そしゃく・かみしめレコーダー

林歯科医院では、咬合にトラブルのある方の治療に力をいれています。

今回、夜間の歯ぎしり、くいしばりのある方の治療のために「そしゃく・かみしめレコーダー」という検査機器を導入しました。

image261dd.jpg
これまで、歯ぎしりをする人の夜間の状態を調べる事はできませんでした。

この診断装置は、咀嚼筋電位を指標として歯ぎしり、噛みしめの発生を検出・記録す る装置として開発されたものです。噛みしめに関係する筋活動の経時的な変化を記録するため、歯ぎしりの回数、噛みしめの強さと継続時間を観察できるという 画期的な製品です。

株式会社・西澤電機計器製作所が開発した商品です。
→ホームページ


今後、歯の噛み合わせの調整を行う前後で、夜間の歯ぎしりにどのような影響が起こっているか、客観的に評価する指標になると思います。

 






林歯科医院では、噛み合わせの調整を主体とする「咬合療法」「バランス矯正」に取組んでいます。今後もより科学的な診断基準を元に診療を行ってまいります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: そしゃく・かみしめレコーダー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1983

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年7月 5日 21:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「土曜日 電車の中で勉強中」です。

次のブログ記事は「2009年7月の臨床研修(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja