2008年7月アーカイブ

今、私は、オクルーザー(GC社製)という ME機器の簡単マニュアルを作成中です。
目指しているのは、画像で一目でわかって、機械が苦手な人でもすぐ使えるようなものです。

今日、オクルーザーの使用時に、研修医のO先生に頼んで、起動から終了までのプロセスを逐一写真にとってもらいました。これを使って、マニュアルの概略ができたところです。

これから皆に見てもらって、少しずつ修正し、完成したらラミネートシートにして、オクルーザーの側に置く予定です。 がんばります。

manual-occuluzer.jpg manual-occluzer2.jpg

この1週間の林歯科の研修生活は、土曜日と今日水曜日に来年度研修予定者の見学を受け入れ、先輩としての成長をしっかり見てもらえたのではないかと思います。

7月末の現在で、私が4月に考えていたカリキュラムの課題は少なくとも1回ずつ体験してきています。
ここからは、本人がそれぞれの到達目標を持って研修に取り組んでもらいたいと思い、どんな事ができる歯科医師になりたいのか、自分で具体的に考えてもらいました。その目標に向って、来年研修が終わるまでに何ができるようになりたいか、今はどのくらいできているのか、その間を埋めるために毎月どんな目標をクリアすればいいのか。
この1週間で書いてきてもらいました。

これは、コピーを提出してもらい、毎週状態をチェックしていくつもりです。

DSC03967.jpgもう一つ、今週の課題として、この本を二人に読んでもらいました。

この「さあ、才能に目覚めよう」という本は、人にはそれぞれ特質=才能があり、それはよくも悪くも変わらない。その才能のよいところをのばして、自分の強みにして仕事をしていこうと言うものです。1冊に1個ずつ、パスワードがついてきて、インターネットで自己分析ができるシステムです。



今日は、この本を3章まで読んでもらい、自己分析をプリントするところまで行い、見せてもらいました。


DSC04166.jpg

今日は、診療後の勉強会の日です。
矯正の勉強の前に、院長と金城先生に、それぞれの目標の表と、自己分析について聞いてもらいました。

二人とも、医療人として素晴らしい性格を持っているのがわかりましたので、そこを伸ばしていってほしいと思いました。



DSC04165.jpg
矯正の勉強会では、院長が二人のタイポドントを見ながら、これまでの経過、これから必要な治療内容について説明し、それに付随して矯正に必要な様々な知識や技術の説明を行いました。






二人のタイポドントは今、こんな感じです。

O先生
o1.jpg 080723kyousei9.jpg DSC04130.jpg
O先生スタート→7/23噛み合わせが深くなり→7/30だいぶ復活しました。


W先生
w1.jpgのサムネール画像 080723kyousei10.jpg DSC04122.jpg
W先生スタート→7/23噛み合わせが開いてしまいました→7/30しっかり前歯が咬んでいます。

二人とも、随分進んできました。
「早くこの症例を終わらせて、もう一症例やってみたい!」と頼もしい事を言ってくれています!

院長が「二人が矯正の勉強を『面白い!』と言ってくれるのがうれしいね」と言っています。
これからも充実した研修になるよう、工夫していきたいと思います。
今日は、朝から医療大6年生のYさんが見学にいらっしゃいました。

DSC04141.jpg
Yさんは、帯広の名門、帯広柏葉高校の出身で、今研修に来ているW先生、O先生の高校の後輩にあたります。帯広柏葉は中島みゆきさんや、ドリカム吉田美和さんの出身校としても有名ですね。
私たちがお世話になっている帯広の栂安先生、北野先生も
帯広柏葉のご出身です。




DSC04146.jpg
朝から、林歯科の研修について説明し、朝礼でご挨拶いただき、診療の見学をしてもらいました。
お昼は、研修医2名と私たちと一緒にとってもらい、いろいろ質問にお答えし、治療についても説明をいたしました。






DSC04160.jpg
午後からは、顎運動解析装置のナソヘキサと咬合圧測定のオクルーザーの操作を見学してもらい、ご自分でも被験者として体験してもらいました。検査結果は院長からご説明いたしました。






夏休みの貴重な一日、朝から夕方までしっかり見学をして、林歯科の臨床研修の内容、診療内容に付いてご理解をいただけたかと思います。
今の歯科医師国家試験は以前に比べると随分難しくなっているようです。夏休みの間も、しっかり受験勉強に励んで下さい。

===================

林歯科医院は、現在、来年度研修希望者の見学を受け付けております。
見学のお申し込みは、見学受入日カレンダーをご参照の上、こちらのメールフォームからお申し込み下さい。

今、私が取り組んでいるのは、噛み合わせのチェックをする「オクルーザー」という機械の使用方法のマニュアル化です。

occluzer.jpg

『咬んだときにどこに力がかかっているか』を分析するME機器です。

このようなコンピューターを利用した機器の操作にすぐ慣れてくれる人と、時間がかかる人がいます。

現在、診療室で使っているプリンターで、メモリーカードを使って矯正相談用資料をプリントするようになったとき、方法をマニュアルにしてそばに置くようにしたところ、初めての人でもすぐ一人で使えるようになりました。

今は、院長が噛み合わせのチェックをすると、測定用のシートを持って、使える人がオクルーザーにプリントに走っているのですが、いつも操作に慣れた人が手が空いているとは限りません。
いずれ、そのとき院長についている人がプリントに行く体制にするために、一目でわかるヴィジュアルなマニュアルを作ろうとはりきっています。

北海道予防歯科臨床懇話会が終わってあっという間に1週間。

080728.jpg

北海道予防歯科臨床懇話会2008総会1日目


今日は、参加した皆からレポートを提出してもらいました。


それぞれが、他の歯医者さんのスタッフの発表を一人に一つ担当してレポートしてもらい、それをこれから皆で閲覧して、コメントを入れてもらいます。
完成したものを、スタッフ全員が見られるように資料として保存しておく予定です。

今日、開催を担当したアップルのスタッフさんから、はがきが届きました。
今、講習会のDVDを作成中との事です。
楽しみに待っています。

このDVDと資料を、冬の勉強会で参加できなかった皆にも見てもらいます。

今回の懇話会では、イベントに取り組んだ歯科医院の報告が3つ、トリートメントコーディネーターのシステム導入の話が1つ。どちらもきっとこれからの林歯科にとっての目標になっていく事だと思います。皆でしっかり学びましょう。

旭川市林歯科医院は、数年前から道北勤医協「かたくりの郷」の夏の健康祭りに参加しています。
毎年口腔ケア班のスタッフが、様々な企画を考えてブースを出してくれます。

これまでのかたくりの郷・健康祭りの様子→クリック

DSC04062.jpgDSC04056.jpg


今年のブースは、口臭測定・重心動揺計・歯の検診、そしてデンタルグッズの販売です。


DSC04065.jpg

今日の旭川は、めったにないほど夏らしいいい天気!

皆、暑い中11:00に集合、11:30に出発し、1時間がかりで設営をし、13:00〜17:00ごろまで、イベントに参加してくれました。





なかでも、研修医2名が取り組んでくれた「入れ歯のお手入れ」の説明は大好評でした。



画像をクリックすると、再生されます。

(動画再生にはQTのプラグインが必要です。
こちらからどうぞ。→QuickTime7)



DSC04075.jpg
日曜診療の終了後、院長、金城先生、昨日から見学に見えている北海道医療大6年生の二人も参加しました。
昼食抜きなので、早速、健康祭りの屋台のカレーやソーセージ、焼き鳥も食べました。

今日は、本当は金城先生はお休みでしたが、患者さんの顎運動解析・ナソヘキサのためと、後輩の見学のために日曜出勤をしてくれました。ありがとう!



DSC04070.jpg   DSC04092.jpg

DSC04095.jpg
最後の抽選で、O先生が、見事麦茶ポットをゲットして、解散しました。








DSC04093.jpg

口腔ケア班の皆さん、日曜日の一日お疲れさまでした!





DSC04016.jpg

今日は、春休みにも見学にいらした金城先生の後輩が見学に来てくれました。もう一人大学の同級生と一緒です。







DSC04033.jpg旭川市・林歯科医院の土曜日の診療は、ほとんど矯正患者さんです。
今日は、矯正診療の見学をしていただきました。

平日の見学では、昼休みに、いろいろ質問を受けたり、林歯科の診療、臨床研修のシステムを説明したりするのですが、土曜日は昼休みが短いため時間が取れません。




DSC04040.jpg

そこで、診療終了後に皆で食事をしながら話す事にしました。







DSC04042.jpg

場所は、林歯科から近い「大阪屋・末広店」です。
院長、私、金城先生、研修医二名、研修医の友人で他の医院で研修中の方など含めて総勢9名。
たくさん食べて飲みました。
夕方6時。まだ外は明るい時間からビール。
幸せです。



DSC04055.jpg
お腹は一杯になりましたが、まだ話足りなかったので「タクラマカンの台所」へ移動してついさっきまで、飲みながら食べてきました。

予約せずに9名で行ったので、お店の人に少し迷惑をかけてしまいました。




DSC04052.jpg

虫歯の治療の事、研修の事、夏だから怖い話。
などなど、随分話しました。

すでに、少し二日酔いです...。ソルマック買って帰ってきました。




見学の方がくると、スタッフの皆にはいろいろ気遣いをしてもらっています。
いつもありがとう!




いい天気です。写真は家の窓から。

CIMG1847.jpg

今日は、来年度の研修予定者の見学の予定が入っています。
土曜日の予約はほとんどが矯正患者さんなので、通常は研修予定者見学は行っていないのですが、春休みに一度見学されて、矯正治療も見たいとの希望があり、お受けしました。

昼休みが短いので、診療終了後にお話ししようと思っています。

今日は、咳がつづくので呼吸器科へ。
あと、いろいろ予定があります。
今週分のカルテチェックに医院にも行かないと。

では、行ってきます!


こちらも一ヶ月お休みした今月の金城先生。




(動画再生にはQTのプラグインが必要です。
こちらからどうぞ。→QuickTime7)

今月は、研修医と一緒にブタの下顎を使った歯周外科の実習や


DSC03971.jpg

矯正の勉強会に参加したり、








DSC03807.jpg


その合間に突然バーベキューをしたり。







DSC03812.jpg
もちろん診療に往診に活躍し、
さらに、研修医の模型実習の指導もしています。








その他にも、日曜の休みに札幌まで近藤悦子先生(マッスルウィン)の講習会を聞きにいったりして忙しい一ヶ月間でした。

明日は、後輩のS先生が、林歯科の矯正診療を見学にみえ、
明後日は、研修医のイベントの手伝いをし、
後輩思いな金城先生です。

医療大の研修施設の説明会に行っても、後輩がみんな金城先生のことを知っているようでした。人気者ですね。
一ヶ月お休みしていた今月の米田先生。

筒井塾咬合療法セミナーに3ヶ月続けて通い、今月で無事講義が終了しました。
来月、8/10は実習の予定です。

DSC03986.jpg


で、こうして、研修医と並んで技工室で何やら作っています。






DSC03988.jpg


なんでしょう?







DSC03989.jpg


これです。
(講習会のテキストから引用)






実習では、自分の模型で作った装置を使います。
そのための準備中です。

5.6.7と3ヶ月講義、8月に実習。
これは、以前院長が受けたのと同じコースです。
さらに、今週の日曜日は咬合療法北海道支部の勉強会。
11月にまた筒井照子先生が来札されるので、皆と一緒に話を聞く予定です。
咬合療法三昧の一年になりそうです。

しっかり身につけて下さい!
tutuijyuku-kougou-hp.png
↑クリックでポップアップ拡大します
筒井塾咬合療法研究会 北海道支部活動報告

咬合療法研究会の案内のメールに、11月2日の例会の講師に「筒井照子先生」と書いてあることを発見しました。

北海道支部会『包括歯科臨床(仮)』
日時:2008.11.2 10:00〜17:00
講師:筒井照子
場所:株式会社ヨシダ 札幌市北16条西3丁目
(人数によっては変更の恐れもあります。)


どうしよう。
皆、行きたい!

院長と相談して、11/2は休診することにしました。
患者さんにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦下さい。

院長、私、勤務医、研修医の全員で参加し、より充実した臨床体系を作っていきたいと思います。

スタッフから、「キッズクラブの会員証をプリントして下さい。」と言われて、
そろそろ新しいバージョンにしよう、そうだ、夏だし、「海の日記念バージョン」にしよう!と思い立ちました。

早速、作ってプリントしようとして、もう一度確認したら、会員番号を10飛ばしてしまったので、10枚急いでほしいとのことでした。ちょっとがっかり。

kidsclub-sea.jpg

とりあえず、10枚、海の日バージョンを渡しました。
10枚限定の海の日カード、貴重ですよ!?

在庫が無くなる頃にはそろそろ寒くなっているかも。
次は雪祭りバージョンを考えておこうかな。

今日は、診療終了後、いろいろ経理のお仕事をして、今終わったところです。

医院の2階から引っ越したときは、家には仕事を持って帰らないつもりでしたが、なかなか難しいです。
法人としては、5月が決算で7月が申告なのですが、遅くなって会計事務所の人に迷惑をかけてしまいました。

明日の給与明細の袋入れもなんとか9時半頃に終わりました。

ほっと一息です。
今日は、というかもう「昨日は」ですが、水曜夜の矯正勉強会、今年度の4回目です。

今日のテーマは、研修医2名のタイポドントの講評と、金城先生の日曜日の近藤悦子先生の講習会の報告です。


080723kyousei3.jpg 080723kyousei2.jpg
22:00診療終了後、院長と金城先生は食事を、それを待ちながら、研修医二人は、なにやら作業中です。この詳細はまた後日ご報告いたします。

さて、二人のタイポドントの様子ですが...
o1.jpg080723kyousei9.jpg
O先生  噛み合わせが深くなり、出っ歯になってしまっています。


w1.jpg080723kyousei10.jpg
W先生 なんとオープンバイト開咬に!

二人のタイポドント実習の経過をプリントアウトし、院長が見られるように準備し、22:30頃から勉強会を開始。
経過に沿って寸評と注意点、なぜ思ったように動かなかったかの考察を聞かせてもらいました。
最後にそれぞれの次のステップについての指示をもらい、明日からまた続きを行います。
来週の水曜日、また、同じようにタイポドントの勉強をする予定です。

金城先生からは、日曜日に札幌で受講してきた講習会について、近藤悦子先生の本を見ながら説明を受けました。院長からも、いろいろ説明してもらいました。

話は尽きないのですが、0:00になったので勉強会を切り上げました。
続きはまた来週。

CD2枚の口腔周囲の解剖のソフトが届きました。

咀嚼筋の動き、神経支配などを見ることができるすぐれもの。

わかば出版の製品で、シエン社で販売されていました。

ピクチャ 26.png
画像は、マックで見ているところ。(クリックするとポップアップ拡大します)

マックの対応はOS9なので、ちょっと動きが重い感じがしましたが、一応このコンピューターでも見ることができました。WINDOWSにも対応しているハイブリッド。だけど、、2000年の製品だけど、XP対応なのでしょうか?後で確かめないと。

これを使ってこれから筋肉の勉強をします。


会場の一文字によると第11回目の懇話会。

今回の講師は、 スーパースマイル国際矯正歯科の三人のスタッフの方、二人はトリートメントコーディネーター、一人が衛生士さんでした。

DSC03929.jpg

有名な「7つの習慣」に基づいて、歯科医院の中で自分がどのように主体的に働き、皆とチームを作り、目的を達成し、患者さんに喜ばれるようになるか。

歯科医院に勤めるものに必要な10の資質、クリニックの中の臨床の場面での7つの習慣、Officeマネージメントのための7つの習慣。三つのテーマについて、朝9時から、夕方4時まで、ゲームなども途中に入れながら、楽しい講習が続きました。

DSC03931.jpg

受講中の林歯科のスタッフ

まず、周りに不平を言うのではなく、自分ができることを主体的に行うこと。
相手の欠点を見るのではなく、良いところを見つけ、それが生かせるように働きかけること。

帰りのバスを待つとき、「スーパースマイル矯正歯科がやっているようなメイクレッスンとか、受けてみたい?」と聞いてみたら、「先生、その前に、たーーくさんやらないといけないことがあります!」と言ってくれました。
たくさんのやることを、しっかりやっていきましょう!

DSC03930.jpg

今年の参加者の記念写真です。


来年は、道東、海と草原の町、別海町のウェル歯科さんが世話人となって、道東で行われます。

DSC03934.jpg

スマイルクイズの商品をゲットしたウェル歯科の皆さん


林歯科では、もう、課題を考え、今回受講したメンバーを核にして1年間、取り組んでいこうと思っています。充実した一年間になりそうです。

今年の第11会予防歯科臨床懇話会は、登別温泉万世閣が会場でした。

セミナー後の懇親会は、温泉の宴会場で、
DSC03928.jpg
「はっぴでハッピー」

をテーマに、行われました。開催世話人のアップル小児矯正歯科(苫小牧市)のスタッフの皆さんが、おそろいの法被を着て、懇親会のセットアップを行ってくれました。
テーブルにはスタッフの方のメッセージカードが置かれていました。


DSC03925.jpg DSC03910.jpg
各テーブルに、二人ほど、スタッフの方が付いて、飲み物の手配などのお世話もしてくださいました。林歯科の研修医の先生がたと、アップルのスタッフの方の記念写真もとってきました。

DSC03904.jpg DSC03906.jpg DSC03903.jpg
発表も終わってスタッフもリラックスしておいしい食事をたくさんいただきました。
○×ゲームの余興で、なんと3位になって、アップルの香りの入浴剤をいただきました。

DSC03919.jpg
さらに、林歯科のスタッフHさんが、サプライズプレゼントの今日のハッピーさんに選ばれ、すてきな商品をいただくと言ううれしいびっくりも用意されていました。
アップルにちなんだ赤い色のバッグ、かばん、洋服、ペンダントなどを身につけていた方を選んでくれたのです。

あたたかな心遣いに満たされた、楽しい懇親会でした。


旭川市・林歯科医院では、現在、来年度の臨床研修医の見学をお受けしています。
診療の都合上、院長の往診日、土日は十分な対応ができないため、以下のカレンダーを参照の上、メールまたは電話 0166-57-6655でお申し込み下さい。





研修申し込みメールフォームは →クリック
電話でのご連絡は 0166-57-6655( 林歯科受付)
までお願いします。

尚、見学の際は、朝9:30までに林歯科にいらしてください。
白衣・上靴・筆記具のご用意をお願いします。

今日は、北海道予防歯科臨床懇話会の初日です。

前日、同門会のために札幌に来ていた私は、旭川からやってきたメンバー6名と札幌駅のホームで予定通りに合流し、JRで登別に向かいました。お昼の時間がとれそうもないので、駅でお弁当、サンドイッチなどを用意しました。

一時間と少しで登別駅に到着し、皆でわいわいとホームに降りたとき、ハプニング発生!
なんと、まだ二人降りていないのに、ドアが閉まって発車してしまったのです。
あわてて閉まったドアにかけよって左右を見ましたが、車掌さんらしい人はこちらを見ていなくて、そのまま列車は走り去り、小さくなっていきました。

呆然と顔を見合わす残りのメンバー。
降りられなかったのは、発表のメンバーだったのです。

DSC03889.jpg
なす術も無くとぼとぼと改札に向かい、駅員さんに相談し、最寄りの駅からの折り返しの方法を教えてもらいました。

私と研修医のO先生が駅で待つことにし、残りの3名は先にバスで登別温泉の会場へ向かってもらい、スライドのデータが入ったUSBメモリーを持っていき、動作の確認をしてもらうことにしました。



O先生と二人、駅のベンチでサンドイッチを食べながら、札幌行き普通列車がつくのを待ちました。

DSC03890.jpg
その後、戻ってきた二人と駅前のバス停で、鬼をバックに記念撮影。

次のバスに乗って登別温泉の会場、ホテル万世閣へ。
開始の時間にも間に合って一安心。






DSC03891.jpg

発表の順番は3番目。
二人で作ったスライドを、Sさんが操作し、Uさんがナレーションをしました。
いろいろな質問を受け、無事終了。

写真は、ほっと一息、Vサインの二人です。




下の写真は、休憩時間の今日の会場の様子です。

konwakai080720.jpg今回の会員医院スタッフ発表は5演題。その後、明日の講演を行うスーパースマイル国際矯正歯科の賀来浩生先生から医院のご説明がありました。
東京で2つの矯正・小児歯科を開業されている先生です。
明日は、そのスタッフの方3名の講演です。


今日は、これから懇親会です。温泉と言うことで浴衣もオーケー。
泊まりですし、ゆっくりいろんな方とお話しできるのではないかと思います。
楽しみです。

私が大学を卒業して、3年間医員として勤めた北海道大学小児歯科学講座の同門会のため札幌へやってきました。

北大小児歯科学講座、という講座は実は今はありません。
口腔機能学講座  小児・障害者 歯科学教室 」という名称になっています。

080719.jpg

でも、今、googleで引いて調べましたが、どうしても覚えられません。

脳が拒絶しているのかも。


久しぶりに、懐かしい先輩、同期で医局に残った友人たち、在籍していた当時の後輩と会えて、楽しく話してきました。教授が八若先生に変わって、新しい大学院生も育っている様子です。残念ながら、若い先生方の名前がなかなか覚えられません。

その中に、現在旭川で勤務医をされている先生がいらして「blogを見ています」とおっしゃってくださいました。うれしいような恥ずかしいような。

去年の研修医のS先生、今年のW先生と同じサークルだった先生もいらして、いろいろお話しして来ました。

明日は、登別温泉で、北海道予防歯科臨床懇話会です。札幌駅で、旭川から来るスタッフのみんなに合流します。ちゃんと起きないと!

筋肉について学ぼう!」と決意した、旭川市林歯科医院です。

昨日から、注文した教材が次々と届いています。

まず、模型です。

DSC03877.jpg  DSC03878.jpg


次に、解剖のアトラス

DSC03883.jpg  DSC03882.jpg

間もなく、運動について学ぶための教材も届きます。
皆でしっかり学んでいこうと思っています。

林歯科が愛用しているシールとラベル屋さんHOMEのAONEさんの「プリント生活」スタッフ日記に、林歯科のことが掲載されました。

printseikatu.jpg

林歯科blog DenDenDiaryを見つけて担当の方がメールを下さり、今日から掲載されています。
うれしいです。

是非ご覧下さい!

今日のプリント生活7/18 です。

この1週間の研修生活は、林歯科の臨床研修・実習部分のメインイベント、歯周外科実習と矯正のタイポドントに入りました。

水曜までに、タイポドントの歯並びを完成させ、木曜午後はタイポドントに専念しました。
ワイヤーは
1)0175 レスポンドワイヤー
2)014roundナイチノールアーチドワイヤー
の2段階まで進んで、叢生がほどけてきたところです。
私が、ワイヤーエンドをシンチバックして止めてもらうのを伝え忘れたために、前歯が大きく前に開いてしまいました。残念&ごめんなさい。

o1.jpg o5.jpg
O先生 術前→現在


w1.jpg w5.jpg
W先生 術線→現在

今後、この矯正の実習と平行しても、来週から水曜の夜、模型を見ながらの勉強会を何回か行います。


さて、今週の水曜夜行う予定だった歯周外科実習第二回は、「"いきなりバーベキュー"」のため突如中止となり、昨晩行いました。

昨日のテーマは
・GTR手術     全層弁+減張切開
・有茎弁側方移動術 露出根面の被覆
・正ロール法    欠損部およびインプラント周囲軟組織の増大

参考書は、
イラストで見る筒井昌秀の臨床テクニック

参照→

yuukeibensokuhouidou2.jpg



本のイラストを見て、院長の説明を聞きながら、チェックを受けてステップを踏んでいきます。






DSC03866.jpg
DSC03865.jpg DSC03875.jpg
O先生の GTR 有茎弁側方移動術 正ロール法


DSC03872.jpg DSC03871.jpg
W先生のGTR 有茎弁側方移動術


DSC03862.jpg DSC03863.jpg
金城先生の GTR 歯肉移植術(パウチ法) 


充実した1週間だったと思います。


今日の午後は、二人の研修医は、縫合の特訓です。

豚の下顎には最後までがんばってもらいます。

水曜日の夜、11時近く、院長の一声でいきなり駐車場でバーベキューです。

こんな感じ。
DSC03807.jpg DSC03809.jpg DSC03810.jpgDSC03811.jpg


肉は、ブタの頬肉、いわゆるとんとろ? 
実習用に調達したブタの下顎に、すごくたくさんいい肉がついてきてしまって、お店のおじさんが「もったいないから食べなさい」というものですから。
食べれるようにさばくのに相当時間がかかりましたが、いいお味でした。さばいてくれたのは金城先生と研修医の二人です。

でも、いきなり肉をさばいて、炭を熾してバーベキューの準備はちょっと大変でしたね。

DSC03791.jpg



こんな大きな肉を





DSC03796.jpg

こんな風にさばきました。


折角の肉が余ったので、家に帰る途中でカレールーとタマネギ、人参を買って、夜の12時過ぎから、カレー作り開始。仕込み終わって寝るときにはもう二時でした。寝る前に2時間タイマーかけて煮込んで、朝方チェック。ちょっと固いかなと思った肉もとろとろになりました。


そして、今日は歯周外科の実習前に皆でカレーパーティー。

結構美味しくできました。
DSC03856.jpgDSC03857.jpgDSC03858.jpg

さあ、これからまた歯周外科の実習です。その話はまたこんど。

今、筋肉がブーム! ?の旭川市林歯科医院です。

金・土と、タケウチ歯科クリニックの姫野さんにお会いした私たちは、『もっと筋肉について学ばなければ!』と決意しました。とりあえず、院長の提案で、解剖学のアトラス、顔の筋肉が分かる模型、顎の運動が分かるCDなどの教材を急ぎ取り寄せ中です。

アトラスは、院長が2,3月福岡で受けた講習会で勧められた本をアマゾンで検索し、最新版より一個古い版をゲット。



解剖模型は、3年くらい前に頼んだメーカーがもう分からないかと思ったところ、受付のOさんがカタログをしまっていてくれたので、すぐ注文できました。GJ!

土曜日、姫野さんにお会いしたKさんが、「学校時代に顎の周りの筋肉や、顎の運動がわかるソフトを見せてもらって、わかりやすかった」というので、早速、旭川歯科学院の先生に問い合わせてもらい、「わかば出版の人体解剖学」というソフトであることを確認できました。
これは、歯科専門の書店であるシエン社のネット通販でGet!

インターネットのおかげで、田舎にいてもこんなに簡単に資料が集められる時代に感謝です。
これからの一年は、「筋肉について学ぼう!」をスローガンにがんばるつもりです。

旭川林歯科の今日のいい話は、バイクの中型免許を取ってバイクに乗り始めて幸せな話、友達が治療中の歯科医院の話、それから、予防歯科懇話会の準備でくたくたの話でした。

さて、よその歯科医院の話は、やっぱり興味津々です。

スタッフSさんのお友達が治療中の歯科医院では、先生が診療時間中に携帯電話でお話ししていて、患者さんが終わるのを待っているそうです。
皆、驚きのあまり思わずざわつきました。びっくり。

お友達が治療後の歯がしみるので相談したところ、「大丈夫大丈夫、気にし過ぎじゃない?」と流されてしまって、歯石をとって終わったそうです。
聞いていたスタッフは、『たぶん、大きな虫歯で神経が生きている状態で、詰め終わってもしばらくはしみるのではないか?』と思ったのですが、

お友達は

「どんなにすごい知識がたくさんあっても
伝えられなかったらだめなんだよ!」


と怒っていたとのこと。

私たちも、患者さんに理解してもらうような、きちんとした説明の力を持たなければと思いました。

先週の研修医の生活は、大忙しでした。

水曜日の歯周外科実習に向けて、前の週の土曜日にDVD学習、テキストに目を通し、ブタの下顎を用意し、そしていよいよ実習

翌日の午後も、歯周外科実習の復習を、二人で自習。
DSC03727.jpgDSC03731.jpg

それから、タイポドント実習の準備に入りました。まもなく実習開始です。

DSC03748.jpg

今日は、W先生は訪問診療での入れ歯作成、O先生は抜歯とその後の縫合、入れ歯の修理に取り組んでいます。


毎日、着実に新たな技術を身につけ進歩していると思います。



来週の日曜日の発表に向けて、準備が続いています。
担当のUさん、Sさんは、診療後も残って、パワーポイントの作成に余念がありません。先日は、診療終了後に戻ってきて、朝方までやっていたそうです。頭が下がります。

今日は、日曜診療終了後、メンテナンス班以外のメンバーにも残ってもらい、予演会を行いました。全く初めて発表内容に接する人に、感想を聞かせてもらうためです。発表者2名、院長と私、聞いてもらう人が7名、計11名の参加です。
動画再生にはQTのプラグインが必要です。

こちらからどうぞ。→QuickTime7





途中でも、内容確認を行ったため、発表時間はおよそ17分。おそらくもう少し短い時間での発表になるはずです。初めて聞いたスタッフからもいくつか質問があり、手直しをしました。

発表原稿を院長が預かり、もう一度手直しをしてもうすぐ完成です。
来週は、登別温泉です!がんばろう!!

7/12の土曜日の休日に、旭川市・林歯科の若手歯科衛生士2名が、砂書房の「口腔筋機能改善コンディショニング技法の基礎知識」の著者姫野かつよさんの、スポーツ歯学会での発表を拝見し、お話を伺うために、札幌まで出張してくれました。

sports-gakkai.jpg
↑姫野さんの展示ポスター  クリックでポップアップ拡大します



一人は、最近口腔ケアの仕事に取り組んでいるKさんです。
彼女は、このごろの人員配置の移動で、ケアから院内に戻ってもらおうかと考えたのですが、本人の「折角覚えた仕事を続けたい」との希望で、続けて週一回の口腔ケアに出かけています。
意欲のある姿勢に感動しました。

もう一人は、今年入ったHさんです。
Hさんは、林歯科が訪問診療に積極的に取り組んでいる事が、志望動機だった事もあり、訪問診療の介助にもがんばっています。


土曜日の朝、スポーツ歯学会の会場で、姫野さんに「いつか旭川に、林歯科スタッフの指導に来ていただきたい」とお願いしてきました。お忙しい方なのですが、「是非」とお答えいただく事ができました。ありがとうございます。

口腔機能の改善が必要とされる分野は、林歯科の診療分野だけでも、口腔ケア、矯正、顎関節症治療と多岐にわたります。これからの若手に、口腔筋機能改善コンディショニング技法のような新しい技術を身につけてもらい、ますます診療内容を充実させていきたいと思っています。

今日は、午前中にスポーツ歯学会の会場で姫野さん、竹内先生にご挨拶し、午後は北大の歯学部に出かけてきました。

13:00から研修委員会を行い、14:30から来年度の研修希望者への協力施設説明会に参加しました。
今回は、6名の方に、旭川市・林歯科医院と林歯科での臨床研修について説明を行いました。

写真は説明会の会場です。
DSC03745.jpg

臨床研修が開始して3年が経ちました。
今回の研修希望者の方は、ほとんどの方がこれまでの研修医から林歯科について話を聞き、興味を持っていらした方でした。

林歯科は大学のある札幌周辺からは離れており、短い期間とはいえ転居が必要となります。見学に来るのにも時間がかかります。研修を受け入れる事を決めたときには、きっと希望する人は少ないだろうと思っていましたが、研修を受けた先生方が「林歯科いいよ!」と言ってくれていると聞き、うれしい気持ちです。

説明会の最後に、旭川の歯科医院の息子さんがわざわざ挨拶にいらっしゃいました。
私がLD会でお世話になっている方の息子さんです。
礼儀正しい方で、感動しました。



どうしてもお会いしてお話を聞きたい方がいて、午後の診療を4時までにさせていただきました。
早くからご予約いただいていた方、スタッフの皆に申し訳ない事をしています。ごめんなさい。

4時から、雨の中高速を車で札幌へ。
中島公園の近くに取ったホテルに一度寄り、荷物を置いて、南区川沿のアパホテルに向いました。
お約束した方の宿泊先です。

6時半くらいの到着と聞いておりましたので、7時のお約束にしていました。
初めてお会いする方なので分かるかどうか心配していましたが、ホテルに着いたバスから展示用のポスターを巻いて降りていらした方がいたので、すぐ分かりました。

今年の春、院長が購入して、「林歯科にも是非取り入れたい!」と熱望している、
砂書房の「口腔筋機能改善コンディショニング技法の基礎知識」の著者
姫野かつよさんです。

本を読んで、メールをして、7月に札幌でスポーツ歯学会で発表される際にお会いいただける事になったのです。ホテルの近くの、友人に教えてもらったイタリアンレストランで、ゆっくり食事をしながら筋機能改善のためにどのような事をなさっているのか、技術を身につけるためにどのような勉強をされたのか、お話をうかがいました。

明日の学会発表は、ちょうど用事が重なって拝見する事ができないのですが、林歯科のスタッフ・若手歯科衛生士二名が、聞きに行ってくれることになっています。
林歯科で行っている、口腔ケアの機能回復、矯正治療での筋機能訓練、顎関節症の人の筋肉の緊張緩和などに、きっと必要になってくる技術であると思います。よくお話を聞いてきて下さいね。

姫野さん、今日はどうもありがとうございました。



7.11 金曜日の朝。

朝礼で、4週間続いた衛生士学校の3年生の林歯科での実習終了のお知らせがありました。
ちょっといい話のコーナーで、林歯科での経験を語ってもらい、チーフからの今週の「ありがたいお話」を一言。

いつも終了のときに話してくれるのですが、
『知識や技術はこれから学んでいく事ができる、まず最初に、人として大切な事を身につけてほしい。
患者さんが今何を感じているのかに心を寄せてほしい、気が付いてほしい。
やさしくしてあげられうようになってほしい。』
そんなお話です。

この話の意味が、よくわかるようになるのはいつ頃でしょうか?自分が後輩を持つ頃になってようやく分かるのかもしれませんね。

その後連絡事項で、お昼休みに院長の訪問診療があるとのこと。
昼休みに入ってすぐ、院長の依頼で、セブンイレブンにサンドイッチを買いにいってきました。

院長は、午前の診療終了前に準備に入り、大急ぎでチーフと一緒に出発しました。
お昼休みの終了までに戻って、少しでも何か食べられて、休みもとれるとといいのですが。

と思っていたら、今帰ってきました。

往診先の家から車を出したとき、ちょうど目の前を、以前林歯科で訪問診療・口腔ケアにがんばってくれていたSさんの車が通り過ぎ、2軒ほど先のお宅に入っていたとの事です。。今も、歯医者さんに通う事ができなくて困っている方のために毎日頑張っている様子です。
これからも、お互い頑張りましょうね。

今週も、木曜日12時から、口腔ケアのミーティングを行いました。

参加者は訪問診療統括事務のHさん、衛生士チーフのKさん、院長、口腔ケア班のスタッフ一同6名。全員で9名のミーティングです。ミーティングを毎週行うようになってから、着実に目標を持って仕事が行えるようになっている気がするというのが、院長の感想です。

今日は、現在林歯科のスタッフが行っている口腔ケアの風景をビデオに撮ってきてもらい、皆でその状態を確認しました。

現在、旭川市林歯科医院の口腔ケア班では、新たに口腔ケアを学びたい人のためのプログラムの作成を行っています。
講習の座学のテキスト(写真入り)の作成、動画での勉強などを整備し、施設、病院などで入所・入院者の口腔ケアを行う人のための講習を行う予定です。

新たな講習会の予定が決まりましたら、またblogでもご報告いたします。

また、今日のミーティングでは、道北勤医協「かたくりの郷」での健康夏祭りに関する話し合いも行われました。
林歯科医院では、毎年、この夏祭りで口腔ケアに関するお話をしています。

これまでの活動

DVC00007_M.jpg DVC00004_M.jpg

2006年の光景
2005年の光景

今年も、ケア班のスタッフと研修医の先生方が参加します。

口腔ケアの必要性について、「かたくりの郷」にお勤めの方、入所者の御家族の方、近隣にお住まいの方などにお話ししますので、ぜひいらしてください。





道北勤医協介護老人保健施設かたくりの郷

旭川市神楽3条4丁目 電話(0166)63−1165






今日から、今年の歯周外科の実習を開始しました。
研修医のW先生、O先生、勤務医の金城先生、水曜日は休日の米田先生も夜9:00に出てきてくれました。

今日は、まず、シンプルな縫合の方法のトレーニング、それからフラップをして縫合するところまで。約2時間の実習でした。二人とも二時間で飛躍的に上達したと思います。


二人の実習の写真です。

クリックで拡大します。

DSC03720.jpg
O先生の実習終了



DSC03721.jpg
W先生の実習終了


院長の提案で、明日の午後の臨床研修はお休みにして、歯周外科実習を自習してもらう事にしました。今日やった事を元に、自主トレをしてもらい、技術の向上を目指します。
来週は、もっと難しい技術の習得を目指します。

実習風景を動画でご覧頂けます。

動画再生にはQTのプラグインが必要です。
こちらからどうぞ。→QuickTime7


7/20(日)〜21(月)の予防歯科懇話会の発表準備が続いています。

今回の担当のSさん、Uさんは、ノートパソコンとデータと戦いながら、発表の準備に余念がありません。この前の日曜日には、二回目のミーティングを行い、進行状況の確認と、これから入れるデータについての打ち合わせをしました。
日曜の診療後に、たくさんのスタッフが残ってくれました。ありがとう。
あと、10日ほどになりましたが、最後の最後まで煮詰めていきましょう。

今日は、診療後、Sさんとこれまで撮った位相差顕微鏡のデータについての確認をしました。
データが揃っているか心配だったのですが、問題ありませんでした。

歯周病のメンテナンスをしている患者さんの口腔内の状態を顕微鏡で見たデータです。うちには立派なコンピュータにつなげる顕微鏡や、高価なソフトがないので、私が手間ひまかけて、デジタル化をしています。
院長に聞かれたとき「できるよ」と安請け合いしましたが、思ったより時間のかかる作業になってしまいました。
土曜日は午後から旭川歯科医師会主催の講習会に参加しました。
4月の健康保険の改訂で、施設基準のために受講が義務づけられた二つの講習です。
一つは、医療安全に関する講習、もう一つは訪問診療に関する講習です。

豊富な内容の資料が配布され、駆け足で講習が行われました。
終了後、修了証二枚を頂いてきました。
明日にでも写真をアップしたいと思います。

医療安全に関する施設基準は、ハード部分の条件が厳しく、現在の林歯科医院では取得できません。いつか大規模な改修をして、施設基準を満たす事を目指したいと思います。

訪問診療については、早速施設基準の手続きに入る予定です。
7月の第一週の研修生活は、ミーティング、あいファミリー歯科見学、ワイヤーベンディング、矯正の勉強会、DVD勉強会と盛りだくさんでした。おまけに早朝のイチゴ狩りも。

週末の期限までに二人とも、ワイヤーベンディングを終了させて提出しました。
その後、金城先生が補講をしてくれました。
来週からは、矯正の模型実習、タイポドントに入ります。がんばりましょう!

DSC03665.jpg
↑画像をクリックするとポップアップして拡大します
今日は、診療終了後、DVDの勉強会です。先月購入した歯周外科のオペのDVDを研修医に見てもらい、来週からの歯周外科実習の前に心の準備をしてもらうためです。


今日見たのはこのDVD、「筒井昌秀臨床DVD2歯周再生療法とその応用」です。

もちろん、初めての実習で、DVDのようにうまく行くわけはないのですが、このような治療を実際にしている人がいると言う事を知ってもらいたいと思います。
二人とも、とても面白かったと言っていました。

DSC03671.jpgDSC03670.jpg

金城先生も残って参加してくれました。
勉強会の後は、院長が、人に会う約束がありましたので、そのまま解散しました。

DVDはDr.ルームにおいて、何度でも見てもらえるようにしました。


旭川市・林歯科医院から、隣町比布町までは車で10分くらいでしょうか?もっとかかるかな。


DSC03656.jpg今朝は、朝、なんと7:30集合で、院長、私、金城先生、研修医のO先生の4名で、比布町までイチゴ狩りにいってきました。残念ながら、W先生は風邪気味のため、お休みです。

写真は、大きなイチゴを見つけた金城先生とO先生です。






DSC03651.jpgW先生のお土産に、イチゴをワンパック分ゲット。
これで200円におまけしてくれました。
ありがとう!

比布町はイチゴの産地で、毎年6月下旬から7月上旬まで、イチゴ農園のイチゴ狩りが行われます。今年は6月下旬からずっと忙しくて、今日、ようやく早朝時間が取れました。比布町の広報チラシによると、明日の日曜日で終了です。土日は、お客さんが多くて、昼過ぎにはイチゴがなくなって終了することが多いそうです。

DSC03658.jpg
随分前、スタッフが、「朝のほうがイチゴが冷たくておいしい!」と教えてくれてから、私たちは診療前の早朝イチゴ狩りに出かけることにしています。年に一回くらいですけど、スーパーに出荷されているイチゴとは、全く違う濃厚で瑞々しい味わいです。





DSC03660.jpg
これは、金城先生が発見した「おいしいイチゴの見つけ方」

ヘタの下に、この

←ヒビが入っているイチゴが甘くておいしい!
ということです。
お試し下さい!

当たっているかも!?



今日は、普通の金曜日。
DSC03664.jpg
朝、出勤して、まず、医院の玄関前の鉢植えのチェック。ビオラがさすがにシーズンを過ぎたので、今朝家から持ってきたサフィニアと取り替えます。枯れた花を切って、水やりの状態をチェック。

朝は、9:50くらいからミーティング。
まず、連絡事項のノートを確認し、受付からの予約状況の説明を受けます。昨日は、朝から3人も急患が待っていて、皆でどよめきました。今日は、まあ、普通でした。
それから、今日の「ちょっといい話」を3人分。今日は、「やけどにはオロナイン」「グッピーは一晩くらい食べなくても元気」あれ?もう一つはなんだったかな???
10:00診療開始です。

13:00〜昼休み。
昼休みは、往診ドクターミーティング。院長はおにぎりとお茶を持って参加。昼食をとりながら、1ヶ月に一度、担当の交代の引き継ぎ、治療方針の確認などを行います。詳しいお話はまた今度。

午後は2:30から診療開始。
このごろは、15:30くらいから、半分以上は矯正治療中の小中学生です。随分増えました。夕方は歯を削る音がほとんどしない診療室になりました。
今日の午後は、14:30から、思ったよりお時間のかかる患者さんがいらして、少し、後の患者さんの待ち時間が長くなってしまいました。

17:00。遅番のスタッフの出勤です。
「あれ、消毒上がってない!そんなに忙しかったの??」
そうです。忙しかったのよ。夜の分の機材の準備をしてもらいながら夜間診療に突入。

2008july_2.jpg今日から、4日間の有給から戻った二名が参加して、他のスタッフの通しが終わります。
皆、おつかれさま!皆でフォローしあって、できるだけしっかり有給を消化しましょう。
沖縄ダイビング旅行、楽しかったでしょうか?

夕方、そろそろ上がる時間に5歳と8歳の患者さんの予約が入っているのを発見。
うーん。いつもは院長に頼みますが、今日は私が診ました。林歯科の小児の予約の最終は17:00なんですけどね。

診療修了間近から、手の空いた歯科医師から、カルテのチェックに入ります。
診療が終わり、カルテのチェックをし、研修医のW先生のワイヤーベンディングのチェックを終わると、22:00でした。

結構忙しい毎日です。
以前の勤務医の先生が退職されてから、2年半くらい、院長はこんな生活を、土日も休まず続けています。この前の休みが、6月15日。次の休みが、7月21日です。
タフな51歳ですね。

今年の秋くらいには、週一日休みがとれるようにしたいと思います。
それには勤務医の先生方の成長が必要!
がんばりましょう。

木曜日は、院長の訪問診療の日。

6月から、午前の診療を少し早く上がって、訪問診療のスタッフミーティングを行っています。
お昼御飯を食べながらのランチョンミーティング。

ひと休みして、1:30から出発。
今日から、4月に入った新人スタッフのHさんが、一人でアシスタントについて来てくれる事になりました。院長、研修医の先生、Hさんの3人体制です。
Hさん一人で行ってもらう事を決めたチーフが、夕方帰ってきた院長に、一人でも大丈夫だったかどうか確認に来ていました。特に問題はなかったようです。

Hさんは、林歯科が訪問診療をしていることが志望動機だったのもあってか、訪問のアシスタントにもいきいきと取り組んでくれています。
今日は、矯正の勉強会、3回目です。

今日のテキストは、
DSC03641.jpg知っててほしい--歯科矯正治療の基本
東京歯科大学歯科矯正学教室 編/山口秀晴 監修

2007年06月15日
  A4 392頁
15,750円(税込)
わかば出版


DSC03642.jpg臨床矯正マニュアル--バイオプログレッシブテラピ- カラ-アトラス (Quintessence books) (-)

中島 榮一郎 (著)
出版社: クインテッセンス出版 (1984/01)





DSC03643.jpg歯科矯正学 バイオプログレッシブの臨床
根津 浩 永田賢司 著
1988年A4285頁
19,950円(税込)
ロッキーマウンテンモリタ



テキストを読んでよくわからなかったところを院長から説明を受けます。

DSC03636.jpg

こんな図を描いて説明します。

DSC03638.jpgDSC03640.jpgDSC03639.jpg







朝、8:00少しすぎ、医院についたのですが、約束していたW先生がまだ来ていません。少し待って不安になり宿舎に向かいましたが、車が無く、ちょうと入れ違いになっていました。

医院で落ち合い、持ち物を確認したところ上靴を持っていなかったので、取ってくるのをまって旭川市永山の「あいファミリー歯科」に向かいました。

先週のO先生に続いて、今週はW先生が見学させていただきます。
実は、あいファミリー歯科の水野先生はW先生のサークルの先輩にあたり、以前から面識があったようです。今年の春には、W先生の同期生が2名、研修に入る前に見学に訪れていたようです。

W先生も、あいファミリー歯科の中を紹介していただきました。
大きな掲示板に、いろいろな掲示物が貼られています。
DSC03619.jpg
O先生の見学レポートと、W先生の事前レポートをお渡しし、いつものように朝礼に出席して帰ってきました。
 DSC03628.jpg  DSC03625.jpg
いつも、朝礼では事務長をされている水野先生のお父様のお話をうかがいます。
お父様は以前学校の先生をされていた方で、いかにも「朝礼」らしいお話をなさいます。

今日は、朝のテレビでご覧になった「コピペ」のお話でした。
Copy and Pasteで、他の人の書いた物を切り貼りしたお手軽レポートの弊害で、小樽商大の教授がレポートを止めてディベートで評価をするようになったテレビのお話に続いて、そのような人に育たないためには、小さい頃からの生活習慣の積み重ね、例えば「靴をそろえて脱ぐ」といったことが大切ですとおっしゃいました。

なるほど、長い間、学校の先生をされてきただけあって、子供のときからの基本的な生活習慣の大切さについてのお話にも説得力がありました。


夜、夜間診療が終わる頃、見学を終えたW先生が報告を終えて顔を出してくれました。

DSC03630.jpg



数週間前の月曜日、週末に来院された方のカルテのチェックを行っていました。

その中に、随分遠くから来院された新患の患者さんがいらっしゃいました。

「どうしてだろう?」
その方がお住まいのところから林歯科のある旭川市までは、1時間以上かかるはずです。
「もしかして、たまたま休日で旭川に滞在中に、歯のトラブルがあったのだろうか?」

問診票を拝見すると、顎の痛みに長く悩まれていた方で、ホームページをご覧になっての来院でした。
きっと、顎の関節についてのトラブルに対応している歯科医院を探して、インターネットで検索し、林歯科のホームページにたどり着かれたのだと思います。

ピクチャ 18.png

林歯科にいらっしゃる患者さんの多くは、林歯科の近くにお住まいで、お知り合いの紹介で来院されます。遠くから来院されるのは、ごく限られた方です。

遠くから来院される方の多くは、自分の症状について悩み、その悩みを解決する情報を探して、林歯科のホームページを見つけて来院されているようです。インターネットがなければ、このような情報を、遠くにお住まいの方に見ていただくことはできなかったでしょう。

こうしてホームページを運営し、毎日のようにblogを書くことが、どなたかのお役に立つ情報であればと思います。


このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja