転勤される矯正患者さんへのサポート

3月に入り、転勤、進学などで矯正治療を中断されるご相談が相次いでいます。

進学の場合は予定が立てられますので、3月までには一段落して歯を動かす装置を外して帰省時にチェックできるよう「保定装置=リテーナー」をご用意できるようにしています。

ところが、一ヶ月ほど前に決まる転勤の場合は、お互い予定が立ちません。
治療が終了間際であれば、装置を外してリテーナーに移行、そうでなければその装置のままで、転居先の矯正歯科を探してご紹介ということになります。
治療の費用についても、受け入れ先の矯正歯科によってシステムが違うためご相談が必要になります。
転勤の多い方については、治療開始前にある程度ご相談してのスタートということにしています。


さて、今回、矯正治療途中の患者さんが旭川にいらしたときのためのサポートシステムを立案いたしました。治療の中断無く、また費用の負担も少なく転医することができるようにいたしました。
その方の治療段階によって若干ご負担が違います。


相談検査料2万円。引き継ぎに必要なのはこの料金のみ

装置変更が無ければ、あとは毎月、調節料が3〜5千円。


装置変更については
・歯を動かす治療中の方(マルチブラケット)は、終了後、保定管理料3万円、
・乳歯が残っている方で、永久歯萌出後二期治療に進む方はCコース治療費16万円、
が別途必要となります。

詳しい内容はホームページをご参照の上、ご来院下さい。
→林歯科ホームページ>矯正歯科>「転医患者受入」


hayashi-img.jpg

矯正担当医:林俊輔(院長)

 北海道大学1984年卒 
 歯科矯正学講座に5年間在籍
  歯学博士
  矯正治療歴25年


ご予約は0166-57-6655
または矯正相談専用メールでどうぞ。



*治療費用は税別です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 転勤される矯正患者さんへのサポート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1865

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年3月 7日 10:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「口腔ケア講習会2009年2~3月」です。

次のブログ記事は「「バランス矯正歯科」始まる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja