今日は、矯正の症例分析勉強会

木曜日の診療終了後、皆で残って矯正の初診患者さんの症例の分析をします。
今日は、札幌の友人の症例を一例、林歯科の患者さんを二例。
先日から、あいファミリー歯科の水野先生も参加して、いろいろな意見を聞かせてくれます。

今日の症例では、札幌の友人の患者さんで、できるだけマルチブラケットを歯につけたくないと言う事で、皆で知恵をしぼりました。マルチブラケットであれば、1本1本の歯を細かいレベルで動かす事ができますが、それを使わないとなると、取り外し式の装置を何種類か使い分けていく事になりそうです。
4種類くらいの選択肢を考えました。

水野先生は、床矯正の勉強を長く続けているので、院長とは違う視点の意見が聞けるのも楽しく、若い先生方にも勉強になると思います。
床矯正研究会の様々な工夫も楽しく聞かせてもらいました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今日は、矯正の症例分析勉強会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1755

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2008年12月 4日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「denden*eco bag 林歯科特製エコバッグ!」です。

次のブログ記事は「プチハウスでタンシチューランチ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja