2009年8月アーカイブ

林歯科医院でインプラントオペの予定の方のCTを友人の歯科医院で撮ってもらい、データを見ようと思ったのですが、なかなかうまく行きませんでした。

北海道歯科産業の先週までの担当者だった中村さんにご相談したところ、そのCTの会社、ヨシダの方をご紹介下さいました。この前の日曜日デンタルショーでお会いして、すぐご連絡をいただき、今日、林歯科までわざわざいらしてCTが見られる様にセッティングして下さいました。ありがたい事です。

林歯科にはWindowsXPのパソコンがいくつか、Vistaがひとつあるのですが、本来対応のXPではスペック不足で見る事ができず、ヨシダのソフトではなく汎用ソフトをインストールしてみられる様にして下さったようです。

これで、なんとか院長に画像を見てもらう事ができます。
CTを撮ってくれたあいファミリー歯科の水野先生、ヨシダの担当者の方、どうもありがとうございました。

今日は、いつもの勉強会の日です。

今日の、矯正の症例分析は2症例。研修医のH先生とK先生に分析結果の発表をしてもらいました。
院長の説明を元に、来院までに分析結果をカルテに記載し、説明のための書類を書いてもらいます。

その後、先週の札幌でのデンタルショーで購入したDVDで学習しました。
テーマは前歯部の審美修復、審美歯科です。

NEC_0110.jpgNEC_0109.jpg


NEC_0108.jpgNEC_0107.jpg


皆、診療後の疲れた時間でしたが、しっかり勉強してくれました。


娘が小学生の頃、初めて立ち上げた林歯科医院のホームページは、何回かの大きなスタイルの変更を経て、去年の5月から現在の形になりました。

WayBackMachine というサイトで、昔のホームページのアドレスを入力して調べてみると、一番古いデータが、2000年の8月17日のものでした。

090826.png
当時のホームページのキャッシュが残っていて、内容も見直す事ができ、びっくりしました。
当時書いていた今週のトピックスの内容から見ると、1999年の7月がスタートで、10年がいつの間にか過ぎていました。








最初は、作ってしまったら完成だと思っていましたが、今は、ホームページとブログを組み合わせて、できるだけ新しい情報をご覧頂けるよう工夫しています。
最近は当院ホームページやその他のインターネットの情報を元に来院される方が増えていますので、今後も情報発信の充実に努めたいと思います。

日曜日、デンタルショーで注文した本が、旭川の歯科材料店経由で届きました。

デンタルショーでは、大小さまざまな機材やソフトの他に、歯科関連の書籍の展示が行われます。その場で注文する事も出来ますし、購入する事も出来ます。
旭川にいると、新しく出た本を直接手に取ってみるのは難しい事です。
たまには、このような場で、初めて見る本を衝動的に買ってしまうのも結構楽しい事です。

090825.jpg今回は、現在院長が取り組んでいる顎関節症の本、それから前歯部の審美修復、インプラントの即時荷重、さらに研修医向けに「必ず上達ワイヤーベンディング」も買ってきました。

普段、林歯科の場合は、歯科材料店の担当の方が、
「林歯科の治療内容ならこの本を欲しがるのでは?」
と思われた本をセレクトして持って来てみせてくれます。
その中から必要なものを選んで購入する事がほとんどです。

また、出版社から届いたカタログから、有名な先生の出された出版物を定期的に購入したり、系統的にある治療法に関する書籍をピックアップしたりします。
時々、一般の方向けに書かれた歯科治療の説明本を読んで、「こんなことが知りたいのか」「なるほどこういう風に説明するとわかりやすいのか」というようなことも学んでいます。

情報の入手経路は様々なものがありますが、継続的に学び続けるためには、書籍はまだまだ有効な手段ではないかと思います。


土曜、日曜のデンタルショーに出かけて来たスタッフから、いろいろ提案がありました。

新しい機材の導入、レセプトコンピュータの進歩。
刺激になった事があるようで、何よりです。

私も、デンタルショーで見て来た双眼ルーペを注文しました。

レセプトコンピュータの新しいメーカーの説明を聞く事にして、受付チーム、レセプトチーム、メンテナンスチームの都合のいい日程の調整をしてもらっています。
皆が仕事のしやすいシステムにして、来年秋の移転に備えたいと思っています。


昨日、今日の二日間、札幌市中島公園に隣接するパークホテルで学術大会と北海道デンタルショーが行われました。

昨日から札幌へ出かけて所用を済ませ、今日は朝10:00から夕方16:00まで、ずっとパークホテルで過ごしました。
障害者歯科の教育講演を聞いたり、来年の移転のために新しい機材やカルテシステムのソフトについて情報を集めたりしてきました。

これまで聞いた事の無いカルテシステムの会社で、林歯科医院のシステムにかなりぴったりの会社があるのがわかり、一度説明に来てもらおうかと考えているところです。これが、私にとっては一番の収穫でしょうか。少し心配なのは、以前に同じようにして頼んだレセプトコンピュータのメーカーがつぶれてしまってアフターに苦労した事がある事です。大手の業者さんですとそういう心配は少ないのですが。

院長は8倍の拡大鏡とインプラントの動揺度測定器の購入を決めて来たようです。
私も少し安価な拡大鏡を勝ってみようかと思っています。
今日の勉強会には、北大から見学に来たTさんが参加してくれました。


DSC08028.jpg
矯正の症例分析が3症例あったので、事前に研修医二人とTさんの三人に一症例ずつ、まずレントゲン・模型・写真を見て所見の書き出しを行ってから、診断、治療計画、装置、などをカルテの形式で書いてもらい、発表してもらいました。
左の写真は分析中の様子です。





DSC08030.jpg
Tさんは先々週に続けて、2回目の勉強会参加です。
ちょっと大変だったと思いますが、しっかりした分析結果を発表してくれました。

その後、矯正治療中の患者さんの経過について研修医のH先生から発表してもらい、






DSC08027.jpg
続けて昨日から用意していた顎関節症の患者さんの症例報告を院長が行いました。

終了が11:30。今日も充実した勉強会でした。



先々週見学にいらした北大歯学部6年のTさんが、「見学がとても充実していた、もう一回勉強会にも参加したい」と言って、今週も訪ねて来てくれました。スタッフにもたくさんお土産をいただき、申し訳なく、ありがたい事でした。

DSC08014.jpg今日の午前中は、まず2時間見学。

写真は院長が義歯の調整をしているのを見学中の光景です。熱心に見ているのがわかります。







DSC08015.jpgDSC08016.jpg












研修医のH先生と顎運動解析装置ナソヘキサでの計測を体験し、昼食時間に院長から解析結果の説明を受けました。

DSC08019.jpg午後は、米田先生、研修医のK先生と一緒に訪問診療に出かけました。


夜は、前回同様、勉強会に参加の予定です。

折角来てくれたので、中身のある勉強会になるよう、しっかり準備しています。

明日の勉強会に備えて、ここ3ヶ月ほど顎関節症の治療を続けている患者さんの症例を整理しました。

これまでとった写真を整理して、明日、皆でこれまでの治療方法を検討し、今後の方針について話し合います。難しい症例ですが、次第に不調であったところが解消されて来たようです。

今回は、パワーポイントに整理して症例発表の形で行います。

090820.jpg



たくさんの皆さんにご利用いただいた、今年の

夏休み無料矯正相談は本日8時までで受付終了

といたします。

当初、8/20までに相談終了の予定でしたが、予約が埋まってしまったため、
受付終了を8/20に変更いたしました。

次回開催の予定は今のところ未定ですが、
実施の際は、受付〜日までと明記するように変更いたします。
ご迷惑をおかけした方には申し訳なくお詫び申し上げます。

歯並びでお悩みの方、矯正治療開始5ヶ月で歯並びはここまで治ります。
どうぞ、旭川市・林歯科医院にご相談下さい。



勤務医と研修医の先生方から、「ちょっと遅くなりましたが」
と、誕生プレゼントにお花とレイジースーザンの栞をいただきました。

DSC07952.jpg
DSC07958.jpg

H先生が選んでくれた栞です。
なくさないよう、大切にしないと。







DSC07953.jpg

お花は、皆に見てもらえるように、
小児歯科ユニットの部屋の前に飾りました。

いろんな人にお祝いしていただき、
ありがたい事です。


友達に、矯正治療で使う装置を自分で作るために必要な機材と方法を教えてほしいと頼まれて、先週から色々用意していました。

併設の技工所の矯正担当のKAYAさんに頼んで、作っているプロセスを写真に撮ってもらったら、
こんなにたくさん、しっかり写真を撮って、

H-arch_photo.png

DSC07951.jpg
←こんな詳細なメモをつけて
渡してくれました。
















そこで、友人に渡すためにパワーポイントにまとめて、メールで送付し、
頼まれてもいない他の友人にも見せびらかすかのように、メールで送り、
さらに、研修医の勉強用にラミネートシートを作りました。

完成です。↓


DSC07962.jpg
拡大してみると、こんな感じです。
DSC07963_2.jpg

今年も研修医の先生方には、あいファミリー歯科で見学させていただくようお願いしています。

今回は、今日H先生が、2週間後にK先生が見学にうかがいます。
あいファミリー歯科の院長・水野史之先生は、私と院長の大学の同期生。全国あちこちでセミナーを開かれているような先生で、著作もたくさんあります。道内外から多くの方が見学に訪れる医院でもあります。

林歯科より1時間早い始業に、私もH先生も早起きして、8:10集合してあいファミリー歯科へ。8:20到着すると、水野先生は昨日のカルテの整理、今日のカルテのチェックに余念のないところでした。

昨日買って来たお菓子をお渡しし、朝礼に参加して、その後をお願いして帰ってきました。

NEC_0104.jpgNEC_0105.jpg












写真は、朝礼前の見学の様子です。

今回の見学では、昼食もご用意いただき、水野先生、副院長のK先生とご一緒に説明を伺いながらとる事ができたということです。いつもご配慮をいただき恐縮です。

H先生は夕方5時半くらいに戻り、それからレポートを提出して帰って行きました。ちょっと疲れた様子でしたが、得る事も多かったようです。


勤務医や研修医のトレーニング用に、新たにタイポドントを増やしました。
これで4個目です。

DSC07876.jpg












現在、研修医2名が歯並びの矯正のトレーニングのために、タイポドント実習を行っています。
だいたい、あと一ヶ月半で終わるようにがんばってもらいます。

旭川市林歯科医院は8/14〜16の三日間のお休みをいただきました。

今年のお休み、私と院長は、道東に旅行に行ってきました。
目的の一つは、あるとても評判のいい旅館に泊まってみる事でした。
それは、

あかん鶴雅別荘 鄙の座

です。

北海道には数少ない高級と言われる旅館のサービスや施設を体験してみるために、この宿を手配しました。
その理由は、来年医院の移転を計画しているからです。
現在、私が大学院で経営の勉強しているのも移転の計画の一環です。

DSC07798.jpgDSC07764.jpgDSC07763.jpg










さすがに、施設の設備、細かな配慮、人的なサービスと、噂に違わぬ水準でした。
これから、移転後の医院の設計に入るときに、参考になる事がたくさんありました。
また、林歯科の対応に取り入れたい事もいろいろありました。

あと、1年ほど先の移転に向けてこれから様々な対応に入りたいと思います。


calendar0908.png今年のお盆の休診日は

8月14日(金)〜16日(日)です。
お盆の前後は予約が混み合いますので、お早めにご連絡下さい。

休診日のお知らせはGoogle カレンダー「旭川・林歯科の休診日」で公開中です。

←クリックして拡大してご覧下さい。




お休みの日にお困りの方は

旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター救急診療のお知らせ>


  診療内容は応急処置のみになります。
  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば
  御持参ください。


  旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)
  TEL 0166(22)2290
  受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、


北海道救急医療・広域災害情報システム
のサイトが参考になると思います。

お休み中、お困りの方には申し訳ないのですが、何卒ご了承下さい。


8/13から、、なんと、50歳。大学を卒業して25年。人生が早くてびっくりします。

一昨日は、スタッフからチョコレートケーキをもらって院長と二人で、

DSC07661.jpgDSC07662.jpg










昨日はあいファミリーの水野先生からフルーツケーキを頂き、スタッフや院長と一緒にお祝いしました。


DSC07688-2.jpgDSC07689.jpgDSC07691.jpg










みなさん、どうもありがとうございました。
今日は、今年5人目の来年度研修予定者の見学を受けました。

昨日も旭川市内の研修施設の見学をされたと言う事でした。
まず、朝礼に参加してもらい、すぐ、往診へ。

いつものように昼食をとりながら院長とお話ししてもらい、午後から研修プログラムについて簡単にパワーポイントを使って説明しました。今日見学にいらした方は、前回7月の説明会でお話しできなかった方なので、少しお話の時間を長く取りました。


DSC07670.jpg先輩のH先生の研修の様子も見学してもらいました。


院長がいつも見学に見える方にお話しするのは、
  • 研修施設がどのような医療機関であるのか
  • そこでどのような研修を受ける事ができるのか
この二点をしっかり見るといいよと言う事です。
林歯科医院でも、ここを見てほしいと思っています。



今日は、この後、旭川駅までお送りして、車中で研修について質問が有ればお受けしたいと思います。

林歯科医院は、現在、旭川市内の老人ホーム、グループホームなどの15の様々な施設の協力歯科医院になっています。施設の設立の際に、何かあったとき相談できる医療機関との提携、協力医療機関提携契約書の提出が必要なのですが、林歯科医院ではお申し出のあった施設のご依頼にはできるだけ協力する方針です。

また、入居者の方のQOL向上のため、ご依頼があれば、歯の検診や、口腔ケアの講習会を行っています。

今日も、林歯科医院の口腔ケアスタッフが、旭川市内の施設で口腔ケア講習会を行ってきました。

08120001.jpgまず、施設のホールに職員の方に集まっていただき、入所者の方にモデルになっていただいてケアの方法をお伝えします。

20090812- 7.jpg20090812- 6.jpg











その後、施設職員の皆さんの質問にお答えし、わきあいあいと講習会を行いました。
施設の皆さんの明日からの日常のケアのお役に立てれば何よりです。

口腔ケアに関するご相談・お申し込みは、
林歯科受付0166-57-6655までどうぞ。

研修医のK先生は、昨日スタートしたタイポドントの実習と平行して、今日からは担当の患者さんの総義歯の技工に入りました。
大忙しです。

DSC07598.jpgDSC07599.jpg










今日は、このピンクのワックスで歯の噛み合わせの高さを患者さんの口の中で決定し、その高さでABE SHILLA SYSTEMの咬合器に装着しました。(ハーマンズホームページSILLA SYSTEM)

次に、上の人工歯排列に入りました。

DSC07618.jpg
今日の帰宅時点で、この状態です。


技工士さんと相談しながら、続けて行く予定です。
次の患者さんの予約の日までに歯並びを完成するので、結構ハードなスケジュールになります。



090811.jpg今年の春から、金城先生は札幌で行われる日本口腔インプラント学会の100時間講習を受講しています。
先週末で、もう、半分ほどの講習が終わったようです。

土曜日の朝早くから日曜の夕方まで行われるので、金曜の夜から札幌に向かい、札幌に二泊して受講しています。

今日は、テキストを持参して、習って来た事の中から院長に色々話してくれました。ありがたい事だと思います。


一人が学んだ事が、皆に伝わり、全体の能力が向上するような歯科医院でありたいと思います。





090811kinjo.jpg今回の実習では、顕微鏡下での治療についての講義を受けて刺激され、今日から「拡大鏡の使用時間を増やす」と言う課題に取り組む事にしたようです。頑張れ!



今月のここが違う!がすっかり遅くなってしまいましたが、先週半ばに配布を開始しました。

今月は、
玄関の夏の花
咬合と骨格のバランス
7月の院長の講習会受講の話
を掲載しています。

画像をクリックして拡大してご覧下さい。

200908whatsnew.jpg

7月下旬から取り組んでいた研修医のワイヤーベンディングの実習ですが、先週の土曜日で院長のオーケーがでました。これは、矯正治療で歯の移動に使うワイヤーの調整方法のトレーニングです。

DSC07548.jpgDSC07552.jpg


















左がH先生、右がK先生の提出したワイヤーです。これは、来年の研修医が、また見本にします。

今日からいよいよ、タイポドント。これは、歯茎の部分がロウでできた模型に金属の歯を並べたものを矯正して行くトレーニングです。写真は二人が模型の調整をしているところです。

DSC07551.jpgDSC07550.jpg


このトレーニングは、H先生が札幌の北大に戻るまでに終了させる予定です。
あと、1ヶ月半、がんばりましょう。


今日は、研修医のH先生の部活の後輩が、見学にやってきました。

夜の部は、研修医のミーティングと、全体での勉強会です。

先週に続いて、二人のこれからの目標のチェック、それからコーチングの練習を少しして、夕食をとり、症例分析の準備をしました。見学のTさんにも一緒に練習をしてもらいました。

DSC07543.jpg
今日の夕食は、久しぶりにピザをとりました。
飲み物は、セイコーマートで各種取り揃えてみました。








9時半を過ぎて、米田先生、あいファミリー歯科の水野先生、それから院長の順に集まり、いよいよ症例分析です。今日は、林歯科の症例を3つ、札幌の友人の症例を一つ。このごろケースが多く、ちょっと時間が長くかかっています。なかなか抄読会の時間がとれないのが悩みです。

DSC07546.jpgDSC07544.jpg


Tさんは、今日は旭川泊まりで、明日はあいファミリー歯科を見学とのことです。
ハードスケジュールで、がんばっていますね。


今日は、研修医のH先生の部活の後輩が、見学にやってきました。

H先生の部活には、去年のW先生、一昨年のS先生も入っていました。
予防歯科について勉強する文系の部活です。

DSC07526.jpg今日の予定は、午前中に診療室、午後から米田先生と往診、戻って来てからまた診療室の見学というものでした。

途中、いつものように昼食の時間に院長とお話をしてもらいました。
先輩たちから色々林歯科のことを聞いているとのことで、林歯科で研修した皆が元気で大学院で勉強している様子も聞く事ができました。



DSC07532.jpg米田先生、研修医のK先生、スタッフと一緒に出かけた往診では、大学に通院できるような方とは全く違う全身状態の方とお会いして、少しびっくりされていたかもしれません。




なんと、初めての事ですが、今回は、勉強会にも参加されたいとの事で、夜の部に続きます。

旭川市林歯科の玄関に、夏の花がやってきました。

DSC07512.jpgDSC07513.jpg


春に植えたパンジーが7月後半になってさすがに元気が無くなってしまい、昨日、ニチニチソウの花苗を買って来て植え替えました。

一昨日、大学院の前期の最後のテストが終わって、ようやく少し余裕が出ました。
今日は、事務処理を少し頑張ろうと思います。


神経の治療の後、時々聞かれる事があります。
「冠を被せないといけませんか?」

打撲が原因で神経が壊死したけれど虫歯が無かった方や、
本当に小さな入り口の虫歯が神経に達していた時には、
根の治療を行った後を合成樹脂で埋める事もあります。

けれども、少なくとも保険診療の範囲で行うには、
土台をたてて冠を被せた方が安心
です。

林歯科医院ではそのようにご説明しています。

このシートは、神経の処置後、土台を入れたまま冠を被せずにいた方の
歯が破折してしまった状態を記録したものです。
このような事を防ぐためにも、冠を被せた方がいいでしょう。
画像はクリックして拡大でご覧いただけます。

090805.jpg
↑クリック

昨日、前期の最後のテストが終わって、今日から夏休みです。

通学の間にたまった仕事を少しずつ済ませて行きたいと思います。
後期に受ける授業の教科書にも目を通しておかないと。
後期の受講予定もまだ悩んでいるので、少し本を読んで決めたいと思います。

仕事は普通にありますから、夏休みと言っても忙しくなりそうです。


NEC_0095.jpg
昨日、野菜の仲卸にお勤めの大学院の同級生、頂いたトマトです。
カゴメのこくみトマトが好き!」と言ったら、持って来て下さいました。
お取引先の契約農場のトマトも一緒にもらいました。
Yさん、ありがとうございました!おねだりしたようで申し訳ないです。

テストの打ち上げのビアガーデンで皆と食べ、家に帰って院長と食べ、
幸せを満喫しました。

カゴメのトマトは、余り北海道には入ってこないそうです。残念です。
生で食べても、お料理に使っても、味わい深くて大好きです。

DSC07503.jpg今日の午後、研修医のH先生が技工室に閉じこもっていたのは









これを作っていたからです。↓
DSC07506.jpg



左右から見ると、こんな感じです。
DSC07507.jpgDSC07505.jpg


これは、顎関節症の方のためのミニスプリントです。
顎が楽な位置になるように、スプリントを調整して来て、その位置の咬み合わせをゴシックアーチとフェイスボーを使って全調節咬合器SILLAに再現しました。

その位置で、上下の歯が噛み合うように固定式のミニスプリントを作り、置き換えるのですが、これは、その準備段階。まずワックスで作って、型をとり、合成樹脂にします。
写真は 咬合平面板診断・設定器具 SHILLA Ⅲで、咬み合わせのチェックをしながら作ったワックスの状態です。

今日の午後から、かなり時間をかけて、まず下の歯の準備をH先生が終えてくれました。
これを合成樹脂にして、後半は上の歯のミニスプリントを同じ手順でK先生に作ってもらう予定です。



今日は、カワラダ デンチャーシステム臨床報告会に院長が参加してきました。
会場は、札幌の北海道歯科医師会館。ロビーに熊がいます。

DSC07495.jpgDSC07496.jpg


DSC07498.jpg
左の写真が講演中の川原田幸三先生です。

札幌の北山デンタルクリニックの院長先生が企画された報告会だったようで、ブログに記事が掲載されていました。









ブログより、一部引用します。(以下北山院長ブログ「日々のありがとう」より引用)

8月2日に北海道で、カワラダデンチャーシステム臨床報告会をやることになりました。
平成12年の9月に1度、川原田先生にかえで歯科に来ていただき、患者さんを見ていただき、セミナーをしたのがなつかしく思い出されます。
4,5年前に計画し、ようやく実現します。
一般のひと、いわゆる市民のかたも参加できますので、ご興味のあるかたは
ご連絡ください。参加、無料です。

〜中略〜
川原田 幸三先生をご紹介します。
ここ2,3年、世界、日本の歯科医療を見てきました。欠損補綴の第一選択肢はインプラントで、義歯の臨床、研究はもう終わってしまった感があります。それは義歯の機能回復には限界があるからです。
日本の超高齢化社会、日常臨床を見ると、圧倒的に義歯治療が多いと感じるのは私だけでしょうか。
義歯治療にも基本がありました。川原田先生の手法は、治療効果が出やすく、患者さんの満足は絶大です。患者さんのお困りの点を早期に解決できるために、患 者さんから「魔法にかかったみたい」「詐欺師じゃないかしら?」とも言われるこの手法をぜひ一度、聞いてみてください。実は、基本に忠実な治療法でした。 おそらく入れ歯作りが楽しくなると思います。
                         平成12年 KDS25期卒  北山 康則

〜引用終わり〜

川原田先生の入れ歯の制作方法は、細やかなステップを踏んで、パイロットデンチャーと言われる義歯を少しずつ完成義歯に近づけて行く手法のようです。今回は、10:00〜16:00までの報告会とセミナーを合わせ、一般の方や学生さんも対象にしていますので、ほんの触りといったところでした。

院長が読みたいと言う事で、早速、帰宅後、川原田先生の書籍を検索し、学際企画から送ってもらうよう手配しました。

痛い""噛めない""外れる"総義歯救出大作戦
 カワラダ デンチャー システム

臨床質疑応答集


著者
 川原田 幸三(カワラダ歯科・口腔外科)
 山口 久和((有)ケイケイ デンタル サービス)
 川原田 美千代(カワラダ歯科・口腔外科)
B5判・フルカラー・200頁
定価 本体9,500円(税・送料別)





8月の最初の土曜日。

診療終了後の院長と二人で焼肉屋さんへ。
子供も大きくなって東京の大学生になり、家族で焼肉なんてほとんどないのですが、たまにはいいものです。自分だけビールを飲んで、少し申し訳ない気持ちです。

DSC07493.jpgDSC07494.jpg


焼肉を食べながら七輪の語源について話したけど、お互い分からず、
wikipediaで調べてみましたが

語源は、諸説あるがはっきりしない。

  • わずか7厘(金銭単位)で買える木炭で十分な火力を得ることができたことから
  • わずか7厘(重量単位)の重さの木炭で十分な火力を得ることができたことから
  • 下部の炭火を受ける皿に7つの穴があったことから

など。


という訳で、wikipediaにも分からないようです。




このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja