2009年9月アーカイブ

今日で、北大から来た研修医のH先生の、旭川市・林歯科医院での研修が終わりました。

土日の間に大体の荷物のお引っ越しをすませて、朝、朝礼で皆にご挨拶。
皆から贈る言葉をかけてもらって、記念写真を撮って

DSC08423.jpg


バスに乗って旭川駅に向かいました。

H先生がいない今日の林歯科医院は、なんだか寂しくて忙しい一日でした。

北大病院に帰ってからも、持ち前の向上心とまじめさで充実した研修医生活を送って下さい!

今週は、
米田先生がご両親が京都から見えているので家族団らんのため不参加、
金城先生は今日の夜から沖縄帰省のための移動に入って不参加。

というわけで、
院長、あいファミリー歯科の水野先生、私、研修医の二人、それからスカイプで友人が参加して、
林歯科の症例を3つ、それから友人の症例の途中経過の確認を一例、水野先生の症例を一例。
そのあと、抄読はH先生が担当しました。

写真は、センターベンド、オフセンターベンドの臨床での応用について院長が説明しているところです。
DSC08401.jpg

北大からやってきたH先生の林歯科での臨床研修も残りわずかになりました。

24日木曜日。
院長、私、勤務医の米田先生・金城先生、そして研修医の二人で、小さな送別会を催しました。
診療終了後、近くの居酒屋?タクラマカンの台所で、いろいろ食べて飲んで話して、楽しい時間を過ごしました。

soubetukai.jpg

H先生が帰ってしまうと、寂しくなります。
そして、すっかり戦力になってくれたので、きっと毎日がたいへんになるでしょう。

旭川市・林歯科が20年前開業したとき、土日の診療を行う事にしたのは、矯正治療を行うためでした。

矯正歯科の患者さんは、小学校〜高校までのお子さんが多く、平日より土日の通院を希望される事が多いため、矯正専門医は土曜日曜の診療を行い、平日に休診日を設定している事が多いのです。
林歯科の院長は、北海道大学歯学部卒業後、矯正歯科の講座に残って大学院を卒業し、その後北大、北海道医療大の矯正歯科に勤務しました。それで、開業時も一般診療と平行して、専門性の高い矯正治療の提供を行いたいと考えていたのです。

現在、日曜日は一般診療がメインになり、スタッフの技能向上に伴って平日も一般診療と平行して矯正治療を行える様になりましたが、今でも土曜日は、主に矯正治療を行っています。
朝から、矯正治療のための機材のセッティングを行ってスタートし、夕方5時までほとんど歯を削る機械の音のしない診療室となります。

今日の診療予約は29名。そのうち24名が歯並びの治療のために来院され、他の5名は急患来院の方、消毒、入れ歯の調整などの方です。
これからも、歯並びに悩みのある方々が通院しやすい矯正歯科部門を継続できるよう、がんばります。
今日は、院長が所属している歯科医師会の同年代の集まり「無名塾」の日です。
毎月だいたい第3金曜日なので、この週は勉強会は金曜日ではなく別の日に行っています。

以前は、開始の8時に間に合わず、解散する頃に着く事が多かったのですが、
このごろは勤務医の先生方のおかげで、少し早く上がらせてもらって
参加する事ができるようになってきました。

同年代、同業者の集まりは気が置けないようで、院長は毎月楽しみにしています。
2010年の移転時には、CTを入れてデジタル化するのが林歯科医院の現在の目標です。
計画と言ってもいいかもしれません。
通常の診療用のレントゲン撮影、オルソパントモ、CT、矯正用の規格レントゲン。
現在、そしてこれからの林歯科の診療に必要な検査ができるものを用意しなければなりません。

DSC08276.jpg夏のデンタルショーから、いろいろCTのことを調べていますが、今日の昼休み、先輩に紹介していただいた近畿レントゲンさんがCTの説明にいらっしゃいました。今回の参加者は、院長、私、勤務医の米田先生と金城先生、そして研修医のH先生です。
昼休みの時間なので、簡単な昼食を手配して、食べながらお話をうかがいました。CTとオルソパントモが撮影でき、オプションの機能を追加するとセファロ規格レントゲンも取れるということです。


こうして、皆で一緒にこれからの計画を検討し、何が必要になるかよく考えて行く事は、林歯科医院が次のステップを踏み出す上でとても大切な事だと思います。
これから1年間、様々な面の検討をして、長期的に運用できるシステムを構築するつもりです。
今週は、木、金と予定があったので勉強会をお休みしようかと思ったのですが、それでは、矯正の症例分析が終わらないと言う事で、急遽水曜日に変更して行いました。

来週の診断が一症例と、友人の症例を行い、先週行った友人の症例について院長からもう一度コメントをしてもらいました。今回は、抄読会はお休みです。

写真は、終了後に、抄読会のテキストを持って説明中の金城先生と、研修医の二人。ちょっと楽しそうですね。DSC08274.jpg
来年の春からレセプトオンライン化が決定しています。
(が、民主党になった事で少しずれる可能性もあるようです?)

林歯科のレセプトコンピュータも随分古くなって、もう、サポートが行われなくなりました。
もちろんオンライン化にも非対応です。

  • できれば、新しいものを導入し、オンライン化に備えたい。
  • 移転後の拡張性も担保してほしい。
  • 社会保障カードが実行されるときにも対応してほしい。
  • 噂に聞いたオンライン化助成金はどうなったのか?
  • 介護保険への対応は??

などなど。
不安と希望と疑問がいっぱい。

という訳で、今年の8月のデンタルショーへはスタッフも数名出かけて、レセプトコンピュータのブースを廻って来てくれました。私も、興味を持ったメーカーがありました。

そこで、昨日。診療終了後、二つのレセコンメーカーに説明会に来てもらいました。
一つは今使っているメーカー、もう一つは新たにできたばかりのメーカーです。
休みのスタッフにも出て来てもらって、受付チーム、メンテナンスチーム、レセプト担当者の皆に、レセコンに期待している事がどの程度実現できるのか、チェックしてもらいました。

その結果は。
社会保障カード制は、今のところ健康組合などの負担が重くて実現に向けて進んではいないので、対応はまだ考えていない(という事は、実行されたらまた新しいレセコンが必要?)
補助金は50万くらい出ると言う噂だったけど、民主党になったから白紙?

介護保険については、片方が対応がいいけれど他の部分が弱い、もう一つは色々充実しているが訪問診療や介護保険への対応が弱い。
とあちらを立てれば、こちらが立たず。

とりあえず、
現在のシステムと移転ご予定しているシステムの状態を説明して見積もりを出してもらう予定です。
日曜日の午後に出て来てくれたスタッフの皆、
わざわざ旭川まで入らしていただいたレセコンメーカーの担当者さん、
どうもありがとうございました。


今日は、9月の第二日曜日に例年行われるという愛別の「きのこの里フェスティバル」へ。
→ Wikipediaにも載っています

下は、愛別町のホームページのキャッシュです。現在既に消去されていました。

090913kinoko.png
2時までということで、少し混雑が過ぎた頃にと1時に着く様に出かけましたが、
もう、チケットに書かれていたきのこ汁は終わった後で、チケット1枚につき
キノコ1パック(しいたけ か えのき)を配っていました。

キノコと焼肉食べ放題+キノコ汁のチケットが前売りで2000円、当日で2500円。
ごはんがついていなかったので、余り食べられませんでした。キノコご飯くらい
つけてほしかったかな。

午前中雨が降ったため、駐車場に使っている草を刈った空き地がどろどろに
なっていました。慣れているらしい人たちは、レジャーシートやチェアを持参
していましたが、あれもかなり汚れたでしょう。


090912aihfukufuku.png帰りに 協和の里のもち工房「愛ふくふく」で買って来た発芽玄米をつかったあんもちとおこわはなかなかおいしかったです。「はくちょうもち」という地元の餅米を使ったものだそうです。


帰って来て調べてみたら、驚いた事に楽天市場で販売していました。

→楽天市場「愛ふくふく」






去年の9月下旬、小樽商科大学主催のMBAサマーセミナーを受講して、その結果今年の春からの大学院進学を決意しました。

090913.pngMBAファカルティセミナー2009情報はこちら→クリック

小樽商科大学主催による「MBAファカルティセミナー2009」を9月19日(土)、札幌サテライトで開催します。昨年まで「MBAサマーセミナー」として開催していた、企業や自治体においてマネージャーを務める方を対象としたセミナーです。


このごろ、小樽商大の大学院MBAのコースについて聞かれる事がありましたので、ご参考までに。
すごく勉強になると思います。
前回は、ケーススタディでしたが、初めてお会いする方とチームを組んでグループディスカッションをして、その結果をプレゼンテーションすると言うそれまで体験した事の無い学習方法に感動したものです。

土曜日。9月12日。

朝6:50分に家を出て、ぎりぎり7:20のJRで旭川を出て小樽へ。
OBSの夏期講座のために小樽に着いたのが、10:00少し前。
改札を抜けると、ちょうど10:00のバスが行ってしまった後らしく、バス乗り場は閑散とした様子で、
同じJRに乗っていた同期の二人と一緒にタクシーに乗って小樽商科大学へ。

10:30から昼休みを挟んで14:30までが、情報処理センタのコンピュータを使って
ERPの実際を体験する講習。
後半14:30〜17:30までが、ERPケース分析の本を元に、ホームセンターの改革案
をグループディスカッション。




改善でなく改革を起こす方法を考えるのは、すごく大変。

最後に自由に「できないかもしれなくてもこんなのどう?」
というブレインストーミングを10分くらいやったのはすごく刺激的だった。

授業が少し長引いて、17:45のバスは行ってしまい、とぼとぼ歩いて小樽駅まで。
19:00から出席予定であったレーザー研究会の会合に着いたときは、皆
ホテルの会場に用意された夕食を終え、会員発表が始まるところだった。
21:00まで、顎関節症の治療について、会長の堤先生の講演をうかがう。
これまで見た事の無い小さな取り外し式のスプリントを使って、本人にやってもらう
トレーニングに驚く。

22:00のJRに乗って、電車の中から小樽で撮った板書の写真をOBSのグループの皆に
メールして、家に着いたのは土曜日が終わるちょっと前。小樽の坂を革靴で降りたせいか、
足の裏に豆が二つできていてびっくり。

顎関節症のミニスプリントと、患者さん自身に行ってもらう筋トレというか
ストレッチの方法について研究会で学んで来た事を院長に報告。
残念ながら、参考文献の本が絶版になっており中古でも見つからない事をネット確認して


就寝。

結構長い土曜日でした。

金曜日の夜の勉強会。
昨日の夜は、水野先生がインプラント勉強会での講演準備のためお休みで、友人がスカイプで参加してスタートしました。

矯正の症例分析林歯科で2症例、札幌の友人の症例が1つ、それから顎関節症の方のケース分析のスタートが一つ。研修医の二人の分析もかなり核心にせまるものになってきました。今回の分析では、なかなか鋭い治療方針が出て皆をうならせました。

その後の抄読会は、今回担当、金曜先生でした。
DSC08220.jpg
力伝導型アーチワイヤーについて説明してもらいました。
形態を整えるためのワイヤーとの違いについても話してもらい、








その後、院長から様々なワイヤーとフォースシステムについて、臨床と関係づけながら説明してもらい、終了しました。

夜遅くなり疲れますが、臨床レベルを高めるためにもこれからも頑張りたいと思います。








旭川市林歯科でのH先生の研修も、あと残すところ3週間。
今、取組んでいるのは、総義歯の臨床です。

ちょうど、完成して患者さんに装着してもらうところで、研修が終了になるでしょう。
写真は、H先生が入れ歯の噛み合わせの高さを決めているところ。随分落ち着いて診療ができるようになったと思います。

DSC08214.jpgDSC08215.jpg


DSC08216.jpg
DSC08217.jpg


もう、顎の骨が少なくなって、難しい症例です。
旭川市・林歯科医院は、新しい歯科治療の方法や診療用の機材の導入に力を入れています。

今日、ふと診療室の一隅を見ると

DSC08219.jpg
  • このごろ導入した診断用の半調節咬合器、
  • 院長の6倍拡大双眼ルーペ
  • 数年前から愛用のデジタル一眼レフカメラ
  • 説明用ソフト専用ののコンピュータ

が並んでいました。

新しい事を導入した時は、今までより時間がかかったり、面倒だったりしますが
こうしてみると、繰り返しているうちに、林歯科にとっては当たり前の事になっているのが
感じられました。
小さな事の積み重ねで、昨日とは違う林歯科を作って行きたいと思います。

今日、友人から、段ボール箱二箱のじゃがいもが!
収穫の秋です。
今年は不作だったと言う事ですが、こんなにたくさんです。

DSC08207.jpg


スタッフの皆と分け合って、今日の夜食はふかしたじゃがいもで
ジャガバター。おいしかったです!ありがとう。

旭川市末広・林歯科医院では、来年秋の移転に向けて、人員の募集を行っています。

現在募集しているのは、
  • 歯科衛生士(常勤・非常勤 2010年新卒可)
  • 歯科助手 (常勤・非常勤 経験者優遇)
  • 衛生消毒業務(パート)
です。
それぞれ、若干名の募集です。

勤務開始は、随時。新卒予定者は来年2010年4月からです。
詳しい条件は、面談の上、ご説明いたします。

歯科衛生士についての詳しい情報は、こちらにも記載しています。
明るくて向上心のある方を特に希望しています。

お問い合わせは
林歯科医院0166-57-6655まで。
またはメールでどうぞ。
林歯科医院の歯科医師臨床研修のプログラムでは、院長の専門領域である矯正歯科治療の研修に力を入れています。


DSC08189-2.jpg
(レントゲン写真の読影について説明する院長)

臨床の見学、実践は当然ですが、そのバックボーンとなる矯正診断力を養うための頭部規格レントゲン写真:セファログラムの読影と分析・診断、技術を養うための実習として模型を用いた矯正治療のシミュレーショントレーニング:タイポドントは、特にしっかり学んでもらいます。

今回、レントゲンの読影と解剖学の橋渡しになる参考書を探していましたが、良いものが見つかったので研修医用に購入しました。

左の写真の
「X線解剖学とセファロ分析法」カラーアトラス
著者宮下邦彦 (定価50,400-)

です。



8月からスタートしたタイポドント実習もだいぶ進みました。
左の写真がスタート時、右が9/9現在の様子です。昨日も書いたように、9月中には終了の予定です。

DSC07553.jpgDSC08181.jpg


DSC07557.jpgDSC08184.jpg



DSC08188.jpg
今日も、臨床、実習、勉強と大忙しのH先生。
左の写真はタイポドント実習の最中です。
技工室です。
上左の写真のように、クロージングループを用いた歯牙移動、スペース閉鎖を目指しています。





DSC08194.jpg
続けて、クロージングループで治療中の患者さんの治療を担当します。








rinsyoukensyupolicy.jpg
林歯科医院の臨床研修は、診療室での「研修」とそれを支えるバックヤードでの「実習」、個人の「学習」、この三つのプログラムをバランス良く繰り返しながら、歯科医師としての知識と技術の向上を目指します。

これが、林歯科医院の「臨床研修の3step」です。


左の写真は、補綴・修復に関するカリキュラムの説明です。
クリックして拡大図でご覧下さい。
8月から、研修医二人は、各人の目標に向かって研修を進めています。

DSC08158.jpg昨日は、二人の目標達成に付いて話を聞き、これからの研修についてミーティングしました。

林歯科医院が歯科医師研修で目指している事は二つ。
普通の歯科医療を行うためのベース作りと、歯科医師としての自分を成長させて行くための方法の習得です。この二つがこれから先、歯科医師として生きていくために必要最低限の事です。その上で、自分の得意な事を見つけてのばして行ってほしいと思います。


北大から来ているH先生の研修はあと3週間で終了です。林歯科からの課題は、タイポドントを残している程度です。これは、今月中に無理無く追われると思います。
本人が、あと3週間で力を入れたい事は、抜歯と義歯だということです。院長や他の先生方にも伝えて、このケースを増やすようにしたいと思います。

医療大から来ているK先生の研修はまだ半分残っています。基本課題のタイポドントの進行が遅れているので、H先生がいるときに足並みを揃えてと話をしました。また、臨床の基本となる勉強についてももう少し主税を入れて行こうと話しました。

これから先、研修が終わってしまうと、誰かから与えられるカリキュラムや目標は無くなります。自分がどんな歯科医師になりたいのか、そのためには何を、どのようにして学ばなければならないのかを考え、実行しなければ、歯科医師としての成長はそこでストップです。自分で自分自身を育てる視点を身につけてほしいものです。

今日、新しいCO2レーザーが納品されました。

DSC08157.jpg林歯科医院では、2007年7月 現在使用しているCO2レーザーを導入しましたが、複数の歯科医師が診療しているとき、レーザーが空くのを待つ事が増えてきました。特に少し離れたオペ室で使いたい時には、時間がかかっていました。

そこで、来年の移転を考え、今回、新たに同じ機種のレーザーを導入しました。同じものにしたのは、使い勝手が良かった事が大きいです。皆もメンテナンスの方法に習熟していました。

現在は、インプラントオペ用の個室に設置しています。

これで、忙しい時間の診療が少しでもスムーズになるのではないかとおもいます。

今日は、札幌まで講習会を受講しに行ってきました。
神奈川県の大塚崇先生の「インプラント画像診断のいままでとこれから」というセミナーです。

090906.png


林歯科医院では、来年の移転に先立ち、医院の情報共有、カルテや検査項目のデジタル化、CTの導入などを考えています。

今回は、札幌でインプラント画像診断を中心に、CT、3D画像診断のセミナーがあると言う事で、出かけてきました。ちなみに昨日も経営の大学院のため朝からずっと札幌にいたのですが。

今回受講して、やはりこれからさき10年、20年のことを考えると、私たちの診療にCTの導入は必要ではないかと思う様になりました。

P9060102.JPG

写真はセミナーの風景です。

セミナーの後、友人、先輩とお茶をしながら、各社のCTについてのレクチャー、Macで使えるDICOM画像解析フリーソフト、初心者用の本など教えていただき、大変助かりました。

大変高価な機械ですから、これからいろいろ勉強して、ベストの選択をしたいと思います。

今日の勉強会は、スカイプをつないで札幌の友人にも参加してもらいました。
水野先生は、明日早朝から東京へでかけると言う事で欠席。
金城先生も今週はインプラントの講習会のため夜から札幌に向いました。

DSC08148-2.jpg
無線LANでつないだスカイプの安定が余りよくなかったので、
この次はケーブルを用意しようと思います。

今日の症例分析は、林歯科が3例、札幌の友人のケースが1例。
分析の資料は、予め友人にもデータで送っておきました。

そのあと、しばらくお休みしていた矯正の抄読。今日の担当はK先生です。

友人も参加してよかったと言ってくれました。
うまく行くか心配していたので、ちょっとほっとしました。

携帯電話を華やかなビーズでデコレーションすると言うのは聞いていましたが、今日来院された患者さんが、リテーナーケースをデコレーションしているのに気が付きました。
とても可愛らしかったので、頼んで写真を撮らせてもらいました。

DSC08143.jpgDSC08143-2.jpg


こんな風に矯正治療を楽しむ方法を考えるのはすてきですね。

8月上旬に金城先生が2.5倍双眼ルーペでの治療を開始し、8.22のデンタルショーで新しいルーペ、院長用の6倍と、私と米田先生用の2.5倍を二つ買いたしして

DSC08139.jpgこれで、常勤歯科医師4名が双眼ルーペでの診療に移行しました。

DSC08141_1.jpg院長は、通常はこれまでの4倍を使用し、必要時は6倍。

写真は6倍のルーペを付けたところ。
拡大率が高くなるとその分視野が狭くなるので、アシスタントとの密な連携が必要です。










DSC08064_1.jpgDSC08140_1.jpg


金城先生                                           米田先生

DSC08125.jpgそして、私です。

慣れるまでお互い大変ですが、頑張りましょう。

2009年の臨床研修医も、友人のあいファミリー歯科での見学実習を行いました。
昨日、二人めのK先生が見学にうかがい、今日のお昼に見学レポートをお送りしました。

様々な歯科医院があり、それぞれが臨床に真剣に取り組んでいる事を学ぶ事ができれば何よりだと思います。

あいファミリー歯科は、全国でも有名な歯科医院で、今年も8月中に、学生、歯科衛生士、開業医など10数名の見学者が訪れたと言う事です。二人の研修医にとってまたとない機会を提供していただき、水野先生はじめスタッフの皆さんには感謝しています。いつもありがとうございます。

syokubanokyouyou0909.jpgあいファミリー歯科の朝礼は有名なのですが、昨日も

←職場の教養

を読んで行う朝礼から参加してきました。


下の写真が、朝礼の風景です。











kengaku.jpg





10日ほど前のデンタルショーで購入を決めた新しい機材が、導入されました。

東京歯科産業が販売している「ペリオテスト」です。

DSC08128.jpg
DSC08130.jpg
患者さんに負担をかけずに、歯の「動揺度」を計測するための機械です。詳しくは、左の取扱説明書からの抜粋を拡大してご覧下さい。
←クリック


これから、歯周病の方の歯の動揺についての検査、咬み合わせの過剰負担が無いかの確認、インプラント植立後のチェックなどに応用して行く予定です。


periotest:tokyosikasangyo.png東京歯科産業のサイトには、より詳しい説明が記載されています。
東京歯科産業/ペリオテスト←クリック



このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja