2008年12月の研修生活(1)

いよいよ、O先生の旭川市・林歯科での研修も残すところ1ヶ月となりました。

10月からは自分で課題を持って取り組む事、一つ一つの基本的な治療技術の向上を目指して研修を行っています。

例えば、根の治療ですが、林歯科医院ではオブチュレーションという方法で、神経の治療後の根管の閉鎖=根管充填を行っています。研修医の先生にも最初は抜去歯牙を使ってこの技術を取得してもらい、臨床でも比較的難易度の低い症例から行ってもらっています。

今では、かなり難易度の高い湾曲根管でも院長のチェック下で根管充填ができるようになりました。
写真は、一回目の充填と院長のチェックの後にやり直しをした充填です。
右側を見ると、曲がった根の先まで、しっかり薬が詰まっているのがわかります。


DSC05513.jpg
こうして、少しずつ技術を向上させて、研修を終えてもらいたいと思っています。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2008年12月の研修生活(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1758

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2008年12月 7日 10:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「謎のクレーム電話」です。

次のブログ記事は「旭川市 林歯科医院のクリスマス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja