歯の型をとる HIT印象

院長が講習会で学んできた歯の型取りの方法「HIT印象」


DSC04270.jpg
最初に簡単な型取り









DSC04275.jpg
これを調整して









DSC04277.jpg
調整している間に、歯と歯茎の間の隙間に圧排糸(あっぱいし)という糸を巻いて隙間を広くします。普通は1本ですが、2重に巻いています。

この操作で、削った部分と削っていない部分の境目がはっきりわかるようになります。





DSC04283.jpg
もう一度。このステップが大変









DSC04284.jpg
トレーに印象材をいれて









DSC04285.jpg
一段落?
いえいえ、これからが大変








DSC04287.jpgDSC04290.jpg


DSC04297.jpg
さあ、やっと、型取りが終わったところ。









時間もかかるし、トレーは使い捨てで材料費もかかります。
技術的にも難しい。

でも、これからも、このような技術をよりよい歯科治療のために取り入れていきたいと思います。
がんばります。

DSC04299.jpg
DSC04300.jpg









トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯の型をとる HIT印象

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1484

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2008年8月 7日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8月も夜の勉強会」です。

次のブログ記事は「夜の小さな同窓会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja