あいファミリー歯科見学レポート

先週のあいファミリー歯科見学のレポートが、研修医の先生から提出されました。

林歯科医院の治療への取り組み方、患者さんとの話し合い方との違いをたくさん感じてきてくれた様子です。レポートの内容を少し抜粋して掲載させて頂きます。

診療する際に、切削を行ったり、麻酔を行うなど、患者さんに負担を強いるような診療行為の際に水野先生は必ず「我慢する必要はありません。」と必ずおしゃってました。 本来あるべき医療行為はそれを受ける患者さんの精神的、経済的負担は限りなく少なくあるべきで、今までの自分はそうでなかったのではと気づかされました。 この、我慢する必要はありませんという、何気ない一言には医療の原点があるのではないかと思い、自分の診療にもできるだけ積極的に取り入れて行きたい言葉でした。
今自分は研修医として、様々なことを学んでいますが、割と手技的なことに重点をおいてしまいがちで、今回水野先生の病院、治療を見学させていただいて、手技的な部分以外にも大事なところがたくさんあるということを学びました。 手技的各論も大事ですが、総論的なことを、研修医という期間中にもっと学びたいと思います。 この度は、見学させていただき誠にありがとうございました。

水野先生、今回は豊かな経験をさせてくださってありがとうございました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あいファミリー歯科見学レポート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/496

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2006年1月24日 00:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北海道障害者歯科医療協力医制度:実習」です。

次のブログ記事は「かむい歯科診療所への見学研修」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja