2008年10月アーカイブ

9月に林歯科での研修を終えたW先生の記念のDVDを作らなければと思っている間に、なんと一ヶ月が経過してしまいました。

そして、こんどの日曜日!
皆が出席する札幌での北海道咬合療法研究会の例会にW先生も参加します。
まずい!

というわけで、つい先ほど、研修生活のムービーのDVDと研修期間の写真を集めたDVDが完成しました。滑り込みセーフですね。

DSC05384.jpg
あとは、日曜日の朝、院長が忘れない事を祈るだけです。

林歯科から車で5分くらいのところにあったイタリア料理のお店がなくなって、カレー屋さんになりました。
今日が開店とあって、早速出かけてきました。

200810301309000.jpgネパールカレーのお店、ビスターレビスターレ。
ビスターレは、ネパール語でゆっくり、という意味らしいです。

網走で最初にお店を出して、今は札幌にも2店、ここが4店目のチェーン店との事。
店員さんもネパールの人なのでしょうか、外国の方がたくさんいました。
日本語がちゃんと通じて一安心です。













200810301326000.jpg写真はランチのBセット。
出て来たら写真を撮ろうと思っていたのに、お腹がすいていたためか、半分くらい勢いでたべてしまいました。

初めて食べる味の豆のスープ、
日替わりのカレーが二種類
ナンと、サラダ。
今日はサービスでラッシーもつきました。カレーはチキンカレーと豆や野菜の入ったカレー。

開店の日と言う事で、すごく混雑していました。
今日は、恒例になった木曜日の矯正症例分析会。
先週は院長の人間ドックの前日のため、お休みしました。

今週からの1週間で、診断と治療計画のご説明をする4人の方の資料の分析をし、治療計画書の作成を行いました。

院長と、勤務医の米田先生、金城先生、研修医のO先生、私の5人で、レントゲン写真、口腔内の模型と写真、顔の写真を見ながら、行います。まず、私たちが資料から所見をあげていくのを院長が聞いて、それから院長が見た所見と診断、治療の計画を説明していきます。

皆で色々考えますが、なかなか正解にはたどり着けません。難しいー。

就職戦線に出遅れてしまったかもしれませんが、来春卒業予定の歯科衛生士さんを募集開始します。

来春の採用予定は2名です。
旭川歯科学院に募集の用紙を提出しました。

今年の新卒のHさんは、既に林歯科の重要な戦力として活躍中です。

DSC03335.JPGDSC03563.JPGDSC03892.JPGDSC05164.JPG

MFT班の一員として院内勉強会の指導をしたり、訪問診療のアシスタント、

講習会の受講、そして秋の慰安旅行で皆と函館へ。


もし、他の歯科衛生士学校の学生さんで、林歯科医院への就職を希望される方がいらっしゃいましたら、まず、林歯科を見にいらしてください。こちらのメールフォームから見学のお申し込みをお願いいたします。

就職希望見学用メールフォーム


林歯科医院について詳しくお知りになりたい方は、まず、こちらのホームページをご覧下さい。

dendendental.com




今年の目標は、10月中は灯油を使った暖房を使用しない事だったのですが、やっぱり寒い!旭川寒い!

ということで
昨日から林歯科診療室、自宅とも、セントラルヒーティングのスタートです。
どちらも灯油のボイラーで暖めた温水が循環するシステムです。

少しずつでもずっと付けておいて冷えきらないようにしたほうが灯油を消費しないとか、ボイラーの温度を高め設定で手元のパネルを低めにしたほうがいいとか、いろいろ言われているのですが、正直よくわかりません。
一時期高騰したガソリンの値段が、円高のためか少し下がってきています。
灯油も少し下がってくれますように。

今までより家では厚着をしてもこもこになって暮らしています。
来月の「ここが違う!」が完成して、受付にプリント用の原本を渡しました。
11月1日から受付でお渡しいたします。
今年から、毎月の「ここが違う!」をファイルして待合室においていますので、こちらも是非ご覧下さい。

11月のここがちがうは
・はぐきのマッサージを始めました
・口腔ケア班主催の講習会のご報告
・院長インタビュー 総義歯セミナー受講について
です。

画像をクリックして拡大してご覧下さい。
081027.gif

今月から、6ヶ月間続く総義歯セミナーを受講するために院長が東京に通う事になりました。

今回は、10/25,26の二日間の受講です。

DSC05340.jpg一日目は、阿部先生のライブデモを拝見する事ができました。














DSC05357.jpg当日夜は、北千住で懇親会。
多数が参加されにぎやかな夜になったようです。
先生のお得意のウクレレの演奏まで聞かせていただいたそうです。











DSC05366.jpg二日目。
咬合器に模型を装着しました。

今回のセミナーではたくさんの機材が必要です。
終了後、セミナー開催者に依頼して、使用機材は宅急便で送ってもらうことにしました。

次回、どうやって持っていくかは悩むところです。

今日は、札幌で同窓会主催の保険診療の講習会を受講してきました。
夕方6時から、3時間に渡る充実した講習会でした。
旭川からも同窓の先生方が何名か、大学の同期生、講座の先輩後輩、学生時代の教官、懐かしい顔をたくさんみかけました。

現 在、日本国内の多くの医療機関は、保健医療機関です。そこでの治療は、療養担当規則と言うルールに則って行われることになっています。この規則に基づい て、保険点数のしくみが二年に一度改訂されるのですが、この変化が意外と大きくて、講習会でも受けない事にはよくわかりません。
難しいのです。

点数が変わるだけではなく、治療についての方針に関わるような事も、しょっちゅう変わります。ついていくのが大変です。今日となりに座って受講した先生のお父様も、ついていくのが大変になったので、と言ってリタイアを決められたそうです。

大きなかんちがいはなかったのですが、細かい注意事項で気をつけないと間違いそうなところはたくさんありました。
今回は、私が林歯科医院を代表して受講しましたので、明日以降に皆に伝える予定です。
これはすごい!
マインドラボ

081025.png

JSTバーチャル科学館のコンテンツです。

普段、目に入った情報が、脳で処理されていると感じている私たち。
でも、その処理は、思っているより高度で、足りない情報は勝手に時間的・空間的に補完されているのです。

最初の盲点のところで、やられたー!っていうかんじ。
盲点は本当に見えていないんですね。


06:50 起床 身支度 人間ドックの書類の確認

07:30 自宅を出て病院へ向かう
08:15 吉田病院にて人間ドック検査開始
12:00 検査終了昼食終了し 一回自宅へ戻る
13:30 吉田病院へ出向き、検査結果の説明を聞く

200810241643000.jpg14:30 診療開始

17:00 診療の合間に、土日のカルテチェック。患者さん毎に指示をメモ

19:00 診療室を出て旭川空港へ向かう
















200810241957000.jpg20:20 旭川空港発JALで東京へ

22:00 東京着

23:00 ホテルチェックイン 



















200810241657000.jpg

明日は、10:00から講習会開始です。

今回は、阿部晴彦先生の総義歯セミナーで、半年間、10回のコースです。




毎年、6月くらいに院長とわたしは二人で人間ドックへ出かけます。
なぜ二人一緒か?
なぜでしょう?なんかショックなことを言われたときのためかな。


さて、今年は、なんだか忙しくて予約を取らずにいるうちに夏も終わり、そろそろと電話をしてみたら、いつもの病院の人間ドックがすごく混んでいるらしいのです。なぜ?そういう時期なのでしょうか?

二人同じ日に予約する事ができず、一番早い日を選んで院長は10月下旬の明日、なんと私の予約にいたっては約3ヶ月後の12月になってしまったのです。

というわけで、
明日の午前中院長はお休みを頂いて、人間ドックへ。もうすでに飲食できない時間に入っていますので今日は早く寝る予定です。

診療のほうは、米田先生が往診、金城先生が本院診療を担当します。
二人ともがんばれ!



歯学部だけではなくて、北大全体の旭川に住んでいる人の同窓会がある、という案内が届きました。
どうしようかなあと思ったのですが、去年出かけて、南極観測隊の参加者のお話が聞けて楽しかったので出かける事にしました。

今日は、その当日。
診療が終わって身支度をして出発。

旭川市の市役所の向かい、グランドホテルが会場です。
車を市役所の下にある駐車場に停めましたが、駐車場ががらがらでした。この駐車場がこんなに空っぽなのは初めて見ました。もしや、市民文化会館アスベスト事件と関連が?
いつも、何かしら夜でも会合などで使われている場所ですから。

今回は、北大総長のお話、卒業生を代表してスーパーのラルズの社長さんのお話を聞き、お食事をして帰ってきました。

折角の全学同窓会ですが、なかなか初めてお会いする方とはお話ししにくいので、つい歯学部の同窓生とばかりお話ししてしまいました。
土曜日に受けたセミナーでも、日曜日に受けたセミナーでも、同じ事を言われました。
一つは、スピード。

変化にはスピードが必要ということ。
意思決定を早く。行動を早く。ゆっくり取り組んでいても何も変わらない。
なるほど。


もう一つは、ツール。

患者さんに治療内容を説明するためには、誰にでも使えて、患者さんが一目で分かるようなツールが必要と言う事でした。

林歯科医院でも、見て分かる説明を心がけているつもりですが、ツールについては誰にでも使えると言うレベルにはなっていないかもしれません。

ここは一つ頑張って、すぐ誰でも使えるようなツールの充実に取り組むしかないかなあ。

現在、林歯科医院では、「筋肉について学ぼう!」と頑張っています。

今年の春、院長が購入した砂書房の「口腔筋機能改善コンディショニング技法の基礎知識」(著者:姫野かつよさん)。この本を読んでから、この筋コンディショニング技法を林歯科の臨床に取り入れるために、勉強をしています。11月下旬には、姫野さんご本人にいらして、直接ご指導を受けられる事になりました。



様々な勉強用の資料もそろって、今日は、筋肉班4名+Sさんの5名と一緒に勉強会です。
皆は、日曜診療の後残ってくれたり、休日なのに出て来てくれたりしました。
本当にありがたい事だと思います。
私も、午前中札幌でセミナーを受けたあと、大急ぎで戻ってきました。


DSC05332.jpgDSC05338.jpg



DSC05329.jpg解剖学収容のソフト、模型、本を活用しながら、口腔周囲の筋肉に付いてしっかり学び直しました。

使用した解剖学のコンピュータソフトは、
人体解剖学 筋学(頭頸部)附 顎関節
東京歯科大学解剖学教室 監修2001年08月29日
CD-ROM   Win/Mac  3,990円(税込)  わかば出版

筋肉について、本当に詳しくビジュアルに学ぶ事ができる優れものです。

大きな筋肉については、動いているときのイメージを動画で見せてくれるなど、工夫もされています。

忘れている事、知らない事もあったりして、びっくり。
いい勉強になりました。


DSC05323.jpg日曜日の朝、JRタワーのいつか泊まりたいと思っていた日航ホテルで目をさますと二日酔いでした。

ゆっくり用意をして、35階のレストランの朝食ビュッフェへ向かいました。思ったより混んでいて、待ち時間がありましたが、なんとか予定通りに9時半にホテルを出て講習会場へ向かいました。




今日の講習会は、歯科模型で有名なニッシンのビクトリーワンセミナー
経営セミナーでした。

会場は、北海道歯科産業の本社。
現在神奈川県で開業されている長谷川先生が、患者さんへの説明用の様々なツールと活用法について経営学の知識に裏付けられた説明をしてくれました。

12時すぎに会場を出て札幌駅に向かい、1時のJRで旭川へ。JRの中では記憶が無いほどの爆睡しました。旭川が終点で良かった!

今日は、午後3時から、林歯科の筋肉班4名+Sさんと筋肉の勉強会。なんとか滑り込みセーフでした。
朝、6時に起きてなんだか寝ぼけたまま身支度をして、旭川駅へ向かいました。
7時20分のJRで札幌へ向かうはずでしたが、不手際のため一本後の8時のJR。

DSC05284.jpg今日は日本小児歯科学会北日本地方会を札幌市の北海道大学学術交流会館で行っているので、9時半の開始前にはつきたかったのですが、少し遅れての到着になりました。








DSC05289-2.jpg友人の石井先生のポスター展示、旭川歯科医師会からの発表など、みな頑張っていました。
懐かしい先生方にご挨拶して回りました。

石井先生と北大正門前のお店で昼食をとってから、あわただしく別の会場へ移動しました。









お昼からはシロクスのたけさきセミナーに出席です。
こちらでも、去年のセミナーでご一緒した先生方、何年か前の北大での研修指導医講習会でご一緒だった先生、予防歯科懇話会の北野先生、レーザー研究会で一緒の先生がた、となぜか知っている先生がたくさん参加されていました。

つい、懇親会、二次会とすっかり帰りが遅くなりましたが、先ほどホテルに戻りました。
明日は、10時からまた別のセミナーに参加して、昼過ぎには旭川に帰ります。
結構忙しい週末です。


昼のミーティングの後、院長の友人から電話が入りました。
私たちが旭川に来てから知り合った人で、今は本州で開業している歯医者さんです。


「久しぶりに旭川に来る用事があるので、会いませんか?」というお誘いだったようです。
本州にいらしてからもう長くなりますが、こうして北海道に来るときには連絡を下さる方です。

明日の診療後にお会いする約束ができて、院長はとてもうれしそうでした。
忙しい日程でしょうに、こうして声をかけてくださるのが、本当にありがたい事だと思います。

今日は、久しぶりの口腔ケアのミーティングです。

院内と訪問診療では、昼休みの時間、終了の時間も違うので、ミーティングをするのも大変です。現在は、昼休みに食事をとりながらミーティングをしています。

このごろ、また訪問診療を希望する方が増えている事、口腔ケアの講習会についてなど、報告を受け、次の方針について話し合いをしています。

一緒に仕事をしていても、こうして時間を取って、意思の統一をする事が必要だと実感する今日この頃です。
昨日は、診療終了後、矯正の症例分析の会。
友人から相談を受けた2症例を分析しました。

いつものように、レントゲン、分析の図表、模型、顔と歯の写真を見ながら、感じた事をそれぞれ話していきます。

どこが、違うのか?
何が原因なのか?

考えついた事を整理して、治療方針を考えて、
それから院長の意見を聞いて、診断、治療方針、治療計画を書面にまとめていきます。

いつも、院長の意見を聞くと、自分が見落としている事が多いのにびっくりします。まだまだ勉強しなければならない事がたくさんあります。

午前中に配達指定をしておいたスナッフルスのチーズオムレット、蒸し焼きチョコレート、季節限定のケーキが昼休みの前に届いて一安心。

昨日からスタートでしたが、土曜日についてすぐ発送を依頼した函館のお土産です。
要冷蔵なので、持って帰るのが難しく、お店からの直接発送をお願いしていました。
みんな美味しい!と大喜び。

自分たちの分も、駅で見つけて6時間保冷パックに入れてもらって帰ってきました。


http://www.snaffles.jp/
ウェブサイトからのオンラインショッピングもできるようです。

函館駅は、数年前に新しくなったそうで、デザインを公募した外観は、連絡船をイメージした物だそうです。函館山夜景ツアーのガイドさんが教えてくれました。
これは、その函館駅に到着した10月12日 日曜日のお昼に皆でとった記念写真です。

DSC05173.JPG
院長の撮影です。
私が、夜景バスの予約に走っている間に記念撮影が終わっていました...。残念。

今回の参加者は、私たち二人を入れて、13名。

歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手、受付、事務職員。
林歯科に関わる各部署、各職種から、常勤、非常勤にわたり参加してくれました。

年齢も一番若い新卒の22歳の彼女から、還暦を超えた彼女まで。
普段仕事に関係ない話をしない、関わり合いの少ない部署のスタッフ同士で、色々話が出来たのが一番の収穫です。皆が函館を楽しんでくれたようで、うれしい慰安旅行でした。
朝市に行く人は6時集合だよ〜と言いましたけど、誰も来なくて少し待って二人で出発。

今日の目当ては夏に出来なかったイカの釣り堀です。
なかなかイカがかからず、お店のお姉さんの助けを借りてなんとか一杯釣り上げて、








DSC05250.jpgその場でお刺身にしてもらっていただいて来ました。










DSC05253.jpg
刺身にしても足が動いていて小皿に吸盤が吸い付いてびびりました。








ホテルに戻って7時半から朝ごはん。どれもおいしいのですが、ご飯に自分の好きなだけいくらや鮭、いかのお刺身を乗せて作る海鮮小丼。これは、うれしい!つい食べ過ぎてしまいました。
朝ごはんのあとは、夜更かし、早起きの寝不足でダウン。9時半まで一眠りしました。


DSC05264.jpg10時すぎ、ホテルを出て金城先生と三人で金森倉庫へ向かい、湾内クルーズに参加しました。









DSC05266.jpgスピード早い!水しぶきすごい!
船、斜めになってるし!









DSC05275.jpg降りて金森倉庫でソフトクリームを食べてから元町散策へ。
別々にホテルを出たのに、みんなとばったり
 
途中で有名な港の見える喫茶店によりましたが、景色はいいけど、オーナーの接客態度は?


昼食は函館美食倶楽部の中の回転寿司。さすがのお味でした。



DSC05283.jpg今回のホテルは、ラビスタ函館ベイ。今年の夏休みの旅行で函館に泊まったときと同じホテルです。

とてもいい雰囲気のホテルで、朝ごはんが充実していて、皆も大喜びでした。このホテルなら!と思って選んだ私も大満足です。





帰りにスナッフルズで自分たちのためにお土産を買ってきました。
函館ー旭川はJRを乗り継いで約6時間。まる二日間の充実した慰安旅行でした。
DSC05169.jpg朝7時10分集合で、札幌経由のJRで出発。遅刻する人がいなくて一安心。

札幌駅で30分ほど乗り換えの待ち時間がありました。コーヒーを飲んで一休み。トイレに行くから先に行ってと言ったつもりだったのですが、ちゃんと伝わらなくて、私が戻るのを院長長が待っていてくれたので、乗り遅れるところでした。ごめんなさい!連絡はしっかりしないとね!



DSC05171.jpg北斗8号に乗ってワゴンサービスの人に早速長万部名物カニめし弁当を13個予約。こうして頼んで置くと駅でお弁当を積みこんでくれるシステムです。

途中思い出の登別駅で停車。? 結構長いなぁ停車時間?7月の登別温泉講習会メンバーと感慨にふける。今日明日は全部終点までなのは良かったね!




DSC05174.jpg午後一時、函館駅に着いて、夜景バス乗り場を確認して、予約をとり、歩いてホテルへ。
チェックインの手続きを済ませ、ホテルの喫茶室でツアーについていたコーヒーをいただいて一度解散。 とりあえずお土産を買いに出かけました。






皆へのお土産を選んでいると、林歯科から電話です。
日曜日の診療が終わった連絡を受付がしてくれました。今回の慰安旅行は、春の慰安旅行不参加者とパートさんの中から希望者が対象です。今回は、春の参加者がお留守番部隊として日曜診療を支えてくれました。米田先生もお疲れさま!皆、ありがとう!!

DSC05180.jpgお土産を発送し、ホテルに帰ってひと休み。

バスツアー集合時間の5時半に間に合うようロビーに向うとちょうど皆と一緒になりました。駅前のバス乗り場までのんびり歩いていたらぎりぎりになって最後は小走りでバスに乗り込みました。





DSC05193.jpg
今回は、今までで一番の函館山の夜景でした。 バスガイドさんが言っていた10月の夜景が一番きれいだと言うのは本当かもしれません。写真は院長がデジカメで撮った夜景です。







山を降りて、夕ご飯。

DSC05199.jpgDSC05200.jpg    DSC05201.jpg    DSC05202.jpg


はこだてビールで地ビールを飲みながらパエリヤ、ソーセージ、もちろん地ビールでお食事。
パエリヤ、完食です。
DSC05211.jpgDSC05216.jpg


DSC05238.jpgそのままホテルに戻ろうかと思ったけど「お魚食べたい」の声で二次会へ。ホテルに隣接する函館美食クラブの「きくよ食堂」で根ぼつけ、刺身、焼き魚。

ラストオーダーの時間になって、お店の雰囲気が落ち着かなくなったので退散しました。ちょっときくよ食堂のバイトさん?たちの応対は「早く帰って!」みたいなさびしいかんじでした。




でも、満腹 酔っぱらいで幸せに戻って来ました。





10月13日月曜日は、体育の日のため、旭川市末広2-11林歯科医院はお休みしています。
14日火曜日は、平常通り、午前10時から診療を開始いたします。

休診期間中、お困りの際には下記をご参考下さい。

旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター救急診療のお知らせ>

  診療内容は応急処置のみになります。
  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば
  御持参ください。

  旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)
  TEL 0166(22)2290
  受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、

北海道救急医療・広域災害情報システム
のサイトが参考になると思います。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さい

林歯科の待合室の壁に埋め込んである水槽は、熱帯魚屋さんに管理をお願いしています。
旭川市豊岡のアクアフレンドさんです。
毎月、2回、出張で来てくれます。

水槽の手入れ、お魚の世話のチェック、そして、こんなアレンジを毎月してくれます。

DSC05147.JPGDSC05148.JPG


定期検診にやってくる子供たちにも大好評です。
でも、水槽を叩くとお魚がびっくりするから、たたかないでね!


ハロウィンの飾り付け

DSC05157.JPG10月になり、夏の間、林歯科医院の玄関を飾っていた花もすっかり寂しくなり、街路樹のナナカマドの実も赤くなりました。

雪が降るまでのこの季節は、いつも寂しい風景になります。






DSC05158.JPGそこで、今年もそろそろハロウィンの飾り付けに入りました。

院長と昼休みにホーマックへ出かけて、大きなカボチャバルーンと、小さなカボチャ風船、その他飾り付けを買ってきて、大急ぎで飾りました。去年までに用意してあるハロウィングッズを、受付スタッフの皆が飾ってくれました。

これからしばらく、この飾り付けで、にぎやかな玄関と待合室になります。


最近の新しい歯科医院では、くつを脱がずに土足のままで入れるところも多くなっているようですが、平成元年開業の林歯科は、今でもスリッパに履き替えていただいています。

DSC05145.JPG
スリッパの置き場所には紫外線照射を行い、頻繁に新しい物に取り替えてはいます。それでも気になさる方もいらっしゃるかと、使い捨てスリッパも導入してみましたが、余りお申し出がないようです。







先日、温泉に出かけたとき、脱衣所の入り口でスリッパを脱ぐと、下駄箱に消毒・消臭用のスプレーが置いてありました。

温泉のスリッパは、部屋に消毒済みのものが置いてありますが、お風呂に出かけると、取り違えられてしまっている事も多いものです。なんだか気になることではありますが、今までしょうがないことと思っていました。

でも、その温泉では、少しでも気持ちよくと、スプレーを設置していらしたのです。

これだ!

DSC05143.JPG











早速林歯科でも導入してみました。
いかがでしょう?


普通の人には余り分かってもらえないのですが、根管治療、いわゆる神経を取るのは、とても難しい治療です。

DSC05137-2.jpg特に、この写真のように、上の奥歯のほとんど見えないところにある根が、こんなふうに曲がっていると、それは難易度が高い。

時間もかかる。

しかも、日本の保険診療での根管治療の評価は、歯科医師からすると不当に低いんですよ。



でも、だからといって、手を抜いたりしては、だめ。
ここで、試されているのが、医療人としての良心だから。

よそから回ってきた患者さんでも、レントゲンで根の治療の状態を見ると、どのくらい真摯な努力をされたか、またそれが及ばない事もあるのも、よくわかります。根の治療は本当に難しい!

DSC05138.jpg
今回の治療では、最初根管の入り口がどこから始まっているかわからないような虫歯だったのを、院長が見つけて、このように根の先までしっかり薬を詰める事ができました。


治療後のレントゲンは、もちろん患者さんにも確認してもらいます。



根の治療は、すぐには症状が出ないし、
うまく行ったかどうか患者さんにはまずわからないけれど。
うまく行ったと自分が思っていても後から症状が出る事もあるけれど。

それでも、しっかりやったと自信が持てるところまで行い、
うまくいかなかったときには、患者さんにもレントゲンで見てもらってやりなおさせてもらう。

林歯科の根の治療は、そういう方針です。

細部まで拘って診療をするために、必要な拡大鏡、顕微鏡などの装置も用意しています。

DSC05140.jpgDSC05141.jpg



今日は、旭川市林歯科医院口腔ケア班主催の講習会の日でした。
先ほど、講習を終えたスタッフが医院に戻り、写真を渡してくれました。

今回の対象者は、施設職員の皆さんです。
講義と実習を続けて行いましたが、多数の方が参加され、熱心に受講されたとのことです。
写真からも、熱心に実習に取り組む姿がうかがえます。
お仕事の後の時間に、このようにして受講していただくと、『やってよかった。これからも続けよう』と励みになります。


10080004.jpg10080011.jpg10080013.jpg10080016.jpg


これからも、口腔ケアの重要性、具体的な手法を、介護に携わる多くの方に伝えるためにこのような講習会を行って行きたいと思います。毎日の口腔ケアと、プロフェッショナルによる定期的な口腔ケアが、要介護者の健康維持にはとても大切な事だからです。

*林歯科主催口腔ケア講習会は、無料開催です。
どうぞ、下記の連絡先、または担当の衛生士にお気軽に御申し出下さい。
(余り遠方の場合は交通費を御願いする事もあります)

連絡先
電話 0166-57-6655 林歯科受付
mail連絡先はこちら→クリック


歯科関係の機材その他の通販ではおなじみのFEEDのカタログで、院長が見つけた歯周外科などの練習用のキットが到着しました。

DSC05135.jpgこれです。

切開や縫合の練習用で、歯肉、骨膜の雰囲気を再現していると言う優れもの?だそうです。







DSC05136.jpg
早速O先生に練習してもらいました。
さて、どうなるかな?




明日は、施設職員の方を対象に口腔ケアの講習会を開催します。

しばらく前から、ケア班のスタッフが準備に奔走してくれています。
講習会用のパワーポイントも作ってくれました。
明日、休日の米田先生も、夕方からの講習会の挨拶に参加してくれると言う事です。

講習会の内容は、ビデオに撮って保存します。

blog掲載用の写真も忘れないようにしないと!
日曜日に、デンタルダイヤモンド社から2008年10月号デンタルダイヤモンドが届きました。
5月に依頼をいただいた林歯科のミーティングに関する原稿が掲載されて、送られてきたものです。

デンタルダイヤモンド誌には「私のミーティング作法」という連載があります。その担当編集者の方が、インターネットでミーティングに力を入れている歯科医院を探して林歯科のblogにたどり着き、メールで原稿依頼を下さいました。

こちらが掲載内容の画像です。ちょっと誇らしい気持ちです。

2008meeting1.jpg   2008meeting2.jpg

院長と私が、平成元年10月旭川市末広で林歯科医院が開業してちょうど19年が立ちました。

最初のスタッフは私たち二人と受付一人衛生士3人の6人体制でしたから、ミーティングも朝礼も、簡単な物でした。スタッフとは、まるで、家族のように、友達のように仲良しでした。開業直後は、ちょうど、文化祭の前夜のような高揚感がありました。

幸い、開業間もなくから多くの方が来院され、すぐ人手不足になり、翌春には2名の衛生士を増員し、シフト制に移行しました。

これで、勤務は楽になったはずでした。

ところが、シフト制には、全員の意思の疎通を保つために努力が必要となるという欠点がありました。その事に気が付かなかった私たちは、開業1年をすぎた頃からスタッフとの齟齬に苦しむ事になり、結局開業2年半で開業時のスタッフたちには一度に辞めてもらう事になりました。最初に仲がよかっただけにその間1年半は本当に苦しみましたが、一度掛け違ったボタンを戻す事はできませんでした。

それから、診療室の立て直しを図り、平成20年10月1日現在のスタッフ数は、常勤非常勤をあわせると39名、その他に研修医1名の大所帯となりました。さらに別組織の技工所には4名の歯科技工士が所属しています。

これだけの所属人数が一つの組織として働くためには、様々な工夫やシステムが必要です。その一つが、ミーティングというシステムです。ここにたどりつくためには19年間の試行錯誤がありました。これからも少しずつ変化して行くことでしょう。


現在の林歯科のミーティングの状態は、こちらの記事をご参照下さい。
 月刊デンタルダイヤモンド10月号
日曜の診療終了後、午後2時過ぎから、6名のスタッフが集まってくれました。

081005-0.jpg081005-1.jpg


2階の歯周病メンテナンスのメニューとして取り入れる予定の歯ぐきのマッサージの勉強とトレーニングのためです。院長と一緒に、DVDを二回見てから


081005-11.jpg081005-13.jpg


二人一組で、相互実習開始。
最初はなかなかうまく行きません。
一緒に、購入した歯肉マッサージ用のジェルも使ってみました。


日曜日の忙しい中、診療終了後に残ってくれた人。
わざわざ出て来てくれた人。
6人も出てくれるなんて、林歯科ってすごい歯医者さんだなあと改めて感動しました。

『旭川市でも、はぐきのマッサージをしてくれる歯医者さんがあるよ!』と言われるように、がんばりましょう。


今日は、旭川歯科医師会の女性会員の集まりLD会の例会で大雪乃蔵へ。
ここは、合同酒精株式会社の蔵元でやっている和食のお店で、ここでしか買えない限定のお酒もあると言う場所です。

200810041811000.jpg
秋ということで、こんなかわいらしいお料理からスタート。


舞茸の土瓶蒸しも、秋らしく美味しく頂きました。

メニューの蔵元限定の大吟醸もいただいて、代行車で帰ってきました。

今日の診療後、院長が突然「八戸巻きが食べたい!」と言い出しました。

八戸とは、旭川市林歯科医院からはちょっと離れたところ、大町にある居酒屋さんです。



大きな地図で見る

突然ですから、金城先生も米田先生も参加できず、私の他には研修医のO先生がつきあってくれる事になりました。


八戸巻きとは!

200810032151000.jpg

これ!

20種類の寿司ネタを使った太巻きです。断面は、ロールケーキくらいの太さです。

二つも食べたらお腹いっぱい。


車を運転して来た院長はウーロン茶、私とO先生は生ビールで、八戸巻き、焼き鳥、ザンギ、つくね、野菜サラダをいただいて帰って来ました。サービスのお味噌汁、ごちそうさまでした。

ここはラーメンがおいしいのも有名です。こんどはお昼にでもラーメンを食べにきましょうか。

W先生が北大に帰り、シフトの見直しをして、木曜日の夜の診療終了後に矯正の症例分析をすることにしました。今日は一症例でしたから、短時間で終了しました。

091002.jpg

今日の参加者は、米田先生、金城先生、O先生
そして院長と私です。

一見、普通のスペース不足に見えましたが、レントゲンを分析すると骨格性反対咬合の可能性がありました。
難しい症例のようです。

10月の林歯科医院はここが違うは、
・林歯科のホワイトプラン
  前歯の冠を入れる前に、その色で満足ですか?よく考えてから。
  ホワイトニングをしてから冠を入れる方法のご提案。

・メンテナンス応援キャンペーン
  歯周疾患の予防・治療には、定期的な歯石の除去が必要です。
  初めてのメンテナンスを応援します。ご家庭用ケアセットプレゼントキャンペーン実施中。

・米田先生のインタビュー
  去年の4月から勤務している米田先生のインタビューです。

詳細は画像をクリックして拡大してご覧下さい。
200810KOKOGATIGAU.gif


いつも進化し続ける歯科医院を目指して!今月も頑張ります。 

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja