« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月29日

タイポドント実習風景

タイポドントって何?

P1010016_3.jpg P1010014_4.jpg
P1010015_4.jpg
【順に、右側面・正面・左側面】
これです。

パラフィンワックスを軟化して作った歯ぐきの中に、金属製の歯の根まで再現された模型を植えて、一旦歯並びの悪い状態を作ります。これに、矯正治療をワンステップずつ行なって行きます。

一つのステップで使うワイヤーを歯に留めたら、温水の中に入れてしばらくワックスを柔らかい状態に保ちます。すると、ワイヤーの力で模型の金属歯が少しずつ動きます。意図したところまで動いたら次のステップのワイヤーに変更。意図したように動かない場合は、動かしたい力の掛け方でワイヤーを再度曲げ直し。

下の写真は、研修医の先生が、実際に行なっているトレーニング用のタイポドントの写真です。
この模型では、上下左右一本ずつ4番を抜いたところへ、その手前の3番=犬歯を移動して来たところです。抜いてできたスペースは、犬歯の前に残ってます。
P1010017_3.jpg P1010018_3.jpg
【順に、上の歯並び、下の歯並び】

そして、今、こんなワイヤーを入れています。
P1010014_4_1.jpg

断面が四角いワイヤーを曲げてループを作り、それを歯並びに合わせたアーチに仕上げる、という大変難しいステップです。

矯正歯科の勉強:タイポドント

林歯科の歯科医師臨床研修では、今年からタイポドントという実習を加えました。
P1010014_3.jpg P1010015_3.jpg
【矯正のトレーニングの指導中:院長と研修医の米田先生 ・ 実習に取組む米田先生】


こんな模型の歯並びをきれいに並べて行く実習です。
P1010014_4.jpg


まず、矯正の治療の様々なケースを見学し、不明の点を院長に聞き、自分で教科書等を使って調べる。
次に、このタイポドント実習と、実際の臨床見学・実習によって、矯正の実技を身につけ、さらに再び教科書に戻って行なっている事の意味を再確認する。

このようにして、知識と技術の双方を螺旋を描くように向上させながら、矯正の治療の考え方と治療技術の基本的なところを身につけてほしいと思っています。

半年の臨床研修で、矯正歯科で開業できるような実力を身につける事は、ほぼ不可能ですが、基本的な事を身につければ、そこから自分の力で発展させて行く事は十分可能でしょう。

8/23の特訓風景

8/23の外科のための実習の写真です。院長がとってきました。
この日は2時間程二人で特訓しました。

P1010017_1.jpg
Dr.ルームでの二人の特訓
P1010019_1.jpgP1010020_1.jpg
それぞれの実習風景
P1010021_1.jpg
そして、完成。焼豚の準備ではありませんよ。

2006年08月28日

クワガタの里親募集中!

林歯科のスタッフの旦那さんは、なんとクワガタを育てて繁殖させている人です!
その方から、かわいがって育ててくれる方にクワガタの幼虫をもらってほしい、との申し出がありました。

どうですか?

がんばって育てれば、来年の夏にはクワガタの成虫のオーナーです。

kuwagata2.jpg
詳しくは、こちらをクリックしてポスターをご覧下さい。

*2006.9.1終了しました

2006年08月23日

今夜は特訓再び

今夜は、前半の研修医の先生の3回目の歯周外科の特訓です。

前回同様、ブタの下顎を使ってトレーニングを行ないます。今回は、8月から勤務を開始された先生と一緒に、2時間程のトレーニングになる予定です。

研修も、終了が近くなりました。6か月と聞いてスタートしたときはもっと長いように思ったのですが、あと1か月と1週間で終了です。林歯科にもすっかり慣れて、スタッフの一人という雰囲気になったので寂しい気持ちがします。

2006年08月20日

歯医者ってこう思われているんですね

ITmedia オルタナティブ・ブログといういろんな人のblogを集めたようなサイトの更新情報をRSSリーダーでときどき読んでいます。自分に関係ない業界の事が多いのですが、新しい技術の話、転職関係の苦労など、面白い話題が満載です。

昨日たまたまみると「やったるで 中国」に、「歯医者を思う」というエントリーがアップされていました。

blogを書いている渡部弘毅さんは、忙しい仕事の合間を縫って歯科に通院中ですが、「どうして一度に治してくれないのだろう?」という疑問を抱いていらっしゃるようです。

そしていつも、なぜ1回で全ての処置をしないのだろうと思います。 本日も1箇所虫歯の治療をして実質5分程度の時間でした。前回は3週間ほど前で、別の箇所の虫歯治療でやはり5分もかかっていません。「次は奥歯の歯石をとりましょう。」と言われました。おそらくそれも5分程度の時間ではないかと思います。

私が思うには
1)一回にたくさん治す事で、かみ合わせが崩れる事を恐れ、少しずつ経過をみながら治している
2)非常に混んでいる歯科医院で一回の予約時間がほんの少ししか取れない
3)保険診療のため、一回にたくさん治すと診査でチェックをされる可能性がある
こんなところが原因ではないでしょうか。

3)は少し解りにくいと思いますが、簡単に言うと「一回の治療内容が普通より多すぎると、やっていないことを保険請求しているのではないかと疑われる可能性がある」ということです。一回にたくさん治療を行なうと、一か月の一人当たり平均の保険請求点数が高くなってしまうため、上記のようなチェックの対象となる場合があります。

又、通常一回では行ない得ないとされている治療もあります。
たとえば、渡部さんが次回受ける歯石とりですが、これを一回で全部の歯に行なうのは通常難しいとされています。このへん、なぜ?と聞かれても答えにくいところですが。

というわけで、保険診療の範囲でつぎのような歯科医院を運営する事は難しいのです。
もちろん、全て保険外診療で行なうのであれば、問題ないでしょう。

忙しいサラリーマン向けに、「1回で全ての治療を済ませます!!」というキャッチフレーズの歯医者が登場したら繁盛するのではないかと思ったりしています。

高校野球(2)

私の育った福岡県の代表校は残念ながら敗退してしまいましたが、今日の準決勝は、北海道代表コマトマこと駒澤大学付属苫小牧高等学校が出るということで、久しぶりにしっかりテレビで観戦しました。

結果は、ご存知かと思いますが、決勝進出!がんばっていますね、コマトマ。

歳を取ったせいか、若い人が一生懸命何かに取組んでいるのをみるだけで、なんだか胸が熱くなってしまいます。明日は所用でたぶんテレビ観戦はできませんが、楽しみです。

2006年08月17日

足裏すごい

すごい!足裏!びっくり。

旭川市林歯科医院に、足裏マッサージのpure-threpyの出張が始まって三週目。ついに私も足裏マッサージの体験をしました。

スタートして数分後、あれれっというお腹のはり。そして終了後!あらまあ〜。
私の老廃物、さようなら、です。

決して便秘もしておりませんでしたし、その後お腹を下したような痛みもありませんでしたが、、お腹が、、、くるるる〜〜って。

先に体験していたスタッフに聞いてみると、なんだかそういう体験がある様子です。続けていったら、もしかしてデトックスでアンチエイジングライフへ??

2006年08月16日

行く人、来る人

昨日付けで、長く勤務してくれた歯科衛生士の斉藤美香さんが、林歯科を退職されました。

林歯科の口腔ケア部門の立ち上げから勤務され、現在では道内でも口腔ケアではずばぬけたキャリアを築かれたと言っても過言ではないと思います。林歯科主催の口腔ケア講習会以外でも、様々な場で発表を重ね、この秋にも講演の依頼を受けています。

今回の退職の理由は、もっと深く勉強したい事があるからとのことでした。「学んだ事を林歯科で生かせる事がありましたら、またお話しに来ます」と言ってくれました。

斉藤さんのさらなる研鑽と発展を祈っています。


一方では、本日から新しい勤務医として橋本先生が着任されました。
東京生まれの東京育ち、大学生活も東京で送られた橋本先生は、卒業後まず沖縄で勤務され、つぎに林歯科を勤務先に選ばれました。

いずれは東京で、という気持ちがあるとのことで、それまでの間、地方で歯科臨床を学びたいとの事です。

今まで勤務された歯科医院と林歯科医院との診療スタイルの違いを埋めるために、まずトレーニングを行なって頂いています。早く臨床に!というお気持ちを抑えて、院長のスタイルを理解して頂ければと思います。


旭川市・林歯科医院は、スタッフの多い歯科医院です。様々な人が、その人生のなんらかのステージで林歯科医院に勤務し成長し、また何かを求めて翔いて行き、中には再び戻ってくる人もいます。患者さんにとってだけではなく、スタッフの皆にとっても必要とされる歯科医院でありたいと思う次第です。

本日も診療中

お盆のお休み中の歯科医院も多い事と思いますが、本日8月16日も旭川市・林歯科医院は平常通り診療中です。

昨日から診療を再開しておりますが、特別キャンセルが多いという事はありませんでした。診療日の多い歯科医院として皆様にご利用いただいている事が解るような気がします。

心配していたのですが、特に急患の方が殺到する事もありませんでした。これは、ずいぶん昔から旭川歯科医師会の救急体制が整っており、それが北海道新聞などを使って周知されていることによるものではないかと思います。当番の先生、お疲れさまです。

2006年08月15日

高校野球

高校野球に関心が無くなって久しい。

旭川の高校が出ていても、翌日まで気が付かない。

しかし、今日は違う。

高校の同窓生が、同窓会の掲示板に書いていたのだが、第三試合に登場する福岡の高校のエースピッチャーは、なんと私たちと同じ小中学校の卒業生。住まいは、書き込んだ彼も私も住んでいた小川開アパート。今はなき三井三池炭坑の40年前新築で光り輝いていた社宅です。

がんばれ!

というわけで、今日は高校野球の結果が久しぶりに気になります。

休診せずに、診療中です

お盆のため休診の歯科医院が多いのですが、旭川市林歯科医院は本日8月15日(火) 明日16日(水)は、通常通り診療致しておりますので、お困りの際は、ご相談ください。

2006年08月10日

お盆の休診のお知らせ|北海道旭川市林歯科医院

旭川市・末広・林歯科医院は8/12.13.14の3日間お休み致します。

休診期間中も、事務職員などの出入りがありますので、院内に人はいますが、診療できる体制にはありません。急患等の対応もいたしかねます。ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいませ。
ご不安がおありの場合は、今日、明日は診療致しておりますのでご相談ください。

なお、お休み期間中にお困りの場合、

旭川歯科医師会の休日診療に付いては、道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

歯科以外での救急医療体制に付いては、北海道救急医療・広域災害情報システムのサイトが参考になると思います。

8月15日火曜日は、平常通り午前10:00診療開始の予定です。

2006年08月09日

旭川市・林歯科医院のメール対応

さて、旭川市の事ばかり言っていられません。

林歯科医院のメール対応について書き留めておきましょう。

直接メールソフトを使ってお送りいただいたメールは数時間置きに診療の合間にチェックして対応しています。医院がお休みの日、パソコンを置いて出かけるとき等には1日2日対応が遅れる場合があります。

ホームページのメールフォームにご入力いただいた場合は、送信者のメールアドレスに送信内容確認メールが自動的に届きます。また、私のパソコンのメールアドレスと携帯電話宛にもそれぞれメールが送られますので、携帯を持って出かけている場合は即座に拝見できるようにしています。

ホームページにメールアドレスを公開していると、迷惑メールが山ほど届きますので、どうしようかと思う事もあるのですが、ホームページを開設する以上連絡先をネット上に設置するのはある意味義務であると考えていますので、継続しています。

林歯科医院は小さな組織ですから、専門の職員を設置するには至りませんが、できるだけ迅速にメールでのご連絡に対応できるよう努力致しております。

時々、お問い合わせのメールにメールアドレスがない、書いてあるメールアドレスに返信したけれど帰って来てしまうという事がありますので、正確なご記入をお願い致します。

北海道旭川市市役所の苦情対応(2)

私の住んでいる旭川市役所が、苦情のメールを放置するはずがない!これはきっとメールサーバーの不具合でメールが届いていないに違いない!

そう思った私は、早速確認メールに前回のメール内容を添えて、届いているかどうかを問い合わせてみました。

すると、約一時間後。

8月7日月曜日に確かにメールを受け取っており、現在協議中というお返事が届きました。

届いてたの!?

まあ、届いているならいると返事くらい頂きたいものですが、今回は「ご理解いただきたい」との文言もありましたので、理解を示しておきましょう。

北海道旭川市市役所の苦情対応(1)

さて、8月7日のエントリーに書いた通り、旭川市役所に職員対応に関する苦情のメールをお送りしてみました。

ところが

旭川市役所からは苦情メールに関する返事が来ない


それどころか

メール受領の通知さえない

うーん。
昨今、少し大きな組織にメールで連絡すると、
1)まずオートで受領通知が来る
2)続けて、質問内容等に対する返事が来る
こういう流れなんですけどね。

小さな組織でも対応窓口がしっかりしていれば
1)まず手動で対応窓口がメールを受領し、担当部署に回している事をメール連絡
2)担当部署から返答メール
こうなりますね。

IT化が行なわれていない組織だと、まず最初の受領メールそのものが届きません。


というわけで、旭川市役所は
※ホームページに解りやすく苦情窓口が設置されていない
※自動返信メールが設置されていない
※メールを受け取った担当者がすぐ受領メールを出す体制にない
というIT化状況であることがわかりました。

人手が足りない場合はauto confirm mailを設置した方がいいのではないでしょうか?

8月の林歯科医院はここがちがう!

060809.jpg

今月8月の林歯科医院は、6月から続けて矯正歯科無料相談をもう一回行ないます。明日で終了!ご希望の方はすぐ0166-57-6655にお電話を。

そして、先週木曜日から、リラクゼーションスペースがオープン。早速予約が埋まっています。足裏マッサージの林歯科スタッフの体験者によると「自分の足じゃないみたい!」とのこと。足がだるいな〜とお思いの方、一度いかがでしょうか?

来月も、また新しい林歯科医院を目指して、新しい取り組みを続けたいと思います。

2006年08月08日

芸能人の歯並び

最近の芸能人やモデルさんは、出て来たときから歯並びが良くて真っ白なのが普通の時代かと思いきや。まだまだ、とのお話。

はいしゃさんNETの「芸能人の歯列矯正」というエントリーに、

今日本で人気な沢尻えりかさんは左からの映像はものすごく歯が一本無い感じに見えますね。若くて可愛いから今はいいと思いますが、もし、これから人気になっていったらある時歯並び変わってると思います。

と書いてあります。

最近、ろくにテレビを見ない私としては、はて?と思いながらも顔が浮かびません。

早速googleでイメージ検索してみつけたのが→こちら
さらに拡大すると、こう

半分きれいに並んで、6本分のスペースに5本がならんで一本すっかり引っ込んでいる状態。もう20歳かー。うーんうーーーん。

2006年08月07日

旧態依然役所仕事苦情申上

さて、「それって恫喝!?」とびっくりしただけでは気持ちがおさまりません。旭川市役所のホームページから苦情のメールを出そうと思ったら、苦情窓口が連絡先リストにありません。

まず、そこから問合せです。

金曜日の夕方メールをして、今朝10時過ぎに返事が返って来て、書いて整理した苦情とお願いを先ほどメールしました。

ここに、本心を記しておきますが、私たちが怒っている理由は二つ。
一つは、業者に対しては上の立場から何を言ってもいいと思っているのではないか?
もう一つは、業者間で話し合って決めろ、決まらないなら上川支庁に回すという対応。もしかして自分で対応して案件を処理しようと言う気持ちが無いのではないか?

私たちは、旭川市民です。決して少なくはない住民税を払っています。
その住民税によって運営される市役所には、弱いものは叩き、仕事は手を抜き、上の官庁の権威も借りて来て振りかざす、どうもそんな職員が雇用されているようなのです。

民間であれば、どうでしょう?
私たちが出したような苦情メールがとどいたとします。よい経営がなされている組織であれば、対象個人に対する対策と、組織全体に関する見直しが行なわれる事でしょう。

メールには、「対応策の提示をお願いします」と申し上げました。
どのようなお答えが頂けるのか、楽しみです。そのお答えで、組織としての旭川市役所の状態が垣間見える事でしょう。ちょっと言っておきました程度だったら大笑いですね。

夏休みと言えばスイカと花火とジンギスカンだろう!

北海道で夏のバーベキューと言えば、ジンギスカンパーティーですよ。
当然ですね!?

勉強会を4時に終了して、6時から、友人の歯科医師家族と、研修医の米田先生、新しく見えた橋本先生をお招きして、歯科の駐車場でジンギスカンパーティースタート。北海道生活の長い米田先生は2回目くらい、橋本先生はこの前私たちとお店で食べたのが初めてだったジンギスカン。今回は、昔ながらの北海道スタイルのジンギス汗鍋でタレつきラムをいためつつ野菜も食べて、最後にうどんをいれちゃうタイプです。

ジンギスカン肉、やさい、なべ、紙皿にはし、コンロに炭をしのはらジンギスカンさんが届けてくれて、コンロの炭まで起こしてくれるといういたれりつくせり。翌日コンロを回収に来てくれます。

P1010012_2.jpg
夕暮れから焼き始めて、水野先生が焼き方をコーチしてくれた正しいジンギスカン、飯ごうのご飯、子供たちが作ってくれたカレー、おみやげのビール、子供たちは特別にジュース!
花火をして、打ち上げ花火もやって、最後はやっぱりおみやげのスイカをデザートに頂く夏のイベントフルコース。堪能しました。

P1010013_1.jpg
とうきびだって焼いちゃいます。とうもろこしね。

水野先生、お土産のビールに、スイカ、ごちそうさまでした。
八重樫先生、これで、ゆかちゃんが、絵日記に書いてくれたら完璧です!

旭川・林歯科の夏の勉強会

年に二回くらいは、なんとか全員参加の勉強会がしたい!ということで、今年は昨日8月6日、勉強会を行いました。

旭川・林歯科はローテーションを組んで仕事をしていますので、全員が一堂に会することはほとんどありません。今回は日曜午後の患者さんをお断りし、休みの人に出勤してもらって行ないました。

講習内容は、この半期に新しく導入したME機器の操作方法の確認、スタッフが受講した講習会の報告と体験実習です。5〜6人のグループに分かれて、順に、ナソヘキサ・オクルーザー・グラビコーダの操作、位相差顕微鏡での赤血球観察体験、スケーラーの研磨方法とスケーリングについての勉強等を行ないました。

CIMG1516.jpgCIMG1518.jpgCIMG1519.jpgCIMG1521.jpgCIMG1524.jpgCIMG1525.jpg

「絶好の海日和なのに!」と言い乍らも、常勤16名が参加して熱心に勉強をしてくれました。
北海道大学病院からの研修医の米田先生、8月16日から新規勤務予定の橋本先生も参加してくれました。米田先生は「本当にここのスタッフはすごいですねえ」と感心していました。

本当に、すごいんですよ。すごいでしょう。

2006年08月06日

ナルニアの歯並び…

今日は、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」のDVDを見ました。

私は、むかーーし、市立図書館の児童書コーナーのナルニアにはまった過去を持っているので、期待と不安とで一杯になりながら、DVDをセットしました。元々が、児童書なのだから子供向けかもしれませんが、世界観もストーリーも私の記憶にあるナルニアの世界が広がっていて、まずは満足。

ただ、ちょっと気になったのは、主役の4人の子供たちの歯並び。ディズニー映画にしては、ちょっと歯並び悪くないですか?末っ子のルーシーは、生え変わりの時期でこういう前歯の間に隙間のある歯並びの時を経て、きれいにならぶこともあるのですが、他の子も、少し気になる感じ。

これって、物語の舞台になった時代が矯正が普及する前だからとか、場所がイギリスだからとか、そういう配慮なんでしょうか?

変な事が気になっちゃって、自分が悲しい。

2006年08月04日

それって恫喝?

わたしが若い頃には、お役所というところはなべて敷居が高いというか、対応の悪い場所でした。

「お役所仕事」といえば、高いところからものを言い、自分は動かず、なおざりな仕事をしている様子を表現した言葉でした。

昨今は、「行政はサービス業」というような表現もされるようになり、少しは、「公僕」、公に使える立場としての振る舞いを表現する傾向が見られるようになりましたが、まだまだ、末端のやや年齢の高い男性等には、社会に求められている「公僕」「サービス業」の振る舞いを理解していない人が多いなと思う事があります。

今日は、とあることで、私たちが二人で多額の住民税を納める旭川市役所のとある部門のSさんという方に電話する機会がありましたが、久しぶりに上に書いたような事をしみじみ感じました。

最後には「こっちはでるとこにでたってかまわないんだ」って、それって市民に言う言葉ですか?社会ではそういう表現を「恫喝」と呼んでいるようですよ。

というわけで、現在経緯を整理して、苦情の書類を作成中です。

2006年08月03日

中古レセプトコンピューター お譲りします

1年半程、分院で使用していたノーザのレセプトコンピューターですが、法人に統合することになったため、不要となってしまいました。

今年義務化された、細かく区分けされた領収書の発行も可能です。

知り合いに当たっていたのですが、なかなか欲しいと言う人が見つかりません。
よかったら、リースの残金で、お譲り致します。
ご連絡は、info@dendendental.com または 0166-57-6655まで。

ご連絡をお待ち致しております。

皆、見てる?

今朝のミーティング。
このごろのGood and Newで、復活してくれた受付元チーフ、林歯科の「司令塔」にして「ボス」ことRちゃんからのお話。

「帯広に行ってしまったSさんから、メールで、『ホームページに載ってるよ!でもなんで後ろ姿?』と。急いでみたら、私の後ろ姿が、載っているでは****」
いやー、ごめんなさい。

でも、遠くに行っても、お母さんになっても、あっちでもこっちでも、元スタッフがうちのblogを読んで懐かしく思ってくれているのかなとちょっとうれしく思いました。

皆、近くに来たら遊びによってくださいね。狭くて、今は、ちょっと暑いけど。

2006年08月02日

北海道予防歯科臨床懇話会のホームページ

昨日、今日と北海道予防歯科臨床懇話会のホームページを作っています。

060801.gif

今回、林歯科が開催をお手伝いした際の内容と、これからの予定、会員のホームページなどを掲載しています。
普通の方が、北海道内で、定期的に歯科医院で虫歯や歯周病のチェックを受けたいと思ったときに、きっとお役に立つホームページになると思います。

また、私たちと一緒に勉強したいと思われた歯科関係者の方への広報的な役割も果たして行きたいと思います。