総義歯の治療

旭川林歯科がえ〜〜?っと言う
新しい入れ歯の作り方を取り入れ始めてから、半年ほどになりました。
本格スタートからは、まだ2ヶ月ほどです。
手間ひまかけて作った入れ歯は、大変好評をいただいています。

どういうわけか、最近総義歯をつくりたいという新患の患者さんが増えたような気がします。
どなたか、林歯科で入れ歯を新しく作られた方にご推薦いただいているのかもしれないと思うと嬉しい気持ちです。

現在、できるだけ必要な患者さんには詳細なステップを踏んで総義歯を作りたいと思っています。

DSC06737.jpg今日は、研修医の先生たちにもこの方法で入れ歯の咬み合わせをとってもらいました。
昨日の実習で学んだ知識を、次の日の臨床にすぐ生かしてもらえるようにしています。

DSC06740.jpgこちらが上下の入れ歯の高さを確かめたところ。

ここまでは、どこの歯科医院でも行います。








DSC06739.jpg次のステップがゴシックアーチ。


顎の水平面での動きを表しています。

ゴシックアーチをとって、咬み合わせを決めるのをチェックバイトといいます。





facebow.jpgこちらがフェイスボーをつかっているところ。
顎の関節と上顎の位置関係を正確に咬合器上で再現して技工を行うためのステップです。

フェイスボーで確認した位置に、模型を咬合器装着する事を、フェイスボートランスファーと言います。下の写真が、フェイスボーを用いて上顎の模型を咬合器に付けたところです。

DSC06746.jpgDSC06747.jpg


このステップは保険診療では算定項目がありませんが、現在できるだけ多くの方の治療に行うようにしています。


ゴシックアーチ法によるチェックバイトとフェイスボートランスファーの二つのステップを加えた事で今まで以上に、良い総義歯が作れるようになったと思っています。

今回院長が半年かけて学んで来た阿部式デンチャーのシステムは、本来保険外診療を想定しているもので、保険診療で行うのには難しい点もありますが、できるだけ多くの方の入れ歯の治療に応用できるようがんばっています。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 総義歯の治療

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1942

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年5月19日 14:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009年5月の臨床研修(5)」です。

次のブログ記事は「今日も総義歯の治療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja