2010年度研修予定者の見学(2)

今日は、北大6年生の見学者、男性1名が、旭川市林歯科医院に来院されました。
車でいらしたのですが、朝5時半に起きて出発されたとのことでした。

なんと、そんな日に。
生まれて初めて院長がアレルギーで喉と目が腫れて、朝から病院行きになり、不安な気持ちで朝礼を終えスタートしました。点滴をしてもらった院長がやってきたのが10:30。院長指定の患者さんにはお待たせして申し訳ない事でした。

なんだかスタートから慌ただしい一日で、見学中の写真を撮るのも忘れてしまいました。
H先生に、「分からなくならないように見学者の顔写真をとった方がいい!」とアドバイスされていたのに。
今、思い出しました。

今日は、午前中、診療と院内の設備の説明。
研修医のK先生から研修内容の説明。

お昼はご飯を食べながら、今後の進路の希望や分からない点の質問に答え、今回は、K先生の宿舎を見学してもらいました。

昼食が終わって10分足らずで午後の部のスタート。
今回は、希望を聞いたところ往診に同行したいと言う事で、米田先生、K先生について往診に行ってもらいました。
帰ってから、矯正治療その他、院長の診療を見てもらって7時少し前に終了しました。

夕方から雨になりましたので、気をつけて帰ってほしいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2010年度研修予定者の見学(2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2011

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年7月24日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寸暇を惜しむ」です。

次のブログ記事は「咬合療法研究会 2009年7月 筒井照子先生講演会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja