2009年1月アーカイブ

スターバックスのお店の構造は、大抵どこも、隅っこが作ってあるような気がします。
広々として開放感のある場所も気持ちいいけれど、他の人が通らない隅っこは案外落ち着きます。

今日は小樽へ行く途中で札幌で途中下車をし、駅の近くのお店で少し買い物をし、スターバックスで軽い昼食と本日の珈琲をグランデで頂きました。
一番奥の席に座って周りを見渡すと、皆何かの勉強をしている人たちでした。

090131.gif
隣の席の人の広げているプリントにどこかで見たような

←こんなの

が見えまして、


おそらく歯学部の学生さんではないかと。


期末試験でしょうか、国家試験でしょうか。
頑張れと小さくエールを送ります。

視線を感じて気になったらごめんなさいね。
先日、検診にやってきた3歳の男の子が、診療室に入ってきて
「!ボブ!!」と叫んで窓に駆け寄りました。

ボブ?だれ???

なんと、ボブの正体は、林歯科の雪かき用パワーショベル、いわゆるユンボでした。

衛生士さんが教えてくれましたが、今、テレビで
「ボブとはたらくブーブーズ」という子供向けのテレビがあるそうです。

調べてみると、ボブは主人公の男の人で、ユンボは「スクープ」でしたが、働く車=ボブだったんですね。

090129.png
なるほど、林歯科の黄色いユンボは、スクープそのものでした。

検診の後、駐車場のすみっこのユンボのところまで雪の中を走って行ったのが見えました。

左の写真は、ボブと働くブーブーズの公式サイトからお借りしました。

「26日までに皆の目標を貼ってね」とスタッフ全員にお願いしまして、廊下の掲示コーナーがだいぶ埋まってきています。

今日はその中から二つをご紹介します。

DSC06137.JPGDSC06138.JPG


今日の二人の目標は、院長の言った「具体的な目標」になっています。

自分が分担している仕事を考え、今年の具体的な目標にしていることに、二人の責任感がうかがえます。林歯科はスタッフの多い職場で、同じ仕事を数名で分担している事もあります。
そうすると、「誰かがしてくれるだろう」となってしまいがちですが、こうして自分が分担して責任を持とうという姿勢を示してくれているのが、うれしいことだとおもいます。

「誰かがしてくれるだろう」から、「私がやろう」へ。
私も目標にしたいと思いました。

林歯科のスタッフの目標を、今年もバックヤードの廊下に張り出しています。



DSC06131.JPG今年の目標に、たくさんのスタッフがが書いているのは
「患者さん一人一人に対応したい」
という事。


旭川市・林歯科医院は、ありがたい事に患者さんの多い歯科医院です。






DSC06133.JPG

DSC06132.JPG慌ただしい診療の毎日で、患者さん一人一人に向き合えていないのではないかと、皆が振り返りながら診療に取り組んで
いる事がよくわかります。











皆が、医療に携わる人間として、真摯な気持ちで毎日の診療を行っている事を感じ、うれしく、また頼もしく思いました。













DSC06134.JPG
仕事のミスを減らす緊張感。
新しい仕事に取り組む向上心。


医療人としても、
社会人としても、
スタッフが皆成長している姿が
何より心強いことです。





土日の二日間、朝から夕方までの充実したセミナーを終え、院長が帰ってきました。
いつもの事ですが、東京発の最終便には、東京で勉強をして来た歯科医師が何人も乗っています。
今回もエルム駅前歯科の増木先生とご一緒だったとの事です。

今回のセミナーでは、入れ歯にどのように歯を並べるかがメインテーマで、実習主体だったようです。

090125.jpg

あと2回のセミナーの後、4月からは林歯科の常勤の先生方に習って来た事を伝えたいとはりきっています。

昨年10月からスタートしたセミナーが今年も1月、2月、3月と続きます。
今回勉強しているのは「入れ歯」の事です。
090123.png
阿部晴彦先生の総義歯セミナーで、入れ歯に関する様々な勉強をしています。
実習もあるので、宅急便で機材を現地に送って受講しています。

学んだ事は早速診療にも取り入れて、患者さんに喜んでいただいています。

院長が二日続けてお休みすると、勤務医の米田先生、金城先生の負担が重くなりますが、この一年で二人に任せておけば二日間休んで勉強に出かけても安心な体制になりました。



林歯科医院では、できるだけ「一目で分かる」説明を心がけています。

歯の治療については、どんなに言葉で説明しても分かりにくい部分があります。
そこを、分かりやすい図や写真を準備して、どなたにもすぐわかるようにと考えています。


090123.JPG写真は、咬み合わせの治療をして、下顎を前のほうに出して上の前歯と舌の前歯が上下的にも前後的にもいい位置で咬めるようにしてから、冠を入れた方です。

治療前後の写真を比べると、ずいぶん咬み合わせが変わっています。

もちろん、すぐこのような状態に慣れる事はありません。
様々なステップを経て、顎に負担が無く全ての歯がバランスよく咬める位置を、患者さんと一緒に探していく根気のいる治療です。

院長が取り組んでいるこのような治療ですが、具体的なイメージをつかんでもらうのが難しい事があります。そんなことが続いたとき、スタッフのMさんのアイディアで、本人が作ってくれたのがこの説明シートです。きれいにラミネートして、パンチを開けて、術前術後の比較がすぐわかるものになっています。


こうして、いつも患者さんの事を考え、工夫してくれるスタッフがいる林歯科は幸せな歯科医院だと思います。
今日は、初診以外の全ての子供たち、3〜12歳くらいの子、皆に
「お魚どうしたの?動いてないよ!」
と、びっくりされてしまいました。

「皆、そんなところいつも見ていたの?」
3ヶ月ぶりに検診に来た3歳の子供にまで聞かれて、こちらもびっくりです。

DSC06095.JPG

林歯科のユニットの間のパーティションと、小児診療室の片隅には、直径10センチくらいのアクリルチューブの水槽がとりつけてあります。


ここに、エアコンプレッサーをつないで気泡を出し、中には小さな魚が動いています。












昨日の午後くらいから、機械の不調で小児診療室のエアが出なくなり、魚が動かなくなったのですが、正直子供たちがそんなに魚の事を気にしているとは思っていませんでした。
これを設置することを決めた院長に伝えると
「だろー。受けると思ったんだよ!言ったでしょー」
とうれしそうにしていました。


DSC06092.JPGDSC06093.JPG


たしかに魚が元気がないと寂しい風景です。

DSC06094.JPG
こちらの魚のおもちゃは元気で人気者でした。



先週末から準備した林歯科のインフルエンザ対策
1 マスクの配布
2 加湿器の増設
3 うがい薬の準備

が終了しました。

090122.jpg初めて来院される方にもすぐ分かるように、玄関にポスターをはりました。
皆様、インフルエンザには、どうぞお気をつけて

自分でできるインフルエンザ対策
(参考 中外製薬 インフルエンザ情報サービスホームページ
  1. 栄養と休養で体力を養う
  2. 人ごみをさける
  3. 加湿器等も使い適度な湿度と温度を保つ
  4. 外出後の手洗い、うがい
  5. マスクの着用
のうち、林歯科で何ができるかを考えた結果、
まず、マスクの配布加湿器の設置を行いました。

そして、第三弾として、うがい薬を準備いたしました。


DSC06090.JPGugai2.jpg

よく分かるように、シールも作って貼りました。

これまでも、治療前後の歯ブラシ、うがい用の紙コップをご用意していましたが、インフルエンザ対策として、来院時すぐにうがいができるように「うがい薬」を置いています。





帰宅後の手洗い・うがいと同じように、医院に到着されたときにご利用いただければと思います。



自分でできるインフルエンザ対策
(参考 中外製薬 インフルエンザ情報サービスホームページ
  1. 栄養と休養で体力を養う
  2. 人ごみをさける
  3. 加湿器等も使い適度な湿度と温度を保つ
  4. 外出後の手洗い、うがい
  5. マスクの着用

の中で、林歯科が来院される皆様に提供できる事はなんでしょう?

まず、受付にマスクのご用意をしました。
次は、これは、どこでもやっていることでしょうが、
加湿器を増設しました。

DSC06086.JPG一つ目は、これ。

チムニーという加湿器です。

煙突のように伸びた先っぽからミストが出てくる超音波式加湿器。





















DSC06088.JPGもう一つはこれ。
shizuku(しずく)

こちらは滴の形の半透明の器の先からミストがでます。
こちらも安全な超音波式。










どちらも、インターネットで私が探した加湿器の中から院長が選んだものです。
思った通りのデザインで満足です。

林歯科の受付に、新しいものが一つ。

これです。

090120.JPG

これは、インフルエンザ対策第一弾。
マスクをご用意しました。

先日、たまたま見ていたテレビで、コメンテーターの方が
「すこしぐらいの風邪だと、病院に行くとかえってインフルエンザがうつるのではないかと心配」
とおっしゃっていました。

これを聞いた院長は
『林歯科の患者さんも待合室で同じ不安を持っているのではないか?』と思い至ったそうです。
早速受付スタッフに頼んで、ご自由にお持ちいただけるようにとマスクをご用意しました。
こんなかわいいポップも付けてもらっています。

医院での待ち時間、『マスクを持ってくるのを忘れてちょっと心配』というようなときは、
どうぞご自由にお使い下さい。

参考 中外製薬 インフルエンザ情報サービスホームページ

web-tyugai.jpgこのホームページによると、
日常生活での治療法として

  1. 栄養と休養で体力を養う
  2. 人ごみをさける
  3. 加湿器等も使い適度な湿度と温度を保つ
  4. 外出後の手洗い、うがい
  5. マスクの着用
があげられています。

林歯科も、来院される方のインフルエンザ対策を講じて行こうと思っています。




どうも冬休みが終わったようなので、キッズクラブの冬休みプレゼントイベントのポスターを外しました。

明日からは、院長の提唱する
「バランス矯正」
のポスターがお目見えです。


NEC_0045.jpg200901poster.jpg


医院の玄関のポスターボードに一枚。
待合室に一枚。
それから訪問診療センターに一枚。

全部で3枚のラミネートシートを準備しました。

今年は、「ここが違う」だけではなく、定期的なポスター交換を目標にしようと思っています。
「バランス矯正」のパンフレットも作らないと!
がんばります。


札幌で、以前から受講したいと思っていた「ムーシールド」TMという矯正装置の講習会を受講してきました。

090118.JPGこれは、反対咬合の早期治療に3〜4歳から使用可能な筋機能治療装置です。
今回はロッキーマウンテン・モリタという矯正治療器具のメーカーの主催で、開発者の柳澤宗光先生(調布矯正歯科クリニック)のご講演でした。






これまで疑問に思っていた症例の選択基準、装置が使えない場合の対応、永久歯が生えたときに歯並びが元に戻った場合の対応、などについて納得する事が出来ました。

今後、以前勉強したトレーナーシステムと合わせて、乳歯の時期からの歯並び治療のメニューを考えていこうと思っています。

旭川市の繁華街の一角に昔からある「サロマ湖」というお店。
→食べログ
サロマ湖まで仕入れにいってくる魚介類・ホタテやカキが売りのお店です。

今日は、夕方から、インプラントを担当していただいている先生と院長、勤務医の米田先生・金城先生の4名でサロマ湖へ出かけてきました。小さな新年会です。
小上がりを予約していたのですが、階段の下で、ここに4人!というような感じだったそうです。

名物のカキのガンガン焼き
サロマ湖のホタテの炉端焼き

DSC06071.jpg

味は抜群。堪能してきました。
DSC06072.jpgDSC06073.jpg


DSC06075.jpg







今日は、私の休日。
午前中、久しぶりに美容院に行き、髪を短くしました。
美容師さんに、「この髪型にするならもっと短い間隔で切らないとだめ」とご注意をいただいて終了。

一人で昼食を済ませて、午後は旭川市歯科医師会館へ。
この建物の一階半分ほどを使っているのが、「道北口腔保健センター」。
今日の午後は通常の歯科医院の設備では治療が困難な軽度の心身障害のある方の歯科治療を行っています。センターの所長の先生の指揮の元、センター職員、歯科医師会、衛生士会からの参加者が診療を行います。

夕方、一度、医院に顔を出すと、久しぶりの懐かしい顔。
12月で研修を終えた北海道医療大学病院からの研修医、O先生です。
症例発表の相談があって、旭川まで訪ねて来てくれました。美味しいお土産ありがとう!

「この後、技工士のMさんの新居におじゃまします」
技工士のMさんは、まだ新婚さんですが、なんと昨年末新居を建てたしっかりもの。
診療後いろいろおしゃべりしていたのは知っていましたが、そんなに仲良しとはしりませんでした。
O先生は、スタッフのみんなととても仲良く研修生活を送っていました。
きっと研修終了後も、様々な人と協力していい仕事を続ける事ができると期待しています。
咬合の治療を行っている患者さんの筋肉バランスを診るために、昨年末、筋電計を導入しました。

噛み合わせの治療を行うプロセスで、顎の運動、静止時の位置が適切であるかどうかの指標として、筋電計を利用する事を考えています。


今後、必要な患者さんの術前、術後の筋肉バランスの指標として利用できるようにしたいと計画しています。使い方に習熟し短時間での計測が可能になるよう、スタッフのトレーニングも必要となるでしょう。

DSC06062.jpgDSC06067.jpg


DSC06069.jpg写真:筋電図計測の様子

そろそろ、旭川の学校の長い冬休みが終わります。

「よその子が大きくなるのは早い」
と言いますが、小さな頃から通ってきていた子供たちが、小学生になり、中学生になっていくのは、
本当に早いものです。

昔、歯医者さんが嫌いで大騒ぎしたお子さんも、赤ちゃんが泣いているのを不思議そうに見ていたりする
ことがあります。
子供たちは、大人になるといろんなことを忘れて行くのでしょう。

でも、歯医者さんのお姉さん?たちは、実はずーーっと覚えていたりするんですよ。
林歯科は、開業まもなく20周年。あのころの子供たちがそろそろお父さん、お母さんになるころです。
朝から雪が降っていましたが、昼休み、外に出ようと思うと大吹雪でした。

090115.JPGそして、午後になると、朝出勤してきたスタッフの車は雪に包まれています。一番手前に停まっている車です。
車の周りの雪の深さを見ると朝からつもった量がわかります。

こうなると
「帰りに車を出せるか?」
という不安が心によぎります。



帰りの事が不安なので、今日の夜の勉強会はお休みして、明日、時間を見て症例分析を行う事にしました。

ところが、こんな雪の日にも、旭川市・林歯科の患者さんは特にいつもと変わる事なく来院されます。
北国にすむ人の雪に対する対応のスマートさに感心すると同時に、大変ありがたい事と思います。



DSC06054.JPG
旭川市護国神社のどんど焼きは、1月15日です。

子供の頃からつい最近まで「どんと焼き」だと思っていました。なぜでしょう?

去年、慌ただしくしているうちに行きそびれてしまい、今年は12日の夜に「忘れないうちに」と行ってきました。



DSC06053.JPG
神社の鳥居の外に、正月のお飾りが山になっていました。
その上にそっと今年と去年のお飾りを置いて帰ってきました。

明日15日は、3時まで行われるようです。
当日はあちこちの神社の周囲で渋滞しますから、往診に行くスタッフに伝えておかなければ。

林歯科で使っている診療用の椅子は、シロナというドイツの会社の製品です。
この椅子と周辺機器を合わせて、白名では「トリートメントセンター」と読んでいるようです。

さて、人間工学を追究したこの椅子の弱点は、子供の体型に合わない事。
そこで、椅子の上に小児用クッションを乗せて使う事になっています。これは、純正品で、スポンジの上にカバーがかけてあって、外して洗う事も出来ます。でも、ちょっとださい?




導入から数年たち、小さな子供たちが使っているうちにすっかりくたびれてしまった林歯科の小児用クッション。

新しくしたいなーと思って連絡してみると、
ところがなんと! カバーだけ別に買う事が出来ないと言うのです。
また買うと、数万円するのです。
どうしましょう。

と思っていたら、院長が、以前椅子の張り替えをしていただいたインテリア坂田さんに頼んで、この小児用クッションのカバーを作ってもらいました。

090113.JPG


すごい!純正品よりかわいい!センスいい!と、スタッフに大評判です。

もう一つはオレンジに張り替えてもらって、それぞれ半日ほどの預かり時間でした。

気になるお値段は、一つ15000円

さすが、旭川の家具職人さん。
プロは違います。

「ほんと、歯医者が好きだよねー」と言い乍ら、層雲峡温泉から、39号線、上川からは旭川紋別自動車道、比布JCからは道央道〜旭川北インターと経由して1時間ほどで、家には帰らず、まっすぐ旭川市林歯科医院へ。到着は、チェックアウトの1時間後、午前11時。

それから、院長は、正月の家族旅行で買って来たベトナム雑貨を医院の2階に飾り付けていきます。
いつ、どこへ行って、何を見ても、医院のことが頭から離れない院長です。昨日からの温泉一泊旅行でも、どこか医院の運営に行かせる事がないか、ホテルのサービスや内装をチェックしています。

DSC06047.jpg




まず、1号室にある、以前のベトナム慰安旅行で買って来たエイリアン




DSC06044.jpg

これの子供のようなものを、壁に。
これ、すごく工夫してつけてあるんですよ、実は。







DSC06046.jpg
さて、どこにあるでしょう?
探してみてくださいね。

1号室に入ったら探してみてください。






次に、廊下と3号室に壁掛け代わりに飾ってたテーブルセンターをはずして、

CIMG0688.jpgDSC06043.jpg


3号室は新しいテーブルセンターと交換。
うーん、3号室は、布の雰囲気が似ているから、気が付いてもらえないかも。
左が、前の布。右が新しい布です。

DSC01814.jpg


DSC06041.jpg


廊下の布の後には、大きな扇。


DSC06040.jpg鮮やかなオレンジ色です。










はずした前の布は、クリーニングへ。

そんなこんなで、2時間近くいろいろ医院のお手入れをして、切らしている電球を買ってからようやく帰宅。
洗濯機を回して、フライパンで作る伊達巻きにトライして、気が付いたらもうこんな時間。
すっかりあたりは夕暮れの4時でした。

これでも、ひさしぶりののんびりしたお休みなんです。
貧乏性?


12日は、成人の日のためお休みです。
11日、日曜日、診療終了後、温泉へ出かけて来ました。

旭川周辺で、部屋に温泉がついている宿泊施設がないか探したところ、層雲峡のホテル大雪に、「和房雪花」という、和室に露天ではないけれど温泉のついているプランがあるのを見つけました。
じゃらんネットの口コミでの評判も上々。
昨年末に予約を取って楽しみに出かけました。

結果は、小さな部分にいろいろな工夫があって、普通の客室に比べると少々高いお値段ですが満足度の高いプランになっていました。
特に、お部屋に温泉がついているので、すぐ入れるのは、くつろぎます。

DSC05994.jpgDSC06008.jpg


畳の廊下                                            お刺身はかまくらの中

DSC06025.jpg
DSC05999.jpg


晴天の大雪                                        部屋の温泉でのんびり

宴会客ばかりではなく、個人客の満足度を高めるような方向に温泉ホテルがシフトしているのを感じました。


1/8 木曜日 
夜10時から、今年最初の勉強会を開始しました。
参加者は、院長、私、米田先生、金城先生。
そして、あいファミリー歯科の水野先生も。今年もお土産のお菓子ありがとうございます。

勉強会が遅くなっておなかがすくので簡単な夜食、7-11のおにぎりやサンドイッチと
飲み物を用意するのですが、買いすぎて余ってしまいました。

そうです。
研修医のO先生がいなくなったのに、いつものつもりで買い込んでしまいました。
久しぶりに研修医のいない3ヶ月の始まりです。
「なんだかさびしいね」と言い乍ら、スタート。

症例は、林歯科の成人症例を一例。あいファミリー歯科の小児症例を一例。

こうして毎週勉強会を続けるのはお互い大変ですが、例外を作らず細々続けるのが
大切ではないかと思います。始めるのも続けるのも、難しいものですから。
これは、院長の林俊輔の造語です。
バランス矯正歯科

なんでしょう?

見た目のバランス
機能のバランス
筋肉のバランス
骨のバランス

四つのバランスがとれた矯正治療を行って行こう。
そのことを患者さんに分かりやすく伝えよう。

ということで、
今年の1月の目標は、バランス矯正歯科を説明する

  1. パンフレットを作る
  2. ホームページを作る
  3. できれば小冊子を作る
に決定したようです。

現在このような草稿の状態です。

090107.JPG

ちょっと大変。




去年、林歯科医院では、年賀状交換の代わりに「今年の目標」を葉書大の紙に書いて掲示する事にしました。→2008年の「今年の目標!」

DSC02441.JPG今年も、同じように目標を書いてもらう事にしましたが、その前に朝礼で「去年の目標」について話をしてもらう事にしました。

昨日からのスタートです。

こんにちは
毎月が新しい歯科医院を目指す旭川林歯科医院です。
林歯科医院では、毎月、先月までと「ここが違う!」ことをお知らせしています。


今月、2009年1月は
  • 年末年始のプレゼントいろいろ
  • 筋電計の導入
  • そして、林歯科医院の2009年の目標
をお届けします。

200901whatsnew.jpg画像をクリックして拡大してご覧下さい。

林歯科医院の2009年の目標
  1. 『来てよかった、安心した』と言っていただける歯科医寮
  2. 筋肉をベースに考える機能的な咬合治療
  3. スタッフの総合力の向上
にご期待下さい!

新年の診療開始も、二日目になると、すっかり普通の月曜日です。それでも今日から仕事始めの非常勤スタッフ、日曜が休みだったスタッフと、おめでとうのご挨拶を。

このごろ、歯並びや、顎の関節の痛みのご相談を受ける事が以前に比べて増えて来たように思います。
今日、明日も、そのような方が、初診で来院されました。
遠方からインターネットで調べて、とおっしゃる方もいらっしゃいます。

私が細々運営しているホームページやblogで発信した情報が、旭川市林歯科医院で行っているような治療を受けられる場所を探している方のところに届くように、これからも少しずつ長く頑張っていこうと心を新たにしました。

今年の目標は
去年と同じですが、毎月の「ここが違う」の発行
出来るだけ毎日blogを書く
予防歯科懇話会で筋コンディショニングについて発表できるようにする

それからもう一つ。内緒の目標。2月の中頃までには、出来るかどうかわかります。ただいま準備中です。

年末からベトナムへ行ってきました。以前、慰安旅行で出かけた事がありますが、blogを始める前だったようです。前回行って楽しかったところを娘と一緒に三人で周ってきました。

DSC05784.jpg12/30早朝家を出て、旭川空港へ。空港の駐車場に車を置き、ANAとAirDoの共同運行便で一度羽田へ向います。リムジンバスで昼ごろ成田空港到着。

出発までは6時間近く時間があり、トランクをもってぶらぶらした末に、フードコートの隅っこで時間をつぶしていました。





当日は、夜遅くにホーチミンについてチェックイン。すぐおやすみなさい。
娘が歯ブラシを忘れて来た事が判明。

12/31
朝起きて、ホテルの朝ごはん。それから娘が忘れて来た歯ブラシを求めてホテルの周りをぶらぶら。シャンプーなどの日用品を売っているお店を見つけて、今年も片言の英語で歯ブラシを購入。
一旦ホテルに戻って身支度をして、待ち歩きに出発です。

まず、ツアー会社に出かけて、ニューイヤーのナイトクルーズと最終日のメコン川クルーズの予約をし、ぶらぶらとお店をひやかしながら、ベンタイン市場へ。気のせいか、以前来たときより客引きをするお店や路上でモノを売ろうとついてくる人が少なくなったような気がします。娘のオーダーサンダルをおばさんに作ってもらって五ドル。

DSC05788.jpgDSC05787.jpg


ホーチミン市博物館を覗いた後、

DSC05794.jpgDSC05797.jpg


市場の近くのお店、クアン・アン・ゴンで、二時過ぎにゆっくり食事をしていると、いきなりスコール。
しかたがないのでお店の前からタクシーでホテルに戻って、お昼寝。

雨がやむのを待って、ホテルの近くの国営百貨店へ。お土産のベトナム珈琲やヌッムマム、それから安ーいアオザイ。雑貨屋さんで友達のお土産に水牛の角のサラダ用の大きなフォークとスプーンのセット、漆のサラダボール、医院に飾る大きな扇、壁掛けに使うテーブルセンター。

DSC05806.jpgDSC05809.jpg


だんだんにぎわってくる街を抜けて再びホテルに戻っておしゃれをして、9時半。タクシーを呼んでもらって、ボンサイ号の出る港へ向いました。

1.JPEG
娘と二人、買って来たアオザイを着ていつもよりしっかりおしゃれをして、でかけました。
着いたらみんなすごくおしゃれをしていました。よかったー。

DSC05822.jpgDSC05840.jpg


座る場所を確保して、年が明けるまで、ワインを飲んで、おつまみを食べて、歌を聞いて、なぜかマッサージを受けている人もいて、カウントダウンと同時に船の両サイドから花火。
すごい。初めての体験でした。

1/1
今日は朝早くからチョロンのビンタイ市場へ。

DSC05847.jpgDSC05850.jpg


院長が旅のイラストエッセイで見つけたカニ入りの麺を出すお店へ。
住所と店の名前をメモに書いてタクシードライバーに渡してドキドキの出発です。
地元の人しかこないような小さなお店で、名物の麺を食べてきました。

お店を出て、またタクシーで市場へ。
なんと!1/1はお休み。がっかりです。市場の周りを散策しながらどのガイドブックにもついている天后宮へ。前は、市場で買い物をしすぎて、市場の外でテープを編んだ大きな鞄を買ったのですが、そのとき犬の**を踏んでしまったのでした。今回は、以前より道がきれいでしたが、それでも外で用をたしている子供をみかけました。

チョロンでの買い物が物足りなかったので、再びビンタイン市場へ向い、

DSC05854.jpgDSC05855.jpg


ベトナム名物チェー。
度胸のない娘は、ここまできて「スプライト」。

小さなお土産を少し買って、ぶらぶらと戦争証跡博物館へ。ついたらちょうど昼休みで、近くのカフェでだらだら。なんだか眠くなって帰りたかったのですが、どうしてもという院長にひきづられるように博物館へ再び向いました。

DSC05859.jpg博物館の内容は、どのガイドブックにもあるように衝撃的なのですが、それよりも、たくさんのアメリカ人、日本人の観光客が訪れていることに複雑な気持ちになります。私が小〜中学校のころのベトナム戦争のイメージを思い起こし、結局誰も勝っていない戦争、誰も幸せになっていない戦争ではなかったのかと。
勝ったはずだったベトナムの、ホーチミンの市場にはコカコーラ、繁華街にはルイ・ヴィトンの路面店。不思議な気持ちです。


博物館のあとは、タクシーで街の中心を外れたところにあるカニ料理のお店へ。


5.JPEG
クアン94で、少し遅い昼ごはんです。

3.JPEG4.JPEG


ここで食べたソフトシェルクラブの唐揚げは、今回食べた中でも一番美味しいものでした。
ベトナム旅行では、食べ物で外れはほとんどなく、美味しいものばかりでしたが。

食事の後は、繁華街に戻って、プリンのデザート。雑貨屋さんでお買い物。ベトナムの雑貨は女の人が喜ぶようなものが多くて楽しいです。夜は、フォー24で軽い夜食で済ませました。

1/2
あっという間に、旅行の最終日です。

前日はホテルに戻って、荷物の整理。
出発前にチェックアウトするので、夜すぐにいるもの、日本で到着したらすぐ着るコートは、トランクに入れてもって来た薄くて大きな黒いかばんに入れて、荷物が三つになりました。
二つのトランクがずっしり重い。

朝食を食べ、チェックアウトをしてガイドさんの迎えを待ちました。
やってきたのは、林歯科のスタッフのSさんとよく似たお嬢さん。「少々お待ち下さいませ」は、なかなかさらっとは出ませんよ。すごいなあ。

前に行って楽しかったメコン川クルーズに娘と一緒に参加です。
細い道をがたがた出かけたはずが、立派な3車線の有料道路が出来ていてびっくりしましたが、その横でもやっぱりフランスパンを売っていて、ちょっとほっとしました。

DSC05872.jpgDSC05887.jpg


DSC05932.jpgDSC05937.jpg


フランス風の仏教寺!によったあと、小さな船で島に渡り、蜂蜜を食べたり、ココナッツミルクのキャラメルのようなものを食べたり、島で作っている果物を食べたり。あれ?食べてばかりですね。

DSC05938.jpg食事の後は島の中を走っている運河を、平底のボートのような舟に乗ってゆっくり流れていきます。










島を出たあとは、ミトーの町に向かい、昼食のレストランへ。名物のエレファントフィッシュとライスボールのお食事。ベトナム風のお鍋など。ご飯の写真の取り忘れ!残念。

帰りは一時間半のドライブの間ほとんど寝ていました。
参加した8名のうち、ハノイ駐在中の3人家族は12月に出来たばかりのロッテマートで降り、私たち3人と、あと二人のお嬢さんは市内の国営百貨店の前で降ろしてもらい、解散です。


DSC05952.jpgもう一度、買い物をして最上階のカフェでベトナム珈琲。










一度ホテルに荷物を置きに戻って、フットマッサージ、フエ料理の夕ご飯。

DSC05963.jpg写真は雷魚の麺。ベトナムでの食事も最後です。
もっと食べたいもの、いろいろあったなあ。

8:45。定時に迎えに来たリムジンバスに荷物を積んで、空港へ。寝て起きたら、朝の成田空港で、娘と解散です。
あっという間の5日間でした。
旭川市林歯科医院の年末年始のお休みは、例年12/30〜1/3の5日間です。
今日は日曜日ですが、年始の診療スタート日でした。

昨日の夜、クリスマスに飾ったミッキーのサンタさんを外して、ポスターボードに年始のご挨拶を入れて、今朝は診療スタートに合わせて二人で医院に向いました。

今日は、歯周疾患メンテナンスとインプラント外来はお休みし、一般診療のみの対応としました。
歯科医師は、勤務医の金城先生、米田先生の二人の予定でしたが、「一年の最初だから」と院長も出勤。急患はもちろん多かったのですが、キャンセルもあって、予定より少し早く診療を終える事ができました。

診療終了後は、久しぶりにシネマコンプレックスに映画を見に行き、旅行のお土産を友人宅に届けにいって、お正月気分を味わってきました。
明日から、普通の診療の毎日のスタートです。

ことしも、院長の目指す
「バランスのいい噛み合わせを実現する歯科医寮」

「少しでも安心して帰ってもらえる歯科医院」
を目指して頑張ります。
いつも、旭川市・林歯科医院にご来院いただきありがとうございます。

年末年始のお休みも終わり、
午前10:00より診療開始です。

本日は、休み明け初日と言う事で、年末の時点で既にご予約が多く大変混み合っております。
何かお困りの事がありましたら、お急ぎご連絡下さい。

林歯科医院 受付 0166-57-6655
(日曜電話受付13:00まで 診療終了14:00)

お待ち時間が長くなる事もありますが、
「できるだけお受けするように」
と院長も申しております。
あけましておめでとうございます。
林歯科医院の診療開始は1月4日 日曜日10:00です。
今しばらくお待ち下さい。

2009happynewyear.jpg今年も
「来てよかった 安心した」と言っていただけるような歯科医院
来る前より帰るときには少しでもよい状態になっているような歯科医療
をめざして、旭川市・林歯科はがんばります。

本年も、林歯科医院をどうぞよろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja