« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月30日

ゴールデンウィークの休診のお知らせ|旭川市・林歯科医院

旭川市・末広・林歯科医院は5/1〜5/5の5日間お休み致します。

休診期間中も、事務職員、医院改装の工事業者の方などの出入りがありますので、院内に人はいますが、診療できる体制にはありません。急患等の対応もいたしかねます。
ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいませ。

なお、お休み期間中にお困りの場合、

旭川歯科医師会の休日診療に付いては、道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

歯科以外での救急医療体制に付いては、北海道救急医療・広域災害情報システムのサイトが参考になると思います。

5月6日土曜日は、平常通り午前10:00診療開始の予定です。5月7日日曜日も診療しています。

2006年04月29日

旭川・林歯科院長の今日も多忙な休日

今日は、3月21日から一ヶ月と1週間ぶりの院長の休日です。
一日寝て過ごしたいところですが、そんなもったいない事ができないのが、旭川・林歯科の院長のすごいところと言うか、悲しいところと言うか。

朝起きて、日課の筋トレをし、ホームセンターの開店を待ってゴミを収納するボックスを買いにでかけてから、末広の林歯科へ。

事業所ゴミの分別のために石膏ごみなどを置いておく場所を分けなければならなくなったのですが、ゴミ袋をそのまま置くと見た目も悪いし、万一子供が触ったりしても困るので、しっかり分けられるようにしました。このボックスが、「お客様組み立て」のため、意外と時間がかかりました。

次は、雪の季節の間に汚くなってしまった屋外の掲示物のお色直し。
林歯科の前、往診センターの前、近所の中華点心の店「西林館」の前と、三カ所に林歯科のパンフレットを置いているのですが、このパンフレット入れの掲示が色あせてしまっているので、雪融けを待って新しいものに変えました。
一個失敗したのでまた今度もう一度やらなければなりません。

この「パンフレット」には、林歯科の保険外診療料金の詳細も書いてあります。
料金を6月に改定しますので、5月からは改訂前後の金額の対照表も入れる予定です。

今日は林歯科の診療は休診日ですが、動いている部分も有ります。レセプトの関連の事務処理、それから医院の改装工事は、今日の休診日、ゴールデンウィークの休診の5/1〜5/5も続きます。

車いすの方の来院を楽にするためのリフトの工事は、今日でほとんど終わりのようです。
明後日からは、ブラッシングコーナーをカウンセリングルームに変えるための工事が始まります。5日間の内装工事で生まれ変わる林歯科医院を楽しみにお待ちください。

午後からは、医院で矯正の分析です。すでに矯正相談済で、5月に入ってから診断結果をお伝えする予定の方の検査結果が、10名分もたまってしまっていました。急いでレントゲンのトレースと、トレースして分析まで終了しているものの診断を行ないました。

夕方、5時半から1ヶ月半ぶりに髪を切りに行き、夜8時帰宅。閉店するビバホームで半額で買った足裏マッサージ器を試して、ようやくこれから昨日借りてきたDVDを見ると言う多忙な休日でした。

2006年04月28日

4/29は休診日です

明日、4/29は祝祭日のため休診致します。
また、ゴールデンウィークは5/1〜5/5まで5日間休診致します。
4/30(日)は診療していますが、現在既に予約は埋まっておりますので、通院中の方の急患のみ受け付ける予定です。
あしからず、ご了承ください。


なお、お休み期間中にお困りの場合、

旭川歯科医師会の休日診療に付いては、道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

歯科以外での救急医療体制に付いては、北海道救急医療・広域災害情報システムのサイトが参考になると思います。

2006年04月27日

Good & New その後

旭川・林歯科が、Good & Newを始めてもうすぐ2週間です。

毎日3人ずつ、このごろあったよかった事をちょっとだけ話して、みんなで拍手をしてから診療をスタートします。その前に、これまでの朝礼と同じように、伝達事項や院長からの話を終えておきます。

今までは、かたい話を終えた緊張感から診療をスタートしていましたが、Good & Newを始めてからはリラックスした雰囲気でスタートできているような気がします。

いつ当たるか解らないので、何かいい事が有ったら覚えておこうとアンテナを立てておくのもいい事のような気がします。

いつも一緒に仕事をしていても、仲のよい人はともかく、プライベートな時間をどう過ごしているのか、どんな時にhappyだと感じるのかはわからないものです。小さなエピソードから、その人の仕事を離れた生活や間隔が垣間見えるのも、なかなか面白いものです。

今日のGood & Newでは、スタッフの一人の家の「亀」がもう一人の家に遊びに行く!という話にびっくりしました。遊びにこられる家では男の子が「亀」の来訪を楽しみに待っていて、お供に「くわがた」が3匹!ついていくそうです。

すごくないですか?

2006年04月25日

もう病気になれない!? ガイアの夜明けを見て

今日は、職場を急いで出て、10:00からのもう病気になれない!?〜 医療制度の危機 現場からの改革 〜(東京テレビ:ガイアの夜明け)を見てみました。

高齢化に伴う医療給付費の急増が国家財政を圧迫し始めている。小泉内閣は医療制度改革に着手した。そんな中、政府の改革案を待たずして医療費抑制に取り組む人々がいる。地域ぐるみの取り組みで国内トップクラスの健康長寿を達成した長野県の住民。東京・新宿で24時間体制の在宅医療に取り組む医師たち。新しい医療のあり方を模索する人々、無保険者たちの実態などを追いながら、高齢化社会における医療制度のあり方を考える。

医療費削減の流れの中で、健康増進、在宅医療に取り組む様々な人々の努力。国民年金の滞納者に対応する自治体の苦悩。よくわかります。

医療本来の目的を見据えて、議論し、国民に必要な必要な医療を提供できるように。その通りですね。

簡単な答えが無いのは重々解っていますが、そうそうきれいごとだけではない現場の辛さを知っているだけに、なんだか割り切れない気持ちが残ってしまいました。在宅介護は、家族の負担も半端ではありませんし、ある意味ヘルパー職の女性の安い労働力に頼っている部分も多いのです。

『社会的入院を減らし在宅医療へ、介護保険を利用して』といいながら、その利用にも制限が既に見え始めている現在、これから歳を取って行く私たちが幸せに暮らすためには、自分の努力と負担で健康な状態をより長く保つしか無いのではないかと思います。

2006年04月24日

保険外料金の改訂

以前にも「まもなく保険外治療の料金を上げます」と言うのを書きましたが、ようやく新料金の決定、広報の準備が終了し、本日公表いたしました。

医院の目立つ場所への掲示、説明のA4サイズパンフレットブック、チェアサイドの説明用ラミネートカード。全て準備ができたのが、今日の昼休み。午後から公開しました。掲示以外に、受付でコピーをお渡しします。

sorry.gif
ryoukunhyou2.gif

料金の変更日は、2006年6月1日。

5月30日までに、旧料金での説明と治療への同意が行なわれた方は旧料金で行ないます。
但し、ご説明が30日までに終了していても、同意が6月1日以降になった場合は、新料金となりますのでご注意ください。

2006年04月23日

今日は、社会保険の講習会

再び、いえ、三たび、社会保険の講習会へ。

とは言え、明日また新しい疑義解釈というものがでるので、現時点では断言できない部分もあると言う事で、説明を担当される理事の先生の困惑が見える。大変なご苦労と察すると同時に、もう少し、わかりやすい改訂をしてほしいという気持ちがわきあがる。

解らない事が多いため、今日は参加者が多く、会場の机のない椅子だけの席が半分程用意されていたが、ほぼ満員だった。各地の講習会では、私たちが最初に参加した講習会もそうだったけれど、立ち見がでる状態になっている。それほど、今回の改訂は解りづらく、多くの人が不安を感じているのだろう。

ブログには、いつも楽しかった事、よかった事を書いて、明日の活力にしたいと思っているけれど、なかなかそうはいかない日もある。会場からも溜息が漏れていた。久しぶりの本当に天気のよいさわやかな日曜日だったのだが。

講習会の内容はしっかり記憶するとして、今日一日が良い日で終わるように、帰り道は寄り道をして久しぶりの買い物を楽しみ、DVDを借りて家で見ることにする。

しばらく前に買ったプロジェクターをようやくセッティングして、なんとかサラウンドで見られるようになった。今一スマートな操作が解らないけど、今日はここまで。まずは、借りたDVDを見ましょうという事になってしまった。

2006年04月22日

新人歓迎会@旭川・林歯科

今年の春は、新人歯科衛生士と研修医を迎えて、今日は旭川市36街「デリーの種」で新人歓迎会です。

時間は夜8時スタート、30名ほどが集合し、お店はほとんど貸しきり状態。みんなで食べ、飲み、話し、あっという間の2時間でした。元気な若者はそのまま2次会に繰り出し、私たちは帰宅しました。

新人さんもどうやら2次会に参加した様子。すっかり酔っ払った人もいました。いつになくたくさんおしゃべりをしてくれた人もいました。今夜は、楽しい一夜でした。

2006新人歓迎会 001.jpg 2006新人歓迎会 002.jpg

2006年04月21日

DEBUT デビュー

今年から、必修化された歯科医師の研修制度では、DEBUT(デビュー)というシステムを使って、研修内容の評価をして行く事になっています。

いろいろ説明を聞き、書面も送って頂き、月曜日には研修医の先生も着任され、さあ、頑張ろうとアクセスしたのですが、なかなかやり方がわかりません。

研修医の先生は先生で、私は私で四苦八苦してきましたが、今日はなんとかアクセスできるようになりました。

たぶん、これでやり方がだいたいわかったはず?なのですが、まだちょっと自信がありません。

2006年04月20日

インプラント手術

昨日は、外部から口腔外科の先生にいらして頂いて、夕方7時過ぎからインプラントの手術を行ないました。

研修開始三日目でしたが、毎日行なわれる事ではないので、研修医の先生に見学をしてもらいました。担当医の判断で、早速手術のアシスタントをさせていただき、大変いい経験になったと思います。

研修医の先生の勤務時間は終了していたのですが、希望を確認して見学してもらっています。これからも、手術の予定のとき、希望が有れば、見学をしてもらいたいと思っています。


現在、旭川市・林歯科医院では、インプラント手術は、一次手術が月に10本前後、症例にして3〜4例というところですが、これからこの分野は希望する方が増えていくと考えています。
一本だけの欠損の有る方には、必ず、「義歯」「ブリッジ」「インプラント」の三つの選択肢の説明をし、その長短をご説明した上で治療方法を選択して頂いています。


私たちは、専門性を優先し、外部の先生に入らして頂いているのですが、これからの若い先生には必ず必要となる診療の選択肢であろうと思います。

もちろん、林歯科医院に就職される先生には、この見学を行ない、できれば技術を習得して頂きたいと考えています。

現在、特訓中です:旭川・林歯科

今週月曜日に着任された研修医の先生は、現在院長について診療内容を確認してもらう「見学」を主体に勉強して頂いています。平行して、模型を使って行なう実習を一人で行ない、結果を昼休み等に院長に確認してもらっています。

6時半にはあがることになっているのですが、終わった後もなかなか帰ろうとせずにいろいろ勉強をしています。

新卒の歯科衛生士は、先輩について一つ一つの業務を練習しているところです。患者さんのお名前を呼んで、診療室に入って頂くだけでも、一大事なのです。

二人とも、毎日が新しい体験の連続で、おそらく消化しきれず、しかも緊張が続いていますから、週末にはぐったりしていることでしょう。ここを乗り切らなければ一人前になれませんから、頑張ってもらいます。倒れない程度に!!


さて、昨日、所用があって午後の診療を終え一旦外に出かけ、7時頃医院に戻ってきました。以前でしたらそのまま帰宅していましたが、このごろは、カルテの整理の残業が有ります。

すると、スタッフルームに5時半であがったはずの早番のスタッフが一人座っていました。

「どうしたの?」と声をかけると、「彼女の特訓が終わるのを待っていました」と言います。見えない角度に、まもなくメインテナンスの担当患者配当を受ける歯科衛生士が座っていました。

真面目な彼女は、きっと自分にしっかりした自信をつけたくて、自ら特訓を始めたのでしょう。私たちには言ってきませんでしたが、他の先輩や友達に様々な協力を頼みながら自主的にトレーニングを行なっているようです。

なんだか、胸が熱くなりました。

2006年04月19日

おひさしぶり!

今日の昼休み前に、スタッフの一人がうれしそうに「先生、Tさんが遊びにくるんですよ!」と言ってきました。林歯科医院は、こうして時々以前勤めていた人たちが遊びにきてくれます。

窓の方を気にしながら見ていて、しばらくすると、車を停めて後部座席のチャイルドシートからお子さんをおろしている姿が見えました。おお、ちゃんと歩いている!もうすぐ2才だから当たり前ですが、ちょっと前まで赤ちゃんだったような気がします。よその子が大きくなるのは早いなあ。

医院につくと、知らない人に囲まれて緊張してお母さんにしがみついていましたが、皆と昼食時間を過ごして行ってくれたようです。

皆も楽しみにしていますから、また、遊びにきてくださいね!!

求人情報:歯科受付募集中|旭川林歯科

さて、先日もブログに書いた通り、本日北海道新聞求人欄に「旭川市・末広・林歯科医院の受付/歯科助手」の募集広告を載せて頂きました。

早速、数名のお電話をいただき、既に面接のお約束をおとりしました。ある方は、「とても感じのいい方です」との報告も上がってきています。面接後、早期に採用者を決定する場合もございますので、もし、悩んでいらっしゃる場合にはとりあえず林歯科までお電話ください。

どんな歯科医院か、どんな仕事をするのかを、よくお話しした上で、勤務を希望されるかどうかをお決めいただいて結構です。

林歯科医院の受付代表番号は 0166-57-6655 です。
ご連絡をお待ちしています。

2006年04月18日

What's New? Good & New!

昨日の月曜日、4月17日から、旭川市林歯科医院の朝礼では、新たな試みをスタートしました。

それが「Good and New」です。

一日に3人、ちょっとよかった事を一言ずつ話してもらいます。
今日は、ガソリンスタンドでのラッキーな事や、通勤時に白鳥が飛んでいるのを見た事など、小さな楽しい事を聞かせてもらいました。

この提案は、物事の良い面を見ようと言うトレーニングでもあるのですが、そこに至るまではまだ遠いかもしれません。けれど、楽しい事を聞いて、皆で拍手して、笑ってから、その気分を残したまま仕事をスタートする。なかなかいいかもしれないな、と思っています。

2006年04月17日

四月の新人

今日から、新規採用の新人衛生士1名と、北海道大学病院からの研修歯科医師1名とが勤務を開始しました。

朝の朝礼では、一言ずつ挨拶をしてもらい、まず、午前中は診療の見学からスタート。午後は、二人で歯の型を取る「印象」と模型作りの練習をしてもらいました。
全てが新しい体験で、きっとしばらくは疲れてしまうかもしれませんが、二人の新鮮な気持ちに触発されて、元気な診療ができるのではないかと期待しています。

明日は、直接患者さんのお話を「聴く」という勉強をしてもらいたいと思っています。
先入観を持たずに人の話をしっかり「聴く」のは、なかなか難しい事です。

2006年04月16日

「司令塔」の帰還、そして受付募集

今日は、診療を終わってから、林歯科創設2年目から受付を担当してくれていた「ボス」(と呼ぶと怒られるけれど)とのミーティング。彼女は14年間、林歯科の司令塔であり、院長の右腕でありました。

出産のため、昨年の夏退職されたときから「早く帰ってきてね!」とお願いしていたのですが、今回6月末に受付スタッフが1名出産のために退職する事になり、皆でできるだけ早く復帰してもらえるようお願いをしているところです。
彼女が復帰してくれれば、院長も、私も、受付スタッフも、そして他の各部署のスタッフもどんなに心強い事でしょう。

なんとか、彼女の復帰のめどは立ちそうですが、保育所に入られるかどうかはまだわからず、入所できたとしてもお子さんが1歳未満ですから、勤務時間にも制限があります。

皆で相談した結果、明日にも「受付兼歯科助手」の募集を行なう事に致しました。
詳しくは、数日後の北海道新聞求人欄をご覧下さい。

2006年04月15日

矯正の患者さんの増加

このごろ、どういう訳か、矯正相談を希望する方が増えているような気がします。今週はすでに4名の方が相談に見え、矯正治療に必要な検査:レントゲン撮影や歯並びの模型作成の準備をなさいました。

検査結果を元に、これから矯正治療の方法を説明し、同意が得られた方が治療を開始する事になります。

矯正相談は、学校検診の後に多くなる事が多いのですが、どういう訳でしょう?

一方、咬合療法のコースを受講してから、気になる事が多くなってきたのが、歯並びの形の左右のアンバランスです。その方の毎日の習慣が、歯並びの形を変え、かみ合うときの力の負担を変え、負担の集中する場所にトラブルが起きて行くという視点を持つようになりました。

例えば、この写真のような睡眠時の姿勢の習慣が、歯並びに影響し、引いては歯のトラブルを起こすのです。

060416.jpg
写真は雑誌「歯科衛生士」Vol29 No11 2005.11.10より引用

このような視点で、歯の状態を考えると、一本の歯だけが何かの症状を起こすのではないと言う事が解ってくるような気がします。

これからは、矯正治療に際して、習癖の影響をふまえた方針を考えて行くつもりです。

2006年04月14日

クリアライナー:新しい歯の矯正方法

歯並びに凸凹のある「叢生」と言われる状態の方の歯並びの治療は、歯にブラケットと言われる装置を付けるものが、今でも主流です。

最近、軽い凸凹の方には透明の弾力のあるトレーを使って行なう矯正方法も普及してきました。呼び方には色々ありますが、有名なのは「インビザライン」と言われるものです。旭川市・林歯科医院では「クリアライナー」というものを使っています。

060414-2.jpg

全ての方にお勧めしている訳では有りませんが、歯並びの状態によってはなかなかいい治療法だと思います。装置の見た目を気にしないですむので、精神的な負担が少ないようです。

10日一回、新しいトレーに取り替えて、少しずつ歯を動かして行きます。
STEP1-1 1-2 1-3とすすんで、次はSTEP2-1という感じです。

関心がおありの方は、ご予約のうえ、矯正相談をお受けください。
但し、歯並びの状態によっては、この治療法では治せない場合がある事を、ご承知お聞きださい。

ご予約は、0166-57-6655 旭川市・林歯科医院までお電話で、
または 予約用メールで、ご連絡ください

2006年04月13日

「がちゃがちゃ」登場

060413-2.jpg

明日から、旭川市林歯科医院には「がちゃがちゃ」が登場します。
治療を終えたお子さん、検診を続けているお子さんへのプレゼントです。

林歯科医院・受付前のキッズコーナーで来院をお待ちしています。
060413-1.jpg

2006年04月12日

ただいま工事中

これは何でしょう?

リフトゲート。
これは、車いすの方を、上のフロアへ持ち上げるための小さなエレベーターのような装置です。
旭川市林歯科医院は、階段をスロープにして車いすの方に対応するには十分なスペースがありません。長い間いろいろな対応を考えていたのですが、今回このリフトゲートを導入する事に踏み切りました。

地面と同じ高さの入り口で、室内用の車いすに乗り換えて頂き、リフトゲートで診療室のフロアの高さまで持ち上げます。

現在工事中ですが、おそらく5月の初めには使えるようになると思います。
もうしばらく、お待ちください。

2006年04月11日

BruxChecker(ブラックスチェッカー)

旭川市林歯科医院は、噛み合わせと歯周病、噛み合わせと顎関節症などの関係に気をつけて治療に取り組んでいます。

今回導入したのは、夜間の噛み合わせ、歯ぎしりの状態を調べるためのBruxChecker(ブラックスチェッカー)です。
詳しい情報は「BruxChecker友の会」のサイトに掲載されていますが、この装置を付けて一晩寝て起きると、歯ぎしりをしているときの動きがだいたいわかるというものです。


 ↓

<写真は「BruxChecker友の会」より引用>

このように赤い部分が抜けているのが歯ぎしりのときに当たっているところです。
これをもとに噛み合わせの調整をして行く事ができます。

歯ぎしりに悩んでいる方の一助になればと思います。

2006年04月10日

オクルーザー(咬合接触面積計測器)の導入

先日の筒井塾:咬合療法コースを受講した際、GC社製のオクルーザー(咬合接触面積計測器)の開発者中村健太郎先生の講義を受ける機会を得ました。

現在の機種はオクルーザー FPD-707 です。

噛み合わせをより客観的に評価する方法、患者さんに解りやすく説明する方法が欲しいと、いつも思っていました。今回の講義を受けて、この機械であれば、これまで思っていた事が実現できるのではないかと思い、導入に踏み切りました。

より客観的なデータをもとに、しっかり説明ができるように、新たにスペースを設ける予定で、5月の連休には改装工事を行なう予定です。
これからも、旭川市・林歯科医院は、よりよい歯科医療を多くの方に提供できるように努力して参ります。

2006年04月09日

研修施設講習会

今年から本式にスタートした歯科医師の研修制度についての説明を受けるために札幌まで出かけて参りました。

説明会の後、今年の研修を行なう先生方とお会いしましたが、若々しくてうらやましい気持ちがしました。きっと、素晴らしい歯科医師に育ってくれる事と思います。頑張ってください。

北海道医療大学の研修医についての説明会でしたが、今年は、医療大から旭川市・林歯科医院へ研修にいらっしゃる方はありませんでした。終了後、院長と落ち合って報告すると、少しがっかりしていたようです。

研修制度についてはまだ決まっていない事も多く、これから1,2週間の間に様々な通知が行なわれるという事です。もうすこし、早くわかっているといいのではないかと思いました。

2006年04月08日

院長は札幌で勉強中

院長は、8日(土)、9日(日)筒井塾・咬合療法コースを受講するため、札幌に出かけました。

夜遅く電話が有りましたが、終了後には懇親会が行われ、参加された先生方といろいろお話して過ごす事ができたそうです。こうして、勉強の後、同じ事に関心のある先生方とお話をする事は、講習会だけでは得られない学びがあると思います。

明日の午後、札幌で院長と落ち合う予定ですが、きっと新しく学んだ事を熱く語ってくれると思います。

2006年04月07日

膨大な事務処理というか、カルテチェック

4月の保険改訂で、様々な文書の整備が義務づけられました。

私たち、林歯科医院でも、スタッフ一同、事務処理の方法が解らずてんやわんやの毎日です。おそらくどこの歯科医院でも似たような状況が展開されているのではないかと思います。

4月3日、今回の改定後の最初の平日。診療終了後に、院長が一人でカルテのチェックをしたところ、2時間かかりました。そこで、私が小児歯科の診療を終えてから、当日のカルテ記載、配布文書に不備がないかのチェックを行なう事にしました。

毎日の業務が不慣れな事の連続で、なかなか大変です。
「これでいいのだろうか」との不安も心から離れません。

それでも、保健医療機関として認定されているからには義務としてこれを行なわない訳にはまいりません。

2006年04月06日

審美歯科の勉強

歯科医師は、一度大学を出て歯科医師免許を取ってしまうと、その後の研修は自分自身の自覚にかかって来ます。

どのような歯科医療を提供できる歯科医師になるかをいつも考えながら、研鑽を続けなければ、どんどん取り残されて行ってしまいます。

今、院長は、歯周外科と咬合治療に関心を持ち、様々な勉強をしています。今回、私が東京から帰ってくると、院長室に小さな荷物が届いていました。私が5日間いなかった間に、院長が注文して取り寄せたビデオです。早速今夜から勉強を始めるそうです。

060406.jpg

たった5日いなかった間に、もしかして、取り残されそうになっている?

4月9日 日曜日の休診のお知らせ

今週の土日は、院長の診療をお休み致します。
また、4月9日、日曜日は休診日となりますのでご了承ください。

筒井塾・咬合療法コースの受講で、札幌へ出かけるためです。前回、3月から一ヶ月二日ずつの受講で、7月に実習が予定されています。

今までとは違う観点で噛み合わせをみる事ができるようになり、とても勉強になったと院長が言っています。よりよい歯科医療を皆様に提供するための勉強ですが、休診日は皆様にご迷惑をおかけ致します。何卒、ご了承ください。

2006年04月05日

ブログをお休みして東京へ

娘の進学の準備に東京に行って来ました。

大学に入学した娘の住居の手配等をしに同行し、入学式に出席して、今日帰ってきました。東京の人の多さに圧倒され、もう田舎にしか住めないと確信しました。

高校に進んで間もなく「歯科医にはならない」宣言をしたときは、ちょっと寂しい気持ちがしました。今年の保険診療に関する規則の改定の内容をみたときに、「うちの娘は先見の明があった」と一瞬思ってしまいました。
理系の科目が嫌いだっただけですけどね。

林歯科医院ホームページ

リンク