矯正の症例分析勉強会 今夜も

木曜日は旭川市林歯科の矯正の症例分析勉強会の日。
夜食のサンドイッチと水野先生の差し入れの甘いものをいただいてからスタート。

0902192.jpg0902191.jpg


今日は、これからの1週間での林歯科の診断予定の患者さんの症例が1例。
金城先生が診断と治療計画を立てていて、それでほぼオーケーがでました。
米田先生からは、今生えている歯を移動させると、奥に次に生える歯のスペースが難しくならないかとの指摘がありました。
このごろ、皆のチェックポイントが鋭くなって来ています。

頼もしいですね。

それから札幌の友人からの相談が3例。
一つがとても難しいケースで、皆で頭をひねりました。ちょっと特殊な移動システムの提案をすることにしました。
もう一つは、院長はまだ観察、あいファミリーの水野先生は早めに拡大床を使うと意見が分かれましたので、両方の意見をつけて返そうと思います。
最後の一つは、比較的よくあるケースです。

あいファミリーの症例検討も行って、終了がだいたい11時。
皆、がんばっています。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 矯正の症例分析勉強会 今夜も

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1840

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2009年2月20日 00:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バランス矯正歯科プロジェクト その1」です。

次のブログ記事は「歯科衛生士って結構長く続けられる仕事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja