新しいカルテシステムの導入へ向けて

来年の春からレセプトオンライン化が決定しています。
(が、民主党になった事で少しずれる可能性もあるようです?)

林歯科のレセプトコンピュータも随分古くなって、もう、サポートが行われなくなりました。
もちろんオンライン化にも非対応です。

  • できれば、新しいものを導入し、オンライン化に備えたい。
  • 移転後の拡張性も担保してほしい。
  • 社会保障カードが実行されるときにも対応してほしい。
  • 噂に聞いたオンライン化助成金はどうなったのか?
  • 介護保険への対応は??

などなど。
不安と希望と疑問がいっぱい。

という訳で、今年の8月のデンタルショーへはスタッフも数名出かけて、レセプトコンピュータのブースを廻って来てくれました。私も、興味を持ったメーカーがありました。

そこで、昨日。診療終了後、二つのレセコンメーカーに説明会に来てもらいました。
一つは今使っているメーカー、もう一つは新たにできたばかりのメーカーです。
休みのスタッフにも出て来てもらって、受付チーム、メンテナンスチーム、レセプト担当者の皆に、レセコンに期待している事がどの程度実現できるのか、チェックしてもらいました。

その結果は。
社会保障カード制は、今のところ健康組合などの負担が重くて実現に向けて進んではいないので、対応はまだ考えていない(という事は、実行されたらまた新しいレセコンが必要?)
補助金は50万くらい出ると言う噂だったけど、民主党になったから白紙?

介護保険については、片方が対応がいいけれど他の部分が弱い、もう一つは色々充実しているが訪問診療や介護保険への対応が弱い。
とあちらを立てれば、こちらが立たず。

とりあえず、
現在のシステムと移転ご予定しているシステムの状態を説明して見積もりを出してもらう予定です。
日曜日の午後に出て来てくれたスタッフの皆、
わざわざ旭川まで入らしていただいたレセコンメーカーの担当者さん、
どうもありがとうございました。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新しいカルテシステムの導入へ向けて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2066

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年9月14日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛別 きのこの里フェスティバル」です。

次のブログ記事は「今週の夜の勉強会は水曜日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja