« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月31日

2008年度歯科医師臨床研修のスタート

3/27 第101回 歯科医師国家試験の合格発表が行われました。
午後2:00と厚生労働省のホームページに書いてあったように、2:00ぴったりに合格者の受験番号が掲示されました。
皆一度にアクセスしてみるのでしょうか。で、サイトがつながりにくくなったり。
私たちのときは、共同通信社かなにかまで皆でぞろぞろ聞きにいきました。名前で発表だったんですよねえ。
隔世の感がある、というのはきっとこういうときに使うのでしょう。しみじみ。

合格発表の詳細情報は、「歯医者の雑学」というサイトに詳しく載っていました。ここからリンクしている大学別合格者状況(DFS歯学教育スクール)を見ると、今回どの大学も現役合格100%には届いていません。難しいテストだったのでしょうか。


さて、史上最低合格率68.9%という難関をくぐり抜けた歯科医師の臨床研修が4月からスタートします。

今日は、北大からの研修医のW先生が、宿舎の確認と挨拶をかねてやってきました。
帯広の実家から札幌に戻る途中、わざわざ回り道をして旭川に寄ってくれたようです。

今年も、これまでの研修内容を吟味し、あらたに学んでほしい事をカリキュラムにいれ、予定を組み直しているところです。
もし、医療大から8ヶ月の研修者が来た場合にはその人と組んで、来ない場合は新しく常勤になった金城先生と相互研修をしながら、スタートと言う事になります。

一応、北大の5.5ヶ月パターン、医療大の8ヶ月パターン、新規採用の金城先生のパターンと、3種類の到達目標ー時期のカリキュラムを作っています。
春は、保険の改訂もあって忙しいのですが、やりがいのある仕事なのでがんばります。

2008年03月29日

2008年保険点数改訂の講習会

先週土曜日の午後は保団連、今日は歯科医師会の講習会。
保険診療報酬の点数が改訂された説明を聞きにいってきました。

大きく変わったのは、各疾患ごとの指導料が概ね一括化された事。そのために高くなったものもあれば、低くなったものもありました。

2年前の06改訂で大幅に変更されたもので復活していたものがちらほら。
この復活させ方が、なんというか、全く無くしておいて、復活させたけど前よりは低い。でも0から復活するとすごく増えたように錯覚させられてしまうという情けなさ。

今回、大笑いしたのが、前歯の仮の冠。
型を取ってからの間の仮の冠の点数は今まで設定がなかったのが、なんと

300円も!


すごいですね!
しかも、そのぶん、できあがった冠の医療費が300円よりは少ないけれど限りなく近く下げてあると言うわざとらしさ。何か、お役所らしいギャグなのでしょうか。

そうそう。
私が歯科医師になって、もうすぐ25年、この間で初めて乳歯の抜歯の点数が10点=100円あがりました。
120点の10点増で、8%強のアップ。この25年間で、消費税が導入され、3%から5%に上がりましたが、その間一度も上がらずに来たのに、今回はなんと8%も。
全体では、1%にも満たない増加ですから、大増加というべきなんでしょうね。

2008年03月28日

学生さんの見学

今日は、朝から医療大の今年6年生に進学する方の見学を受けました。
4月から勤務する金城先生の同郷の後輩で、高校も大学も同じとの事。
二人の母校は、今年の春の甲子園に出場していると言う事です。すごい!応援しないと。

若い人といろいろ話をするのは楽しい事です。国家試験の事、大学の生活、将来の抱負など聞かせてもらいました。
金城先生の話を聞いて、林歯科の研修カリキュラムに関心を持ってくれたとの事で、うれしく思いました。

DSC02769.jpg
午前中は金城先生と一緒に、午後からは一人で見学をされました。
林歯科の診療室の設備、診療内容、研修カリキュラムの詳細について説明を聞いてもらいました。

旭川市・林歯科医院は、研修希望の方、歯学部の学生さんの見学を随時お受けしています。
ご希望の方は、こちらからご連絡下さい。
→研修施設見学申し込み

2008年03月27日

2008年4月の林歯科医院はここが違う!

来月の、旭川市・林歯科医院の「ここが違う!」の原稿がほぼ完成しました。

話題は、
・4月のニューフェイス、 出会いと別れのお話
・噛み合わせの診断に用いている最新のME機器について
・院長インタビュー:歯科医師臨床研修施設としての抱負
です。

080327.gif
クリックして拡大してご覧下さい。

現在使用している咬合診断システムについては、またの機会に詳しくご説明したいと思います。

2008年03月24日

2007年度 臨床研修の終了

今年度の臨床研修もこれでおしまい。
木曜日にさよなら会をしたのに、金曜日の午前中の診療も出てきて、昼休みの皆に声をかけてT先生は帰っていきました。昨日の夜、たまっていた厚生労働省のホームページへの症例入力も終了しました。

そして、このDVDも完成。今年の後半の研修の写真をムービーにしたものです。
ぎりぎりセーフで、金曜日に札幌へ帰る先生に渡す事ができました。

080324.jpg

土曜、日曜の診療後、そして今朝の朝礼でみんなと一緒に見ました。
「先生、がんばってたよねー」「きっと一人で見て泣いてるよ〜」
そんな事を言っているうちに、涙目になっているスタッフもいました。

4ヶ月間の長くて短い研修生活、T先生はもちろん、フォローしてくれたスタッフの皆、いろいろ教えてくれた米田先生、よく頑張ってくれました。

来年度もいい研修になるよう、現在、カリキュラムを見直し中です。
こんどは、6ヶ月と8ヶ月なので、今までよりもたくさんの事が盛り込めるかと思います。
私も院長も、がんばります。

2008年03月23日

筒井塾咬合療法研究会・北海道支部例会

今日は、札幌市で筒井塾咬合療法研究会・北海道支部例会が開催されます。

今年の予定は

北海道支部の活動予定

* 3/23(日)10:00〜13:00 写真撮影と問診の取り方(ヨシダ北海道支店)
* 7/27(日)10:00〜17:00 MFT(1)スプリントの作成と調整法(ヨシダ北海道支店)
* 9/28(日)10:00〜13:00 ME機器の選択と診査診断(ヨシダ北海道支店)
* 11/2(日)9:00〜17:00 包括歯科臨床における咬合療法(ヨシダ北海道支店)

今回、3/23の「写真撮影と問診の取り方」には、4月から勤務医になる金城先生が一人で参加してくれます。
米田先生は札幌でご友人の結婚式に出席、院長は診療のため不参加です。

4月に皆で講習会の報告を聞くのが楽しみです。

2008年03月22日

「おしゃぶり訴訟」 和解に

「おしゃぶり訴訟」とは、
横浜の女児(2008年現在7歳)が3歳4ヶ月までドイツ製コンビ社販売のおしゃぶりを一日12〜15時間継続使用した結果、咬合・機能に不具合が生じたとして、女児と母親がコンビ社を相手どって行っていた訴訟です。

昨日判決が出て、mixiでは、親の使用のさせ方がおかしいと言う意見が大半であり、それには私も同意します。
しかし、使用状況がもっと短い人でも、期間が長くなれば歯並びに対する影響は出てきます。

判決についての記事を引用します。

読売新聞から
おしゃぶりの悪影響で提訴、母子とベビー用品メーカーが和解

 

歯のかみ合わせが悪くなったのは、おしゃぶりを長時間使用したためだとして、横浜市内の女児(7)と母親が、おしゃぶりを販売したベビー用品メーカー「コンビ」(東京都台東区)に治療費など約900万円の支払いを求めた訴訟は21日、東京地裁で和解が成立した。

 原告代理人によると、おしゃぶりが子どもの歯やあごに与える影響について、同社が専門家と連携して調査研究に努めることなどが和解条件に盛り込まれた。

 訴状などによると、女児は同社が販売したおしゃぶりを1日10時間以上、約3年8か月間使用。歯並びやかみ合わせが悪くなり、主治医から「おしゃぶりが原因」と指摘された。
(2008年3月21日22時12分 読売新聞)

スポニチアネックスから
「おしゃぶり」訴訟が和解

 おしゃぶりを長期間使い続け、かみ合わせが悪くなったなどとして、横浜市の7歳の女児と母親が製造物責任法などに基づき、販売元の大手ベビー用品会社コンビ(東京)に約900万円の損害賠償を求めた訴訟は21日、東京地裁(菅野雅之裁判長)で和解した。

 原告側代理人によると和解条項には「安全性の高い製品提供ができるよう、改良や適切な表示、情報提供の実現に向け真摯な努力の継続を確約する」ことなどが盛り込まれた。金銭の支払いも含まれたとみられる。

 訴状によると、おしゃぶりはドイツのメーカーが開発しコンビが輸入。女児は生後2カ月ごろから1歳まで1日約15時間使用。その後も3歳10カ月で歯科医に止められるまで就寝中に使い、かみ合わせの悪さやあごの変形、舌足らずの発音などの症状が残った。

 原告側は「訴訟も一つの契機となり、おしゃぶりの長期間使用が歯並びなどに悪影響を与えることが知られ、母子手帳にも記載された。コンビも注意喚起の表示をするようになり成果があった」としている。
[ 2008年03月21日 20:00 速報記事 ]


小児歯科学会での研究発表について
「おしゃぶりの歯並びへの影響」小児歯科学会誌から
に記載していますが、「2歳6か月の時点で、すでにおしゃぶりをやめている人は、余り歯ならびに影響が残っていないけれど、継続使用中の人は、全く使った事のない人に比べて『開咬』=『明らかに歯が咬まないかみ合わせ』に育っている。」という研究結果が出ています。

また、社団法人小児科医会のページにも、小児歯科学会のページにも、
「小児科と小児歯科の保健検討委員会」の見解として次のような記載があります

おしゃぶりについての考え方

平成17年1月12日
                        小児科と小児歯科の保健検討委員会

はじめに
 最近「おしゃぶりは舌や顎の発達を助けて鼻呼吸を促す」という宣伝文句やフォルダーを付けたファッション性が受けてか、乳幼児におしゃぶりを与えている親が多い。また乳児が泣いたときに泣き止ます手段としておしゃぶりを使用している母親をよく見かける。小児歯科医は指しゃぶりほどではないが、おしゃぶりを長期に使用すると乳歯の噛み合わせに悪影響を与えると考えている。子どもを育てる母親からみると便利な育児用品でもある。親子のふれあいが大切な乳幼児期に口を塞いでおいてよいのだろうかという疑問もある。


後略

全文はこちらのPDFで→
おしゃぶり、指しゃぶりの使用年齢と歯並びへの影響への調査データもあります。

小児歯科医療の現場でも、イオンのような大型スーパーでも、おしゃぶりを使用している3歳近い子供には出会います。私が気にしているからプライベートでも目につくのかもしれませんが。

患者さんのお母さんに「こういう影響があって、コンビが裁判をされているんですよ」と伝えると全くご存じない事も多いのです。

この裁判が契機となって、
・母子手帳におしゃぶりの歯並びに対する影響が明記された
・おしゃぶりの使用上の注意に、歯並びに対する影響が明記された

このことは評価していい事だと思います。

2008年03月21日

2008年3月の研修生活(3)送別会

今年度後期の臨床研修は、一昨日で終了しました。
昨日、祭日の夜で閑散とした旭川市の3・6街で、私たちと米田先生で、T先生を送る小さな送別会を行いました。

まずは、乾杯。
DSC02715.jpg

一度札幌に戻って大学の研修終了式に出席した後、就職先に移動する予定のT先生。
今日は、引っ越しの準備をすませて、午後はテレビで日本ハムの開幕戦を見ながら、極楽昼ビールを堪能したとの事。緊張の続いた研修生活を終えてほっとした表情です。

研修期間の様々な思い出を語り、これからの研修医にしてあげてほしいと思った事を教えてもらい、楽しい時間はあっという間にすぎました。

DSC02720.jpg

二軒目は、院長のごひいきフォークジャンボリーに移動して、マスターのライブです。
若い人を送る歌をという難しいリクエストに頭をひねりながら、いろんな歌を歌ってくれました。


今日は、T先生のお引っ越しの日。
明日からきっと寂しくなりますね。

2008年03月20日

旭川・林歯科の3月20日の休診のご案内

いつも、旭川市林歯科医院にご来院いただきありがとうございます。

誠に申し訳ない事ですが、本日3/20はお休みいたしております。

旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。


  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター年末年始救急診療のお知らせ>

  診療内容は応急処置のみになります。

  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば

  御持参ください。

   旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)

   TEL 0166(22)2290

   診療期間 平成19年12月29日(土)~平成20年1月3日(木)

   受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、

北海道救急医療・広域災害情報システム
のサイトが参考になると思います。


2008年03月19日

臨床研修の見学

月曜日、ホームページからのメールで医院見学の申し込みがあり(→参照)、二日後の今日、水曜日、今年の新卒の方に見学に来ていただきました。大急ぎでした。
臨床研修施設としての見学なので、2007年度後期の研修医のT先生の最後の日に間に合わせるためです。

今日は朝の朝礼に参加していただき、午前午後の診療を見学。昼休みには食事をしながらいろいろお話をしました。
林歯科の診療の内容、研修のシステム、研修中の生活についてだいたい分かっていただけたのではないかと思います。医院の施設、Dr.控え室、宿泊施設も見てもらいました。
研修医の先生と直接話していただくこともできました。

見学は随時お受けしていますので、こちらからお申し込み下さい。
→研修施設見学申し込み

2008年03月18日

沖縄土産紅いもタルト

先週、有休を使って沖縄旅行をしてきたスタッフが、お土産にくれました。

080318.jpg

美味しいです。紅芋タルト。

今月は、3月末できれてしまう有給の消化のため、皆、いれかわり立ち代わりお休みしています。
お休みの間は、誰かが長い時間勤務してカバーしてくれています。
スタッフの人数が増え、実力がついたからできるようになった事だと思います。

今回沖縄に行ってきたのは受付のチーフですが、若いスタッフが実力をつけてくれたので安心して休めるようになったようです。

来月は、新人として新卒の衛生士さんと研修を終えたばかりの歯科医が、林歯科のスタッフに加わります。
また、実力をつけて頑張ってほしいと思います。

2008年03月17日

研修の附属施設紹介

今日は、二人の方から、林歯科の臨床研修について、見学したいとの連絡がありました。
一人は、今回の国家試験を受験された方、もう一人は、来年度6年生との事です。もう、卒後研修の見学を開始しているとは、しっかりしていると感心しました。

今日は、旭川市林歯科の研修について、宿泊施設とDr.控え室の紹介をしようとおもいます。

林歯科の駐車場の片隅にある、この謎の建物が、DrRoomです。
DSC02670.jpg
(が、スタッフの皆はひそかに「コヤ」と読んでいるようです。)

中は、二部屋に別れて、一つが食事などができるスペース、もう一つが個別の勉強机を並べています。
DSC02671.jpgDSC02672.jpg
こんな感じです。

宿泊施設は、別会社になっている技工所の二階です。
DSC02657.jpg
古い住宅を購入、改築したものなので、質素な生活です。
今は、一人で二階の二部屋を使ってもらっています。
一階の技工所のフロアにバス、トイレ、簡単なキッチン、洗濯機があります。一応部屋にエアコンと古いテレビが置いてあります。

こちらの施設を使用する場合は、一切住居、光熱費はかかりません。
ただし、繰り返しますが、大変質素な生活空間です。

もし二人来たら、できれば一部屋ずつ使用してほしいところですが、去年は、男女一人ずつだったので一人はレオパレスに光熱費自己負担で住んでもらいました。

来年度は、まだ確定ではないのですが、まもなく国家試験の結果が発表されます。
こんな環境ですが「林歯科で頑張って研修して、臨床医としての力をつけたい!」という方をお待ちしています。

2008年03月16日

2008年3月の研修生活(2)インプラント実習

2008年後半の研修も残り1週間。
今日の課題は、ブタ下顎を用いたインプラント植立。

今日の日曜診療は、院長,米田先生、研修医のT先生の3名で行いました。
すっかり臨床経験を詰んで、今や林歯科の大切な戦力と言っていいでしょう。こうなった頃、皆、帰っていくのですが。

診療後、まずは腹ごしらえ。
近くで美味しいと評判の回るお寿司屋さん、「ちょいす」へ出かけました。
DSC02628.jpg


それから、医院に戻って、マンツーマンでトレーニング開始です。
DSC02630.jpgDSC02631.jpgDSC02632.jpgDSC02634.jpg

フラップをしてから終了まで、2時間。
二人ともお疲れさまでした。

すっきりつかうoffice2008

私はもう10年以上、Macユーザーです。
仕事場ではwindowsも使いますし、自分用のノートにmicrosoft officeは入れてはいます。

が、どっか嫌い。

例えば、今回、新しいMacBook Proを買って、office2008をインストールしたら、、、
勝手にWord,Execel, Powerpoint, Entourage ,Messenger ,Project GalleryのアイコンがDockに。
続けていれたAdobeのソフトはそんなことしないよ…

正直、こういうところが、「う ざ い」。

今日、「Project Gallery」残しておいたらいい!という意見を見て
すぐ、これだけ残して削除しました。

すっきりっっ!!!

2008年03月15日

こんなものがあるなんて:脳内blogメーカー

2008年03月15日



新しい手帳を買いました。

みなさん、どうですか?

でも、微妙にパンク?

という気が、しないでもないですが。。

とりあえず仕事の能率が上がればそれでいいかな、と。

ではまた〜

goo×うそこメーカー

2008年03月13日

いつもあるとは限らない

今日は、たまたま、大人の歯の数がそろっていないお子さんが二人続けて来院されました。

一人は以前から通院中で前から分かっていた方。
もう一人は永久歯の生える位置がずれて乳歯が抜けずに来院され、
歯の数を確認するためにレントゲンをとったら永久歯が1本足りなかった方です。

いみじくもお母様が
「そういう人がいると聞いた事はあるけれど、うちの子がそうとは思っても見なかった」
とおっしゃいましたが、誰もが乳歯はちゃんと生え変わるものと考えています。

けれど、普通の方が思っているより、永久歯の数が少ない方、多い方はたくさんいらっしゃいます。
本人も気づかずに大人になって、すこし隙間のある歯並びになっていたり、乳歯がずーっと残っていたり、
そういう事もあるものなのです。


永久歯がないときどうするべきか?悩むところです。

 他の歯の生え変わりのとき一緒に抜けて、そのままスペースが閉じてしまい、
 ちょっとバランスがわるいけどそのまま。
 年齢が高くなってから抜けてしまい、隙間をブリッジやインプラントで補う。
 早くに乳歯を抜いて、矯正して閉じてしまう。
 とりあえず、何もせずに、持つところまで持たせる。

1本、2本であればいろいろ方法は考えられますが、多数の歯がない事もあります。
どこまで持つかわからなくても、「せめて乳歯が残っていてくれたら」と思った事もあります。

「どうせ抜けるから」と思わずに乳歯も大切にしてください。

2008年03月12日

今日のいい話08.03.12

旭川・林歯科の朝礼で、皆が話してくれるちょっといい話から、今日は、患者さんにいただいたプレゼントのお話。

その方は、もうずーっと前から、何かあると林歯科に来院して下さる方です。
今も、定期的に歯石のチェック、清掃に来院されます。

担当の歯科衛生士は、その方の趣味が絵を描く事と聞いていたそうですが、
先日、なんと、
「絵画」
をプレゼントされてしまいました!

それは、美しい風景画だったそうです。
実際に見たダム湖の光景をイメージして描かれたものとのことでした。

趣味とおっしゃっていましたが、札幌で個展を開いたり、絵を販売されたりなさっているそうで、単なる趣味の域を出たものだったのです。

頂いた絵は、まず、スタッフの上川のご両親に見てもらってから、本人の部屋に飾る予定だそうです。
私たちもうれしくなりました。

2008年3月の研修生活

今月の研修の課題は、引き続きタイポドントと歯周外科。
歯周外科は一回目が終わり、もう一回はインプラントの体験をしてもらいたいと思っています。
タイポドントは現在この状態。

DSC02621.jpgDSC02622.jpg

道はまだまだ。で、研修終了まで、あと10日。間に合うか!?
頑張れ、T先生!!

2008年03月10日

春休みイベント開始

今日から、旭川市・林歯科医院では春休みイベントを始めました。
朝の朝礼で発案して相談、お昼休みにプレゼントを買ってきて、いきなり午後から開始です。
午前中に検診に来たお子さんには「ごめんなさい!」

春休み限定プレゼント開始!

スタッフ手作りのポスターを、

キッズコーナー

林歯科待合室のキッズコーナーに貼って

これです!

プレゼント

2008年03月09日

土曜日は札幌へ

土曜日、昼前に家を出てJRの旭川駅へ向かいました。
旭川駅は、パークアンドトレインというシステムで駅前の指定駐車場にとめてJRの特急に乗ると駐車料金が安くなります。指定席を使うと一泊の使用で600円。お得です。

さて、まず出かけたのは、イラストレーターというソフトの体験レッスン…のはずだったのですが、スクールのシステムの説明がほとんどで、ソフトはほとんどさわれませんでした。残念。
受講者を集めるためのカウンセリングのようなものだったのですね。

コースで学ぶと内容は充実していますが、なかなかのお値段。転職の予定もないし雇用保険に入っていないから補助もないし、うーん、考えてしまいます。今までのように本を読んで独学にしようかなあ。

次は4時から6時まで、保険医会の主催の講習会に参加しました。
小児歯科の臨床に関する「大学では教えない話」をということで、結構楽しく聞いてきました。
基本に戻り、いろいろ診療内容を再チェックしてみようと思います。

夜は久しぶりに実家に帰って母と娘と三人で夕ご飯をいただき、本を読んでごろごろ。
幸せなお休みの一日でした。

2008年03月07日

今年の慰安旅行は!

なんとニューカレドニア!!
しかも、たまたま見たフリーペーパー:ライナーの広告を見て決定。

ちなみに去年は韓国!

080307.jpg
炎上する前の、輝く南大門です。クリックしてご覧下さい


さて,話がそれましたが、その日、郵便受けに入っていたフリーペーパーを読んでいた
院長が、「あれ?これ安いよ?いいんじゃない?」と言って、皆に希望をとったところ
いきなり希望者12名。

+私の13人で、二班で行く事を決定してしまいました。
広告を見てから10日たらずで決定です。

いいのかな??

不参加者には再度プランをねって、いつもの秋の時期に何かイベントを行いたいと思っています。

しかし、安い事には理由がありそうな「阪急トラピックス」。
いつもの旅行社にはおまかせだったいろんな事を、自分でやらないといけない様子。

宅急便でどどーんと届いた資料を13人分仕分けして配って記入の方法の確認するだけで
一苦労でした。

皆は青い海、青い空の写真にうっとり。ダイビング好きはネットで調べて既に手配中のようです。
私も楽しんでこようと思います。

ナゼダス調査隊〜追い込まれた歯科医

友達に、こんな動画を教えてもらいました。
YouTubeに掲載されている歯科医院の現状です。


ナゼダス調査隊 ~追い込まれた歯科医~#1


ナゼダス調査隊 ~追い込まれた歯科医~#2

厳しいですね。
家でもう一回見てみようと思います。

2008年03月06日

院長 福岡から帰る

2008年、1月、2月の福岡でのニューロマスキュラー講習会での院長の写真が、講師の池田正人先生の池田歯科医院の「池田歯科blog」に掲載されていました。

池田先生のご快諾を得て、林歯科のblogにも掲載させていただきます。

中央で、座っているのが院長、オーソシスの調整をしてもらっているところです。
周囲で参加者の先生方が、ビデオ撮影を行っていますね。
seminer1



先日は、熊本の高松尚史先生(浜坂歯科)から
080306-2.jpg

この本をご送付いただきました。
「ニューロマスキュラーコンセプトの基礎と臨床」
もっと勉強したいと思っていましたが、旭川市では入手できない貴重な書籍で、大変ありがたい事です。

池田先生、高松先生ありがとうございました。

ゴールデンルーラー

ゴールデンルーラーを購入しました。
080306.jpg
これこれ。

え?何?

ゴールデンルーラーは、黄金比を測るための道具です。
黄金比@wikipedia

何に使うかと言うと、審美的な歯科治療のために、比率を測るんですね。
先日のニューロマスキュラーの講習会で、教えていただきました。

ゴールデンルーラーについては→東京歯科産業・ゴールデンルーラーをご参照下さい。

2008年03月05日

大学院進学おめでとう!

2007年度の前半、林歯科で研修された北大の研修医S先生が、北大の大学院に進まれる事がわかりました。

日曜日、研修施設の説明会で来年度の研修医の先生方とお会いし、ふと思い立って、前半の研修医の二人にメールを出してみました。
すると、S先生からのお返事で、自分のなりたい歯科医師としての道が見つかった、大学院へ行きますというお返事が返ってきました。

研修に来ていた頃、先生はこのまま臨床の場に出るのか、大学院に進むのか悩んでいたようでした。
私たちは、自分がどんな歯科医師になりたいか、よく考えてご覧と言っていたものです。

歯科医師としての最初の半年を過ごした林歯科医院で「治療の手段は補綴のみではなく多様な可能性があることを学んだ」と言ってくれたのが、とてもうれしい事でした。今朝の朝礼でみんなに伝えたいと思います。

200803030703000.jpg
写真は朝の北大構内です。(08.3.3京王プラザより撮影)

2008年03月04日

新車だ!

米田先生が、旭川市林歯科医院にやってきて、最初の冬が終わろうとしています。

雪が降り始めた頃、先生の愛車が寒冷地仕様ではないことが分かりました。
学生時代のお友達が、都会ではディーゼル規制にひっかかってしまうので、
持って帰られなかったサーフです。

札幌と旭川の冬の違い。
それはズバリ朝の気温です。
夏には問題なかった車のエンジンがかからない朝がやってきました。

そして、私が札幌に出かけた、ある日曜日の午後。
車好きの院長につれられて、あちこちのディーラーを回っていた先生は
運命の車に出会ってしまいました。

080304.jpg
これです。生まれて初めての新車。
7人乗りのオデッセイ。(一人暮らしなのに…。うちは、最大5人乗りなのに…)
きっと夏には京都のご家族が乗りにきてくれる事でしょう。

お友達に譲ってもらった車を手離してしまったのが、心残りのようですが、
サーフは人気車種です。
どこか暖かい土地で、次のオーナーとドライブを楽しんでいてくれることでしょう。

ホワイトニングコーディネーター認定

12月にスタッフ2名が受講・受験したホワイトニングコーディネーター。ようやく認定証と
DSC02609.jpg

このかわいいバッジが
JAED.gif

届きました。

ホワイトニングコーディネーターになった2名が、旭川・林歯科のホワイトニングをリードし、患者さんたちのご相談にお応えしています。

ホワイトニングについて知りたい!
と思ったら、林歯科のホワイトニングコーディネーターにご相談下さい。


2008年03月03日

2008年3月の研修生活(1)歯周外科実習

旭川市・林歯科医院の3月の歯科医師臨床研修のテーマは矯正と歯周外科です。
2月に開始したタイポドントを終了までに仕上げる事と歯周外科は豚の下顎を使って縫合のトレーニングを行います。

昨日の日曜日、診療が終わってから、米田先生と研修医のT先生の二人で実習を行いました。
写真は、二人の研修風景です。

DSC02598.jpgDSC02599.jpgDSC02600.jpg
うーん、肩に力が入っていますね!

課題は、フラップオペ、GTR、歯肉弁移動術。写真はフラップです。
DSC02605.jpg

院長は?
撮影中です。

2008年03月02日

医療大の研修委員会そして施設の説明会

今日は、北海道医療大学の研修委員会。朝の10時からの会合のために、朝は6時に起きて8時のJRに乗りました。
今年度の研修の報告、来年度に向けての話し合いが活発にお子縄あれました。

午後からは、4月からの研修予定者を集めて、プログラム毎に研修協力施設の説明会が行われました。旭川市・林歯科医院は、今回は8ヶ月のプログラムに参加します。希望者21名のうち17名が参加し、25施設の説明が行われました。一番遠方は、大分から。福岡からも2カ所の施設が参加していました。

各歯科医院6分間。
医院の診療理念、設備、スタッフ、症例、研修の内容、それぞれ工夫をこらしたプレゼンテーションが行われ、研修医のみなさんより私たちの方が学ぶものが多かったように思います。

今年の歯科医師国家試験は二月に行われ、今月27日に発表が行われます。そして、4/1には研修開始と言う忙しいスケジュールです。研修プログラムに参加された皆さんが、合格されている事を祈って帰ってきました。

2008年03月01日

3月の雪の土曜日

今日は、私の予約の患者さんのいない日ですが、診療以外の仕事があるので、昼から診療室にやってきました。
外に出てみると、思ったより雪が多く、吹雪いていました。気温は0℃前後。べたべたした雪で、窓についてしまいます。車から医院までの間に、服がぬれてしまいました。そう。北海道人としては、雪の日には傘をささない習慣ですから。

仕事は、医院で使う様々な印刷物のプリント。

ホワイトニングキット用の入れ物に貼るシール。
キッズクラブの会員証と、がちゃがちゃエントリーカード。
保険外診療の説明用シート。
初診パックの封緘用シール。

080301-1.jpg 080301-2.jpg 080301-3.jpg 080301-4.jpg 080301-5.jpg

いろんなものが、オリジナルの手作りです。

今回、初診パックにいつも使っている丸いシールが売り切れで、他の会社(elecom)の四角いシールを買ってきましたが、これが大失敗!
愛用のA-oneのシールは、無料のラベルプリント用ソフト「ラベル屋さんHOME」がWIN MACの両方に対応して配布されているのですが、ELECOMはWINだけ。
MAC愛用の方、ELECOMのシールは買ってはいけません。
シールの外袋に配布ソフトの事をもう少し詳しく書いていてくれればいいのにと、残念に思いました。

結局、画像用のソフトで用紙のサイズに合わせてA4一枚にぎっしり並べたものを作ってプリントしましたが、修正するときにまた並べ直しかと思うとちょっとうんざりです。

リンク