけて、中の薄い膜は傷がつきません。


DSC08609.jpg用途に合わせた様々なアタッチメントも用意されています。

デモの結果、皆の意見も聞いて、購入を決意しました。








今日の実習では用意したブタの下顎を使えなかったので、続けて明日、行います。

今日から、3泊4日の林歯科の慰安旅行、香港行きに第一陣9名が出発しました。
hongkong-map.png今年は、私も院長もいろいろ忙しくて、残念ながら参加できないのですが、
第一陣は衛生士のチーフのKさん、来週出発する第二陣10名は勤務医の金城先生が
リーダーとして参加してくれます。

今日のお昼出発で、土曜日の午後には旭川に帰ってくる忙しい日程ですが、皆が楽しんで
来てくれたらと思います。もう、ついた頃でしょうか?

hongkong-night.png香港の夜を楽しんで来て下さい。





今日から、林歯科に事務長さんがやってきました。

院長の20年来の知人で、歯科技工士さんの資格もお持ちです。これまで、一般の会社員、歯科技工士、歯科材料会社勤務を経て、今回、ご縁があって林歯科の事務長を引き受けていただく事になりました。

様々な事務処理を引き受けていただくのはもちろんですが、
私と院長が診療をしながらでは難しい新しい取組の進捗のチェック
診療の各部門の採算性の検討
など、やっていただきたい事はたくさんあります。

まず、口腔ケア部門でも朝礼と終礼を行い、さらに昼休みに当日の業務チェックを行う事から初めてもらおうと思います。

お互い頑張りましょう。
今日は、院長は東京でインプラテックス社主催の
ハンズオンコースを受講しています。

今年の目標としてインプラント治療部門を充実させる予定の林歯科医院では、現在、

  • 治療システムの見直し
  • 各ドクターの講習会受講
  • 院内勉強会
  • 新機材導入
などを行っています。

091115.jpg今回は、院長が新たな外科用機材であるピエゾサージェリー®について学びに行きます。


左の画像がセミナーの内容です。

クリックして拡大してご覧下さい。



既に、ピエゾサージェリーについては、書籍を通じて勉強しているのですが、大変関心があり、メーカーの方ともいろいろお話ししているところです。



早速来週の木曜日には、メーカーの方が医院に講習とデモをかねて来院され、ブタの下顎を用意して、全員でデモンストレーションを体験する予定です。






ピエゾサージェリー®とは何か?

091115-2.png
ピエゾサージェリーとは三次元超音波振動によって、軟組織を傷つける事なく骨の削除を行う画期的な外科用の機材です。
今回のセミナーおよび医院でのデモによって、医院での導入にふさわしいかどうか検討に入る予定です。

11/13金曜日
今日は、いつものように診療終了後、矯正の症例分析を行う勉強会です。
今週は久しぶりに林歯科の新しい患者さんの分析がなかったので、以前からやりたかった咬合が崩壊した患者さんについての症例分析を2例行いました。
矯正の分析は札幌の友人からの症例で、大人の歯が生えそろう寸前の方の歯並びのでこぼこについてでした。

DSC08558.jpgDSC08560.jpg


今回の参加者は、林歯科から院長、私、金城先生、研修医のK先生、札幌の友人がスカイプで。
水野先生は、北大歯学部同窓会旭川支部の勉強会に参加のためお休み、米田先生は風邪をひいて早退されて欠席でした。

症例分析の後は、久しぶりに抄読会。

DSC08562.jpgDSC08564.jpg


K先生が担当で11章を行いました。ようやく本の半分まで来る事ができました。


来週は再び金曜日、矯正分析が今のところ林歯科1症例、札幌の友人が1症例、既に決まっています。抄読会は、12章を行います。







小樽商科大学のビジネススクールで「顧客志向経営」という授業を受講しています。
組織が、どのようにして顧客の要望に応える組織になるか、というようなお勉強です。
先生の講義と会わせて、顧客志向経営を行っている企業のケースを各自が事前に分析し、それを元にグループディスカッションを行い、クラスの前でプレゼンテーションを行うという学び方もしています。
これまでには、有名な「リッツカールトン」や「伊勢丹」のケースについて学びました。

この授業を担当されているのが今年の春から神戸大学の教授に転任された松尾睦先生です。

松尾睦先生のブログ→ラーニング・ラボ
公式ホームページ

先生が病院組織についても調査研究を行い、書籍を出版されていると言う事が分かったので、早速取り寄せて読んで見ました。
取り上げられているのは、著名な大きな病院、淀川キリスト教病院、聖隷浜松病院、医療生協さいたまであり、林歯科などとても及ばない組織ではありますが、大きくても、小さくても、医療施設は同じ問題に直面し、それを乗り越えて経営して行かなければならないのだということが、よくわかりました。

患者さんが望んでいる医療は何か、それを実現するためには何が必要か、それを行いながら健全な経営を行うためにはどうすればいいのか、これからも学んで行きたいと思います。



11月12日木曜日
いつもの矯正や咬合をメインとする勉強会ではなく、今日は、インプラントについて学ぶために2本のDVDを見て勉強しました。参加者は、院長、米田先生、金城先生、研修医のK先生の4名です。

最近、歯科の診療に関する細かい手技を伝えるためにDVDを取り入れた書籍が増えています。今回の学習対象もそのような形態のものです。
特に最近出版されたものは術者の拡大鏡に撮影用のCCDカメラが取り付けられているため、治療中の歯科医師の目線で術野を見る事が可能になっています。しかも大きな画面で見るため、いつもの診療より分かりやすいほどです。

091111.jpg今回の対象は上の写真の2点です。

DVDジャーナル03/筒井昌秀 臨床DVD3
インプラント周囲軟組織のマネジメント

筒井昌秀・筒井照子
2008年09月10日
A4判&DVD-VIDEO
32頁&77分
13,650円(税込)
クインテッセンス出版

内容は
1.オーバーデンチャーの支台となるインプラント2次手術における口腔前庭の拡張 (臨床ビデオ)
2.軟組織増大のための逆ロール法 (臨床ビデオ)
3.遊離歯肉移植による角化歯肉の増大 (ブタ下顎によるデモ)
4.インプラント2次外科手術時の口腔前庭拡張術 (臨床ビデオ)
5.欠損部歯槽堤の増大とインプラントの植立 (臨床写真)
6.有茎弁移動術と遊離歯肉移植によるインプラント2次外科手術 (臨床ビデオ)

院長の敬愛する筒井先生のDVDです。


DVD 術者の視野で見るインプラント治療1
Step by Step 下顎遊離端欠損
武田孝之 編著 井上敬介 著
2009年07月01日
A4変型判 DVD-VIDEO
100頁 約50分
12,600円 (税込)
医歯薬出版

内容は
■書籍目次
第1章 手術に望む前の準備/手術の前に行っておくこと
第2章 インプラント体の植立手術
第3章 印象から装着まで

■DVD構成
1.インプラントの植立手術
2.上部構造の印象から装着まで
3.診断用テンプレートとサージカルガイドの作製法
4.CT画像診断

今回導入したインプラントシステムを使われている先生のオペの様子を見る事ができるDVDです。<br /></div>
今年も、カレンダープレゼントの時期がやってきました。
これまでのポスタータイプでは無く、患者さんのご要望にお応えして2ヶ月分ずつ表示できる壁掛けタイプを選択しました。

091111.jpg



































熊の学校、ムーミン、ぴかちゅうを揃えました。
例年、大人気ですぐなくなってしまいます。お早めにどうぞ。

これまで、歯ぎしりの防止装置を作っても、本当に歯ぎしりをしなくなったかどうかを測定する事はできませんでした。患者さんの「朝、口を開けやすくなった」「朝起きた時の肩や顎の痛みが無くなった」という症状の変化の聞き取りを基準に効果を確かめてきました。

image261dd.jpg

しかし、今年の夏から、林歯科医院では夜の歯ぎしりを測定する事ができるようになりました。
咀嚼・噛み締めレコーダーを導入したためです。詳しくはこちら→


この装置を夜間装着して眠っていただくと、

睡眠時間中に、

最大咬合力の45%以上の力で
1秒以上歯ぎしりをした回数と
持続時間
寝ている間の歯ぎしりの力

が計測されます。 







DSC08554.jpg

装置のデータを読み込むと、コンピュタの画面に左の様なグラフが表示されます。

真ん中の段が歯ぎしりの様子を現しています。






DSC08553.jpg

一番上の段のグラフは左から
装置A使用・装置B使用・未装着
の状態での歯ぎしりを計測しています。

グラフは
青が1秒以上のはぎしり回数、
赤が持続時間
緑が最大咬合力です。



歯ぎしりの力の%表示は、
起きている時の最大咬合力、意識して咬める最大の力を100%として計測しています。

寝ているときに装置をしていないと、意識して出す力を100%としたとき、205%の力で歯ぎしりしている事がわかります。

今回は、院長が二種類の装置を使用してもらったのですが、装置Bを使用している時が一番歯ぎしりの回数が少なく、力も弱い事がわかりました。
これからしばらくこのBの装置を使用していただく事になります。

もう少し、この測定機器を利用して多くの患者さんのケースを測定し、いずれは発表できるレベルにしたいと思っています。

来春から林歯科で勤務予定の先生が、事前に林歯科の診療システムをマスターしたいという意向で、昨日からトレーニングをスタートしました。

PB090047.jpgPB090051.jpg













林歯科では、他の歯科医院での研修・勤務を経て就職させる歯科医師のためのトレーニングプランを作っています。
特殊な診療技術や、矯正治療の考え方・手技をマスターした上で臨床に取組んでほしいと言う院長の意向です。申し訳ないのですが、トレーニング期間中の給与は、余りたくさんは出せません。
通常は、3ヶ月程度の期間でマスターしてもらう予定ですが、短期間でマスターしていただければ、トレーニング期間の短縮も考えるつもりです。

今回内定した方が、「事前にトレーニングを受けたい」と言ってくれたのは、とてもうれしいことでした。
現在籍を置いている大学病院をお休みしていらしていただいているので、実り多い研修にしたいと思っています。



昨日は、
・朝から研修希望者の見学
・夜は勉強会
というハードな日程でした。

診療終了後、勉強会のためのデータが揃っているかの確認、プリントを行い、
スカイプで参加する友人のためにデータの配信をし、
勉強会の夜食の買い出しをしてから、見学者を駅まで送って
途中から勉強会に参加しました。

昨日の参加者は、あいファミリー歯科の水野先生、林歯科から、院長・私・米田先生・金城先生そして研修医のK先生です。きちんとした性格の北大のH先生が帰ってしまってから、細かいところの準備不足が出て来て「いけないな〜」と皆で反省しました。

091106.jpg

昨日は、矯正の症例分析は、林歯科からは1例、札幌の友人から2例。林歯科の症例は、かなり難しいケースで、皆ディスカッションに熱が入りました。
その後、10月、11月と米田先生が参加したインプラントセミナーのまとめの発表を聞きました。
細々続けている抄読会がお休みになっているので、次回はK先生ということを確認して終了しました。

それから帰宅して12:00。
大学院の課題レポートを完成させて提出するつもりがダウン。
今朝も早起きできずに、先ほど電車の中で完成させてアップロードしました。

この前の11/3どぶろく視察もまとめないと。

そんな忙しい毎日です。



DSC08548.jpg林歯科医院の待合室の一隅に
デジタルフォトフレームを設置しました。

できるだけ分かりやすい映像で、
診療内容をお伝えするための
工夫です。








拡大すると、こんな感じです。
DSC08550.jpg
現在は、林歯科の保険外診療の情報を流しています。
今後は、もうすこし色々な活用方法を考えようと思います。

実は夏頃購入して、そのままになっていたデジタルフォトフレームを、
先週土曜日のたけさきセミナーの後使えるようにしました。
たけさき歯科での活用例を見て、やはり患者さんに画像でわかりやすい情報を
提供する事は大切だと思ったからです。

時々、このような刺激を受ける事は、大切です。



虫歯が大きくなると、俗にいう神経、歯の内部の軟組織=歯髄に細菌感染が起こります。
更に細菌感染が進むと歯の周囲の骨にも感染、炎症が起こります。

根の治療 と患者さんに説明する「根管治療」はこのような状態を治すための治療です。
歯の内部の感染した部分を取り除き、消毒し、密閉して、もう一度咬める様に形態を整えます。

細かい部分の治療で時間もかかり、
骨まで炎症が拡がっていると回数がかかる事もあります。
大変難しい治療です。

最近、この治療に顕微鏡を用いる方法が普及し始めていますが、
大変高価なもので、導入するのに二の足を踏む医院も多いでしょう。
一回の治療のための準備を含めた時間も、これまでより長くなります。
当然、通常の保険診療の中に導入するととても採算性が悪くなります。

実は、林歯科医院にもこの顕微鏡がありますが、毎日の保険ベースの治療に
組み込むにはいたっていません。

→歯科での顕微鏡治療
→ここまで、頑張ろう! 根管治療

しかし、今日、金城先生から「難しいケースではもっと顕微鏡を使う様にしたい」との提案がありました。
早速、機材の準備を確認し、選択されたケースでは顕微鏡を使う予定でシステムの整備に入りました。

全ての方の根の治療に導入するのは難しいかもしれませんが、
より一層レベルの高い治療ができるように研鑽を続け、
システムを作っていきたいと思います。
11月3日 文化の日
雪の中、高速を車を走らせ札幌経由で友人二人をピックアップし
夕張郡長沼町へ。

大学院の課題で、地産地消のビジネスプランニングを行うのに
私たちのグループは「どぶろく」をテーマに選んだのです。
で、
北海道のどぶろく特区 長沼へ。
いったいどんな事をしているのか、
どこで、どんな風に売っているのか、
どんな味?何と一緒に??

という調査をしてきました。

運転手を院長にしてもらって、同じグループの人二人と、4人で長沼町巡り。

×「どぶろく」の看板のあるセブンイレブンで売り切れ・空振り。
○ながぬま温泉、で、温泉には入らず売店でお買い物。
○小さな農場の倉庫の奥の冷蔵庫から出て来た小さな瓶。
×別の農場の野菜直販所では、立った今最後の一本が売り切れたところ。
○道の駅でもう一つゲット。
○最後にジンギスカンレストランで昼食と一緒にどぶろくを。

4勝2敗、長沼産5種類のどぶろくのうち、4種類に遭遇。
1種類飲んで3種類は持ち帰りました。
ゲットした3カ所のどぶろくは後日試飲予定です。
ジンギスカンと一緒に飲んだどぶろくは甘酸っぱいような何か懐かしい味でした。
ちょっと重いかなあというのが皆の感想です。

いろいろお疲れさまでした。


朝、起きたら

一面の銀世界。

NEC_0140.jpg
今年も冬が来ました。

!まだ、タイヤを交換していない!!
院長は、タクシーで出勤です。
昼までに交換できるかな?



このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja