« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月31日

行く人、来る人

今週で研修医の先生の研修期間を終了する事は昨日書きましたが、今月一杯で、昨年から訪問診療の事前調査をしてくれていた衛生士さんが一人退職されました。今朝の朝礼で、皆で拍手をしてお送りしました。

今後のお話を聞きましたが、ホームヘルパーへの転職をされる予定との事。林歯科の訪問診療で体験された事が、これからのお仕事に何かお役に立てば何よりです。

事前調査は、訪問診療を開始する前に、その患者さんが訪問診療が必要な状態かどうかを判断し、スムーズに治療に導入するための旭川・林歯科医院独自のシステムです。
この調査の際は、社会保険、保険外診療、交通費、などのいっさいの費用をいただいていません。この調査の結果、訪問診療を行なうかどうかを決定し、最初に歯科医師が訪問したときからが歯科医療の開始です。

この無料で行なう聞き取り検査の結果、どんな状態の患者さんか、コミュニケーションはとれるのか、身体的にどのような状態か、他の医療機関への連絡の必要性の有無、歯科的な困っている事などを事前に知る事ができ、訪問診療のために必要な準備がわかり、初診当日からスムーズに治療を開始できます。

とても大切な役割で、去年彼女が来てから3名になっていましたが、また2名に戻ってしまうので、再度業務が大変になってしまい申し訳なく思います。


こうして、メンバーが今週で二人減る事になり、少し寂しいなあと思っていたところへ、午後から北海道大学歯学部からの封書が届きました。来春からの研修医制度で、歯科医師として半年間ずつ林歯科医院で研修をされる予定の方、二名が内定したとのご連絡です。
春からの予定ですから、少し先になりますが、寂しい気持ちをふきとばしてくれました。

こうして、行く人、来る人がいますが、どの人も林歯科医院の大切なメンバーです。
林歯科医院での勤務を終了されても、また何かの機会があったら、ぜひ遊びに来て下さいね。

2006年01月30日

研修医 最後の一週間

早いもので、今週で研修医の先生が林歯科医院での研修を終了されます。
スタッフにもすぐなじみ、忘年会などの会合にも参加されていましたので、終了後は皆さびしくなることでしょう。

私たちが、研修医の先生を受け入れたのは初めての経験でしたが、今回の研修を通じて若い先生を育てるためのある程度の枠組みを作る事ができたのではないかと思います。
来年度からも、この研修制度を通じて、新たな歯科医師の育成に貢献できればと思います。

また、このような研修を行なう事で、自分たちの診療システムを見直す事ができました。これを元に、さらによい診療システムを築く事ができるように努力していきたいと思います。

2006年01月29日

旭川の雪事情

今年は、日本各地、特に本州日本海側で大雪が続きました。旭川は、調べた訳ではありませんが、ほぼ例年並みのような気がします。北海道でも今年は日本海側、小樽などでは降雪量が多いようです。

私は子供時代を九州で過ごしたためか、今でも初雪が降ると少しわくわくしますが、それから約5ヶ月の雪との共存関係が始まります。例年、近隣との除雪に関するトラブル、除雪車による騒音などの苦情が新聞の投書欄に掲載されます。雪は美しいだけではなく生活に密着した問題でもあります。今年の始めには、雪を巡る隣家との誤解によって女性が隣の家の人を殴ってしまうという、私としてはかなり驚いた事件もありました。

除雪は、よく見ていると、大雪のときに出動するのと、計画的に積もった雪を雪捨て場に持っていくのと二通りあるようです。大雪のときの出動は、夜間車が少なくなった時間に行なわれるのですが、ありがたいと同時に音で目が覚めてしまう事もあります。

除雪された雪で狭くなってしまった道を広げるために、定期的にトラックもやってきて「排雪」という作業も行われます。これは、かなり時間がかかり、道もほとんど閉鎖されてしまいます。外に車で出かけて戻ってくると、回りの道が排雪作業に入っていて、自分の家に帰るのにぐるぐる遠回りをする事もあります。

この前、10数年ぶりに冬の福岡に帰ってきましたが、その暖かさ、あふれるような緑、そして路面の出ている事に何か新鮮な驚きを感じました。「どうしてこんな住みやすそうな場所を離れたのだろう」とふと思ってしまいました。

それでも、旭川に戻って二日もすると、この雪に囲まれた冬にすっかりなじみ、家の回りを少しは雪かきもし、早く除雪車が排雪に来てくれないかなあなどと思う日々です。この雪が融け、一斉に花が咲く春の美しさを待ちながら、皆、雪と戦い、また共存しているのでしょう。

2006年01月28日

口腔ケアとにおいの関係

旭川・林歯科のスタッフが最初に口腔ケア部門に配属されるとき、歯科の技術ではない様々な壁に突き当たります。訪問が必要な患者さんとのコミュニケーション、家族の方や介護の方との相互理解、不随意の動き、そして、「におい」の問題。

歯がない人、口から食べていない人には口腔ケアは必要ないのではないかというご意見をいただく事があります。これはとんでもないことです。きちんとかたいモノ、繊維のあるモノを噛み砕いて飲み込んで暮らしていない人ほど、口の中は汚れてしまいます。
そして、独特の「におい」が生じます。

ところが、週に一度の口腔ケアを続けるうちに、この「におい」がなくなっていきます。もちろん、日常のケアのレベルが歯科衛生士の指導によって向上していきますし、週に一度徹底的にきれいにすることで日常のケアの負担も軽減して行きます。
すると、ケアが必要な人、独特の「におい」がなくなってくるのです。

訪問歯科治療終了時に口腔ケアをお薦めしても、介護にあたる方々に懐疑的な態度をとられる事が多々あります。それが、この「におい」の減少によって、ケアに対する評価があがり、「とても感謝される」とスタッフが皆、言っています。

林歯科医院で、以前、訪問診療、訪問口腔ケアにうかがったことがある病院にお勤めだった先生が、最近、他の地方の病院長に就任されました。この方から、先日、口腔ケア講習会のご依頼がありました。現在の病院の「におい」の解決のためには口腔ケアが不可欠であると思われたそうです。

このようなご依頼をいただき、大変光栄に思いますし、口腔ケア担当スタッフ全員の努力のたまものであるとありがたく思います。

2006年01月27日

介護保険新予防給付と口腔ケア(2)

今朝の新聞に、この春からの介護保険改訂の説明がありました。

旭川・林歯科医院が、現在最も力を入れている口腔ケアの部門にも関わる事ですので、しっかり目を通しました。なかなか難しい情報で、なるほど斉藤美香歯科衛生士が、説明に苦慮するはずです。

さて、この新予防給付を念頭に置いて、林歯科医院では、新予防給付の口腔ケアプラン立案についての取り組みを始めました。

林歯科医院からの訪問診療ができる半径16キロメートルを超えているので訪問診療や訪問口腔ケアはできないのですが、遠方にある施設から口腔ケアプラン立案についてご相談をいただいています。そこで、診療ではなく、口腔ケアプランのモデルケースとして協力する事にいたしました。

今回の予防給付への対応方法にはよくわからない点もあり、今回の依頼では新予防給付へのモデルプラン作成とするためもあって、様々な新機軸を打ち出しています。この予防給付で、歯科医院と歯科衛生士がどのような役割を果たすのか、しっかり見つめて行きたいと思います。

2月に入ってから3回のトライアルを行ない、再検討を行なう予定です。
4月からの新予防給付に間に合うよう、これからまた忙しくなりそうです。

2006年01月26日

口腔ケアのできる歯科衛生士の育成

旭川市・林歯科医院が、口腔ケア部門を設立してから、まもなく5年になります。

当初は、回りに口腔ケアに取り組んでいる人も見つからず、指導してくれる人とてなく、本で学び、講習会で学び、そこで知り合った方に教わり、そして、なにより患者さんに教わって、少しずつ林歯科医院の口腔ケアのスタイルが確立しました。

現在、新卒で入ってきた歯科衛生士は、まず診療室内で基本的な歯科衛生業務とアシスタントをマスターし、それから訪問診療のアシスタント業務につきます。この訪問診療のアシスタントをしながら、帯同する歯科医師の指示で、患者さんの口腔衛生指導を行なうのが口腔ケアへの第一歩です。

この時点では、実は、歯科衛生士学校ではほとんど口腔ケアの手法の実際については学んでいない状態です。が、それにもまして、口腔ケアに入るときの大きな壁は「におい」です。今でも口腔ケア院内講習のときに、斉藤歯科衛生士がスライドを見せながら笑いますが、私自身、初めて施設の方の口の中を見るとき、その「におい」には圧倒され、涙目になりました。一方では、口腔ケアが施設に受け入れられる第一歩はこの「におい」の消失なのですが、その話はまた次の機会にいたしましょう。

この壁を乗り越えて、2年目の歯科衛生士は、院内業務と訪問診療業務に携わりながら、口腔衛生管理・指導のスキルを身につけます。

そして、いよいよ3年目。
口腔ケア班に週に一回参加し、口腔ケア業務を学びます。はじめは、先輩と一緒に二人で一人の患者さんのケアを行ない、次第に難易度の低い症例を引き継いで担当して行きます。

まもなく4年目になる歯科衛生士であっても、まだまだ難易度の高い方の口腔ケアを一人で行なう事は困難です。歯科衛生士としてのスキル以外に、様々な知識と人生経験が求められる職場だからです。このように一人の新卒歯科衛生士が、一人前の口腔ケア技術を身につけるまでには、様々な面での成長の時間が必要です。

ですから、反対に、歯科衛生士としての熟練を経た後職場からはなれ、家庭に入り地域の中で様々な人生経験を重ねた方が、その人間としてのスキルを生かせる職場でもあります。口腔ケアの業務のトレーニングを受けて、これまでに数名の方が歯科衛生士として職場復帰を果たされています。

林歯科医院は、これからの高齢化社会の中で、きっと求められるであろう口腔ケアの技術をもった歯科衛生士の育成にこれからも努めてまいります。

2006年01月25日

研修医の成長

早いもので、旭川・林歯科医院に、医療大から研修医の先生が見えてまもなく4ヶ月が過ぎます。あと、5日間の研修で、林歯科医院での研修は終了です。

林歯科医院の診療内容の見学から始まり、模型実習、院長の補助、歯周外科実習などを経て、現在は院長の簡単なチェックの元で主体的に診療に携わるレベルになりました。本人の早く一人前になりたいという気持ちが強く、手技の成長には目覚ましいものがありました。

これからは、本人もレポートに書いていたように、

手技的な部分以外にも大事なところがたくさんあるということを学びました。
手技的各論も大事ですが、総論的なことを、研修医という期間中にもっと学びたいと思います。

総合的に歯科医師としてのあるべき姿を考え、成長して行ってほしいと期待しています。

新婚旅行からお帰りなさい

夕方ふと気が付くと、新婚旅行から帰ってきたスタッフが参加していました。余り自然にそこにいたのでびっくりしました。

しばらくぶりに、この雪の多い旭川の、あわただしい林歯科医院の診療室に戻ってくると、新婚旅行との隔絶に戸惑うのではないかと思っていましたが、ゆったりと職場になじんで復帰していてくれました。

お帰りなさい。
また、今日からがんばりましょう。

かむい歯科診療所への見学研修

研修期間も残り1週間。来週の木曜日で医療大からの研修医の先生の4週間の研修は終了します。昨日、1月24日は、院長の友人の「かむい歯科診療所」にお願いし、研修医の診療の見学をさせて頂きました。

先週のあいファミリー歯科に続き、このような研修をお願いするのは、研修医の先生に様々な形態の開業歯科診療所と開業歯科医の見学をする事で、これからの歯科医師としての人生の指針を得るきっかけをつかんでほしいと思うからです。

林歯科の診療室での研修を終えた後、家に帰ってレポートを書くのは、大変な事ではありますが、そのようにして経験した事を自分で文章にしておく事は大きな財産になります。この経験を大切にして、来月からの医療大での研修に戻って頂きたいと思います。

2006年01月24日

あいファミリー歯科見学レポート

先週のあいファミリー歯科見学のレポートが、研修医の先生から提出されました。

林歯科医院の治療への取り組み方、患者さんとの話し合い方との違いをたくさん感じてきてくれた様子です。レポートの内容を少し抜粋して掲載させて頂きます。

診療する際に、切削を行ったり、麻酔を行うなど、患者さんに負担を強いるような診療行為の際に水野先生は必ず「我慢する必要はありません。」と必ずおしゃってました。 本来あるべき医療行為はそれを受ける患者さんの精神的、経済的負担は限りなく少なくあるべきで、今までの自分はそうでなかったのではと気づかされました。 この、我慢する必要はありませんという、何気ない一言には医療の原点があるのではないかと思い、自分の診療にもできるだけ積極的に取り入れて行きたい言葉でした。
今自分は研修医として、様々なことを学んでいますが、割と手技的なことに重点をおいてしまいがちで、今回水野先生の病院、治療を見学させていただいて、手技的な部分以外にも大事なところがたくさんあるということを学びました。 手技的各論も大事ですが、総論的なことを、研修医という期間中にもっと学びたいと思います。 この度は、見学させていただき誠にありがとうございました。

水野先生、今回は豊かな経験をさせてくださってありがとうございました。

2006年01月23日

北海道障害者歯科医療協力医制度:実習

専修の土曜日、1/21は札幌歯科医師会口腔医療センターの見学・実習に参加しました。

今年度スタートした、障害者歯科医療体制整備事業「北海道障害者歯科医療協力医制度」実地研修の一環でとして行なわれたものです。

座学、見学、実習などが組み合わせられた4時間の充実した講習でした。講師として学生時代の同期生である日之出歯科診療所院長の谷脇先生、日之出歯科真駒内診療所副院長の戸倉先生が参加されていたのは、懐かしい出会いでした。

この後自分の診療実績をまとめて申告するというステップがあるのですが、今年の申告には間に合わないかもしれません。なんとか来年には提出できればと思っています。

2006年01月22日

福岡での口腔ケア&摂食嚥下指導 講習会

1月22日(日)午後から、以前も書いた福岡での講習会が開催されました。

土曜日の雪で道中時間がかかったようですが、斉藤も無事前日のうち福岡に到着し、大役を果たす事ができました。私も、途中飛行機が遅れどうなる事かと思ったのですが、開演に間に合い、斉藤と、藤本先生の講演を聴くことができました。

060122.jpg

会場の福岡医科歯科専門学校は、定員の100名を超える盛会で、半数以上が歯科以外の業界の方だったという事です。皆さん大変熱心に聴講されており、充実した質疑にも感心いたしました。主催の福岡の医療法人天幸会 小児歯科つばき(宗像市栄町3-4)さんのお招きで、今後、具体的な口腔ケアの方法についての指導のために、斉藤のチームが福岡までまいる事になりそうです。

残念ながら帰りの飛行機の都合で栂安先生のお話はほとんど聞けなかったのですが、フライトまでの間に、大急ぎでからし明太子をお土産に買い、博多ラーメンを食べて福岡を後にしました。(藤本先生、ラーメンごちそうさまでした。)

千歳に到着と同時にJRの駅に走り、なんとか旭川までの最後の直行列車20:19発に間に合い、当日中に旭川に戻って、無謀かと思われた日帰り福岡旅行を終えたところです。

トリートメント・コーディネート・チーム 発足

今日は、診療後に、旭川市・林歯科に新たに発足するトリートメント・コーディネート・チームの初回ミーティングを行ないました。院長と、チームメンバー6名が参加し、3時間ほどのミーティングでした。

今年は、診療室を一部改装し、初診の患者さん、治療中の患者さんに対し、歯科治療に関するご希望を伺うと同時に、治療方法の説明などを行なうカウンセリングスペースを作ります。説明用のコンピューターソフトなども既に揃えました。
このスペースで、お話を伺うのが今回発足したトリートメントコーディネートチームのメンバーです。

チーフを頼んだ歯科技工士と歯科衛生士のダブルライセンス保持者の苔口さんが、林歯科医院のスタッフの中から、特にコミュニケーション能力に優れたメンバーを選び出してくれ、今回発足のための説明と勉強会を行いました。

まもなく、カウンセリングスペースを完成させ、より詳しく患者さんのお話を伺う体制を整えますので今しばらくお待ちください。

2006年01月21日

介護保険新予防給付と口腔ケア

明日は、いよいよ斉藤美香歯科衛生士の福岡での発表です。昨日の夜はかなり雪が降っていたのですが、現在は晴れているようです。飛行機のフライトに支障がないといいのですが。

さて、斉藤は、昨年北海道の歯科衛生士会の代表として、日本歯科衛生士会職能別研究会でこの4月からの介護保険新予防給付制度における口腔ケアについて学んできました。

かなり複雑なシステムで、学んできた事を歯科衛生士会で報告するための資料作りに本人も四苦八苦しているようです。11月に学んできた事ですが、まもなく行なわれる歯科衛生士会での発表資料がようやくできましたとの報告を、最近受けました。

今回の福岡での講演会では、この予防給付のシステムの中で、『歯科衛生士に期待されている役割は何か』について、お話できるようです。

topicsをお伝えするのが間に合って、よかったと思います。

2006年01月20日

あさって福岡でお会いしましょう

先ほど、口腔ケア班の統括主任歯科衛生士・ケアマネージャーの斉藤美香が、帰宅前に院長のところに顔を出しにきました。

明日から三日間、福岡に講演のため出張するので、その挨拶です。福岡の医療法人天幸会 小児歯科つばき(宗像市栄町3-4)さんの主催で口腔ケアの講習会が開かれ、諸先生方に混じって、お話する事になったのは、以前にもブログに掲載しました。

【日時】    2006年1月22日(日) 12:30開演
        (12:00開場)
【場所】    福岡医科歯科技術専門学校
        (福岡市東区水谷1丁目21番1号)
【スケジュール】
12:45〜13:45 「要介護者の口腔ケア〜その効果と必要性〜」
          斉藤 美香 先生
          林歯科旭川歯科相談センター歯科衛生士
13:55〜15:25 「高齢者の栄養問題と口腔ケア」
          藤本 篤士 先生
          医療法人渓仁会西円山病院歯科診療部長
          北海道大学大学院歯学研究科非常勤講師
15:40〜17:10 
    「…おいしく食べる…を支援する歯科医療をめざして」
          栂安 秀樹 先生
          つがやす歯科医院院長
          帯広大谷短期大学専任講師
17:10〜     質疑応答

お問い合わせは
     FAX: 0940−35−2852
TEL: 0940−35−2852 

明日、札幌で所用があり、あさっては診療の予定があるので、私が参加するのはとても無理だと思っていたのですが、調べてみると札幌発着でかろうじて日帰りできる事がわかりました。フライト時間の関係で、最後までは聞けないのですが、急遽受講させて頂く事にいたしました。
栂安先生、藤本先生のお話をうかがうのが、とても楽しみです。

イラスト入り名刺

昨年作って大好評?のイラスト入り名刺。
060120.jpg

今年も新たにメインテナンス、口腔ケアに加わる歯科衛生士の分と、訪問診療主任の分で、合わせて6人分発注予定です。

「美人に撮れた写真を出してね!」と言ったのがプレッシャーになったのか、発案から約10日、6人分の写真が集まりました。
スキャナーで取り込むものが二人分あるので、来週はじめくらいの発注になりそうです。
ああ、USB接続できて軽くて小さくて昔よりずっと安くなっている使いやすいスキャナーが欲しいなあ。でも、使用頻度が低いから、10年選手SCSI接続当時の高級品のでがまんします。

2006年01月19日

重量級登場!?

ある日、旭川・林歯科にやってきたのは、これです。
060119.jpg

株式会社モリタのレーザー照射器「アーウィン アドベール
え!買ったの??
いえ、試しに借りているところです。

ところが、これ、すごく大きい。
そして重たい。100kgくらい?床が抜けないか、ちょっと心配です。
さらに、石英チップのお値段が!!高い〜。
壊したらどうしようと、どきどきです。

2006年01月18日

あいファミリー歯科への見学研修

昨日は、友人のあいファミリー歯科・院長水野先生にお願いして、研修医の医院見学を実現しました。

今年度の北海道医療大学の歯科医師研修のシステムでは、大学病院で8ヶ月、協力歯科医院で4ヶ月の研修を行なうのですが、一つの医院だけでは開業歯科医院の姿をつかむ事はできないであろうと考え、今回のあいファミリー歯科見学、来週もう一軒友人の歯科医院見学をお願いする事にしました。

今朝、報告を聞いたところでは、林歯科医院とは様々な違いがある事を感じたようです。

近日中に、レポートを提出してもらい、あいファミリー歯科にも転送する予定で考えています。

2006年01月17日

寒い中、旭川・林歯科へのご来院ありがとうございます(3)

テレビでは、そろそろインフルエンザのシーズンですとの報道が続いています。

旭川・林歯科では、帰り道にお使いいただけるよう、受付に「使いすてマスク」をご用意いたしました。歯科医院用の医療用高性能マスクですから、ドラッグストアなどでも入手できない貴重品です。

060117.jpg
受付カウンターにこのように置いていますので、お一人一枚まで、お帰りの際にお持ちください。

2006年01月16日

お詫び:夜半の救急車

本日夜半、旭川市末広の林歯科医院前まで、救急車がサイレンを鳴らしてやってきて停まりました。近隣の方は、「林歯科で何か事故が?」と、さぞびっくりされたかと思います。ご迷惑をおかけしました。院長に変わり、お詫び申し上げます。

私たちも、医院の駐車場前を塞ぐ形で突然救急車が高らかにサイレンを鳴らして停まり、そこで回転灯をぐるぐる回したままにしているのを見たときは「いったい何事か!!!」と驚愕いたしました。

これは、林歯科医院に外傷のため急患来院された方の付き添いの方が待合室で具合が悪くなり、ご本人の判断で呼ばれたものだそうです。救急車到着時には、既に椅子に座る事もでき、歩行も可能な状態でした。ご安心ください。

倒れた方も、来院された方も、救急車を呼んだ事を一言もスタッフに言ってくださらなかったのは、残念でした。

どうぞ、待合室で具合が悪くなられた方は、まず林歯科医院スタッフにお申し出くださいますよう、お願い申し上げます。

再び!目標達成

10月に続き、12月にも目標達成です。
旭川林歯科医院2階メンテナンス班スタッフ常勤4名非常勤3名の一ヶ月間のメンテナンス患者数が目標人数を超えました。

7名の健闘を称えて、今回も

金 一 封060116.jpg


を用意しました。気持ちばかりですが・・・

新婚旅行中の花嫁の分もちゃんと取っておきますので、元気で帰ってきてくださいね!

2006年01月15日

旭川市・林歯科医院の日曜診療

林歯科医院の日曜診療は、午前十時開始。受付終了が一時半です。昨日、午後からお休みしたためもあって、今日の日曜診療の予約はかなり混み合っていました。

最終的に、通常の虫歯治療のために来院された方が25名、インプラント(手術を含め)3名、メインテナンスのために8名、合計36名の方が本日来院されました。途中、お待ち時間などでご迷惑をおかけしたのではないか、心配です。

混み合っているのがわかっていましたので、スタート時から皆がいつにもまして緊張を保って診療に取り組んでくれました。終了後、院長がふざけて「楽勝だったね!」と声をかけたら「とんでもありません〜」という声があがったそうです。

2006年01月14日

おめでとう!Happy Wedding

今日の午後休診したのは、実はこのためでした!

060114_2.jpg

見てください。花嫁さんの美しい笑顔と、後ろに揃った林歯科医院スタッフのユニフォームを脱いだ晴れ姿です。

今日は、高砂台に新しくできたばかりの結婚式場「ブルーミントンヒル」で、
060114_1.jpgCIMG1320.jpg
スタッフの結婚式が行われました。皆が出席するため、今日は午前中で診療を終了し、こうして盛装で集まりました。ここしばらくスタッフの結婚はいつも身内の方でということが続いていましたので、参加するスタッフの要望に応えて、患者さんにはご迷惑をおかけしましたが、午後のお休みをいただいた次第です。

久しぶりの華やかな、しかもとても心温まるすばらしい披露宴でした。
CIMG1318.jpg
お二人のお幸せを皆でお祈り申し上げます。

明日は、通常通りの診療、しかもいつにもまして多くの患者さんのご予約が入っております。皆で、明日も一生懸命診療にあたらせていただきます。

休診のお知らせ(旭川市・林歯科医院)

本日、1月14日(土)は、都合により午後から休診いたしております。
歯の事でお困りの方には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
明日、1月15日(日)は平常通り午前10:00より診療を開始いたします。

2006年01月13日

旭川市・林歯科医院に患者さんが来院される理由は?

林歯科医院のある旭川市末広2条11丁目は、旭川市の新興住宅街末広と北海道らしい田園風景の広がる東鷹栖の境目の末広側にあります。小学校の校区は、一学年一クラスの近文第一小学校ですが、もう少し近くにある一時期は在校生1000人を超えるマンモス校であった陵雲小学校に通う事も可能です。

近くには国道40号線と12号線=旭川新道が走っていますが、そのどちらにも面していない宅地の中に立っています。とても分かりにくい場所です。あちこちに立て看板を置いているのですが、初めて来院される方が道に迷って電話を下さる事も度々です。今は、皆さん携帯電話をお持ちですが、開業した頃は、公衆電話を探してさらに迷ってしまわれる方もいらしたほどです。

 そんな林歯科医院に、今日もたくさんの患者さんがいらしてくださいます。
 本当にありがたい事です。

 さて、どうしてそんなたくさんの方がいらしてくださるのでしょうか?

道にたくさん看板があるからでしょうか?
電話帳に大きな広告を出しているから?
インターネット時代に乗り遅れないようにと、私が毎日こうしてブログを書いているからでしょうか?

いいえ。違います。違うのがわかりました!

昨年の11月、とあるセミナーで、きちんと患者さんのアンケートや問診票を集計して、どうやって自分の歯科医院を選んで頂いているかを調べるべきだと言われました。問診票には開業以来簡単なアンケートを付けていましたが、今まできちんと集計した事はありませんでした。

そこで、一念発起、11月1日からの全く初めて林歯科医院にいらした方の問診票を受付スタッフに頼んでコピーしてもらい、一部はカルテと一緒に保存、もう一部は時系列順に閉じてもらう事にし、月に一回集計する事にしました。林歯科の受付スタッフは、普通の歯科医院の受付スタッフの何倍も仕事がある、気働きと心遣いを求められるハードな職種なのですが、私の期待に応えて毎日コピーをファイルしていてくれました。

まず12月初めに11月分の集計、昨日は12月分の集計と2ヶ月間の累計を出し、院長に報告したのですが、なんと他の理由を圧倒的に上回って、

約4割の方が「人に勧められて」林歯科医院に来院

されている事が、はっきりとわかりました。

院長と私は感動を噛み締め、今日の朝礼で皆にも発表し、集計表を廊下に貼りました。これからも、来院した方が「林歯科いいよ!」と勧めてくださるような、紹介されて来院される方の期待にお応えできるような、歯科医院を目指します。

2006年01月12日

お待たせして申し訳なく存じます

今日は、途中で急患の方が見え、後半お待ち時間が長くなってしまいました。
スタッフ一同、皆様にご迷惑をかけ、申し訳なく存じます。

とはいえ、痛みがあるなどのお困りの方をお断りするのは、旭川市林歯科医院の診療方針に反しており、いたしかねることです。院長も、私も、スタッフの全員がお待たせしている方をできるだけ早く診療できるよう、全力を尽くしております。なにとぞ、ご理解をいただきたくお願い申し上げます。

2006年01月11日

院内勉強会:歯周外科 2005第三回

今日は午後9:00から、研修医の先生の歯周外科の実習の第三回目でした。
CIMG1299.jpg CIMG1297.jpg
 左は真剣な顔で実習中     右はブタの下顎 さあ 何をしてあるのでしょう

↓ アップで。会心の出来(本人談)の「歯肉弁移植手術」です。ピンぼけですが。

CIMG1297_1.jpg

今日のテーマは、フラップの縫合、遊離弁移植手術、正ロール法の三点。研修医の先生の手技の向上が見られるのがやりがいです。本人も「だいぶ慣れてきました」「同じ事が短い時間でできるようになりました」と言っていました。

この実習が、これからの彼の臨床の場で生かされる事を期待します。

2006年01月10日

旭川の花屋「花太郎」さん

旭川市、昭和通りに面した4条6丁目にある花屋さん、「花太郎」さんをご存知ですか?

060110.jpg

現在、林歯科医院がお世話になっている花屋さんがこの「花太郎」さんです。
週に一回、かわいらしいお花を届けてくれます。クリスマスの日に配った小さなシクラメンの鉢植えを届けてくださったのもこの「花太郎」さんです。もちろん訪問診療で入れ歯をセットするときに差し上げている一輪のお花も。

林歯科医院の受付には、10数年前から週に一回お花を届けてもらい飾っています。当時夜間の受付を手伝ってくださっていたNさんの提案です。他にもさまざまな提案をして頂き、受付の老眼鏡、うがいコップの横の使い捨てタオル、今は行なっていませんが待合室の隅に眼鏡の洗浄機を置いていた事もありました。

さて、この届けて頂くお花の花屋さんは、実は「花太郎」さんで三軒目です。たまたま店員さんが治療にいらしていてお願いする事にしたのですが、届けて頂くお花の種類といい心配りといい本当にすばらしいのです。

これ、何だと思いますか?

060110_2.jpg

「花太郎」さんは必ず届けてくださった花の名前をカードにして持ってきてくださるのです。受付に花を飾っていると「これはなんと言う花ですか?」と聞かれる事がよくあるそうです。これまではわからない事が有ったそうですが、いまはこうして受付カウンターの裏に持ってきてくれたカードを貼ってあるので、誰が受付にいてもすぐ自信満々でお応えできるのだそうです。

*もちろんチューリップとスイートピーならカードがなくても大丈夫ですよ!
 今まで見た事もない素敵なお花のときがあるんです!!

クリスマスに配った鉢植えも全てかわいらしいラッピングをしてくれていました。今までは、スタッフがラッピングしていたのです。

私たち、林歯科のスタッフもこのような小さな心配りで喜んで頂ける歯科医院を目指したいものです。

2006年01月09日

「成人式に「白い歯」で輝こう!」キャンペーン終了

ご好評をいただいた「成人式に白い歯で輝こう!」キャンペーンは、昨日診療終了を持ちまして、終了いたしました。

また、林歯科医院の新しい試みをお待ちください。
お楽しみに!

休診のお知らせ(旭川市・林歯科医院):成人の日

本日1/9は、成人の日のため休診いたしております。
新成人の皆様おめでとうございます。

なお、お休み期間中にお困りの場合、

旭川歯科医師会の休日診療に付いては、道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

歯科以外での救急医療体制に付いては、北海道救急医療・広域災害情報システムのサイトが参考になると思います。

2006年01月08日

旭川・林歯科医院の新年会

12月のある日、衛生コーナーの壁に「新年会参加者募集」「一人3000円」「お店を貸し切り」という見知らぬポスター?がありました。紙にお店の広告の切り抜き、横に「参加者は○を付けてください」と名前の表。私と院長の名前もありました。

??

「これ何?」と聞くと、スタッフが自主的に手配してくれた新年会でした。 もちろん万障繰り合わせて(何もなかったけど)参加しますとも!

それからしばらくすると、「院長、少し補助してもらえませんか・・」との声が。
「うーん、一人1000円位なら」と逃げ回っていた院長ですが、皆が企画してくれたのがうれしかったのでしょう。昨日の朝礼で「2000円出します!」との宣言が出ました。

夕方7時、乾杯





にはじまり、9時半までお店を貸し切って22名参加のにぎやかな新年会が行われました。若い人たちが二次会へ行く中、私たちはもう家に帰ってきました。36街で今一番にぎやかに騒いでいる楽しそうなグループは、きっと林歯科のスタッフでしょう。

DVC00002.jpg DVC00004.jpg DVC00005.jpg

プリニア:音波振動歯ブラシ

林歯科医院では、ある一定の条件を満たした方に様々なデンタルグッズをプレゼントしています。通院の最後にこのプレゼントを楽しみにされている方、メインテナンス通院中に時々プレゼントをゲットしていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

このブログでも、時々プレゼントしているデンタルグッズをご紹介したいと思います。

もちろん、林歯科医院に通院された方限定です。

こちらは株式会社GC(ジーシー)が出している音波振動歯ブラシプリニアです。

CIMG1291.jpg

旭川・林歯科のメインテナンススタッフお薦めの電動歯ブラシ。価格¥9,500-+税で受付にて販売中です。

メーカーホームページによる商品の特徴はこちらのとおり。

患者さんのオーラルケアをよりレベルアップさせるために、リニア音波振動の技術を取り入れた歯科医院専用の音波振動歯ブラシです。カーブネックにより奥歯までみがきやすく全体的なブラッシングに最適な「カーブフロートブラシ」に加え、ポイントみがきに最適な「ワンタフトブラシ」もご用意。さらに低研磨性でフッ素を配合した「音波&電動歯ブラシ用歯みがきペースト」も標準装備するなど歯科医院専用のこだわりを持っています。

このプリニアもデンタルグッズプレゼントキャンペーンの対象です。

2006年01月07日

Kidzania!すごい

今、テレビを見ていたらKidzaniaというテーマパークの紹介がありました。

kizaniaのホームページはhttp://www.kidzania.jp/
(2006.1.7 09:00現在はService Temporarily Unavailable
The server is temporarily unable to service your request due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later. 
テレビ紹介でサーバーダウン? )
(2006.1.7 10:00現在 閲覧可能)

Kidzania は、2006年10月より東京・豊洲に開業する、子供向けの職業・社会体験テーマパーク。遊びながら社会のしくみが学べ、施設内には実際とそっくりの空港やテレビ局、警察、病院、コンビニなどのパビリオンがあり、子供は興味のあるパビリオンで仕事が体験ができる。
http://japan.internet.com/busnews/20051115/4.htmlより引用

実際にそっくりというか、2/3モデルの街の中で20分単位で様々な職業を学んで体験でき、発祥地のメキシコでは学校の体験授業に利用され半年先まで予約がいっぱいとか。

消防士になった子は、筋トレしてたと思ったら、火事の現場に走っていく。仕事をするとkizaniaの通過でお給料がもらえて貯金して次回来たとき使える。その貯金で自動車学校に行って免許を取ってレンタカーで運転できちゃう。レンタカーを返すときはガソリンスタンドによって給油して満タンで返す!

歯医者さんもあるのかなあ??
子供のときkizaniaで歯医者さん体験をして歯科医師や歯科衛生士を目指しましたなんていう人と出会う日も近いのかな。

もうすごく楽しそうで、私も子供になって行ってみたい!
子供が小学生だったら絶対連れていく!!
貯金しちゃったらリピートしちゃう!!

なんだか朝からワクワクしました。

ブレスチェッカー:口臭測定器

林歯科医院では、ある一定の条件を満たした方に様々なデンタルグッズをプレゼントしています。通院の最後にこのプレゼントを楽しみにされている方、メインテナンス通院中に時々プレゼントをゲットしていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

このブログでも時々プレゼントしているデンタルグッズをご紹介したいと思います。

もちろん、林歯科医院に通院された方限定です。

最近は、口臭外来のある歯科医院があるほど、口臭に敏感な方が増えています。
林歯科医院でも口臭測定器を置き、口臭の悩みにはできるだけお応えするようにいたしております。

さて、自分で簡単に口臭をチェックできる機械があります。
CIMG1288.jpg

これがその、タニタ社のブレスチェッカー。林歯科医院での販売価格は¥3,500-です。

現在、このブレスチェッカーもデンタルグッズプレゼントキャンペーンの対象となっております。

2006年01月06日

地域医療連携:旭川赤十字病院

このたび、旭川市・林歯科医院は、「旭川赤十字病院」の医療連携ネットの登録医となりました。
これは赤十字病院が行なっている地域連携のシステムで、下記のような目的のために立ち上げられたものです。(旭川赤十字病院地域連携室ホームページより引用)

登録医制度とは?

 平成14年4月の医療法改正により、平均在院日数の短縮や外来診療の見直し等により、医療施設間の密接な連携と機能分担の強化がさらに重要となりました。

 そこで私たちは、地域完結型医療の実現を目指し、いま以上の連携強化と機能分担をすべく情報交流の場の一環として、旭川市や近隣市町村の医療施設のみなさまと登録医制度を実施することといたしました。
 
 実施するにあたりさまざまな問題等があるとは思いますが、地域医療施設のみなさまをはじめ、地域住民のみなさまにもご理解いただけるよう努力してまいります。

林歯科医院でもこの趣旨に賛同し、地域医療機関の連携の一端を担いたいと考え登録医となりました。この連携のネットワークを通じて多くの方のお役に立ちたいと考えています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

CIMG1284.jpg

寒い中、旭川・林歯科へのご来院ありがとうございます(2)

林歯科医院の玄関は、両開きの扉になっています。
雪のシーズンは、ドアの下に雪がたまって閉じにくくなり、玄関の中は寒くなりがち。皆さんのお履物が、帰宅の頃にはすっかり冷えているのではないかと思います。

そこで、おくればせながらこのようなものを付けてみました。
CIMG1287.jpg

エアーカーテンになるサーキュレーターだそうです。
現在、狭い場所で安全な小さなオイルヒーターを探しているところです。

今日も寒い中、旭川・林歯科にいらして頂きありがとうございました。

2006年01月05日

寒い中、旭川・林歯科へのご来院ありがとうございます

寒い日が続きますね。今朝、9:20ごろ家を出るときで、外気温が-13℃でした。
いつも寒い中、ご予約通り林歯科へご来院いただきありがとうございます。

診療が終わって外に出られると、クルマの中は冷えきっているでしょうし、ハンドルを握るとひんやりすると思います。とてもつらいですよね。

さて、そんなときのために、林歯科受付に小さなカイロをご用意しました。もしよろしければ帰り道のお供に御持ちください。院長からのささやかなプレゼントです。
060105.jpg

2006年01月04日

むむ、これは何だ??

CIMG1276.jpg

?? 新春一日目の旭川市・林歯科医院の診療室の片隅に静かに置いてある「これ」はいったい何?

ぐるぐる回してみると

CIMG1274.jpg CIMG1275.jpg

おや?全部違う?OIL?AIR1?
ちょっと離れてみると

CIMG1279.jpg

あれれ?三角柱になっている。何かの上に乗っている。
下にあるのは・・・

CIMG1278.jpg

おお。これは、歯科で歯を削るときに使う機械の手入れをするための機材「NSK-CARE3-PLUS」です。オイルを注し、エアーを二回通して乾燥させるのですが、現在がどのターンになっているかが表示されず不便なのが欠点です。(早く改良してください→NSKさん)

以前は、スタッフが工夫して、テープ上の紙を三角柱に折って各面に手書きで「オイル」「エア1回目」と書いてあったのですが、さらに年末の大掃除の際に一工夫してこんなかわいいGOODSを手作りしてくれていました。
すごい!びっくり!!

え?自慢話?もちろんですとも。

2006.1.4.am10:00 旭川・林歯科本院始動

am9:00の口腔ケア班朝礼に続き、9:45から本院にて朝礼。

今年一年の目標と実行予定表を発表し、スタッフの目につくところとDr.ルームに掲示してもらうよう依頼。今年からの新しい取り組み、院内の改装予定、人事評価システム、講習会の主催予定、学会発表準備などの概要を伝えました。
もちろん、私たちの控え室と自宅にも目に見えるところに貼ります。

新年の挨拶をし、院長から年初の目標発表を終えた後、スタッフの連絡ノートから、前年の大掃除の際にレイアウトを変えたもの、新規に導入した整理方法の伝達があり、続いて受付から先月の来院状況、キャンセル率の発表、訪問診療の待ち患者状況の発表があり、本日のいつもより少し長い朝礼を終了しました。

私としては、12月の小児リコール予約のキャンセル率が10%であったことがうれしい事でした。全体のキャンセル率は12%とほぼ通常通りです。

現在、林歯科医院は年末年始のお休みを終え、訪問診療車は出発し、本院診療を開始いたしております。

2006.1.4.am9:00 口腔ケア部門始動

朝、9時少しすぎに旭川市・林歯科医院・訪問診療相談センターに到着したところ、既に機材準備の方2名が階下で作業中、2階では訪問口腔ケアスタッフが集合し準備中でした。

通常は、ケア班の朝礼には参加していないのですが、年始という事で院長と私も出席し、今年一年、特に前半の目標と実行スケジュールを説明し、3月までに行なう事を伝えました。

今年は、昨年末の時点で旭川市外での講習会の依頼も数件受けており、外部への情報発信もしっかり行なって行きたいと思います。

現在、9:33。訪問口腔ケア部門は始動しています。

お待たせしました

年末年始のお休み中は、皆様方にはご不便をおかけいたしました。

旭川市・林歯科医院は本日午前10:00より平常通りの診療体制にてスタートいたします。
今月のお休みは1/9(月)成人の日です。

本年も毎日ますます新しい林歯科医院をよろしくお願いいたします。

2006年01月03日

今年の目標

今日の仕事の予定は、成人式記念キャンペーンポスター、今年2006年の年間目標、年賀状住所録を印刷することと、住所変更の確認をすることです。年賀状を出していない方がいないかのチェックも兼ねています。

昨日夜、私たちは、岩渕龍正さんのDVDを見た後、決意も新たに今年の目標について話し合いました。今朝起きてからは、昨日話し合った事をもとに1年間の予定表を作成しました。概ね半年については決定事項とし、後半は今後の状況に合わせて細部を決めて行く事になるでしょう。

  え?どんな目標?
  それは内緒!企業秘密!!

明日は、朝から口腔ケア部門の9時始業の朝礼に出席し今年の目標=予定表を渡して説明をし、10時前に本院朝礼でも説明をして、各部門のチーフと細かい打ち合わせをしながら、今年前半の始動をするつもりです。

今年のスタッフからの年賀状には、「もっと頑張りましょう!」「楽しみにしています!」という頼もしい言葉が踊っていました。

今年も旭川市・林歯科医院は患者さんの期待を上回り、スタッフの期待を超えて行くような、さらに新しい明日を目指しています。

成人式に「白い歯」で輝こう!ポスター完成

昨日急遽決定した「成人式に白い歯で輝こう!」キャンペーンのポスター印刷のために、今日は旭川市・末広にある林歯科医院オフィスまで出勤してきました。明日朝の仕事始めの朝礼で、このポスターを貼って今週こういうキャンペーンをしますよという御話をするための準備です。

060103.gif

早速プリントしようとしたところ、キャノンのプリンターのインクが途中でなくなり、用紙もちょうど切れてしまうという「想定外」の状況に陥りましたが、もう一つのエプソンのプリンターでなんとか回復してプリント終了。このくらいの事は「想定内」と言えなければね・・

2006年01月02日

成人式に「白い歯」で輝こう!

今年の旭川市「成人を祝うつどい」は1/9(月)市民文化会館で行なわれるそうです。

そこで、林歯科医院は、今年成人式を御迎えになる方へのプレゼントを企画しました。成人式を迎える方が、1/9までに歯のマニキュア「ホワイトコート」を行なわれる場合は、料金無料で施術いたします。一回の来院で、輝く白い歯を実現するホワイトコートの施術例をご覧ください。

自然な歯をより白く 変色歯を自然な白さに
デンタルコスメ White Coatカタログより抜粋

ご来院の際は年齢のわかるものを御持参ください。予約なしの飛び入りの方も御受けします。
もちろん男性の施術も歓迎いたします。

ご連絡・お問い合わせは
   林歯科医院受付57-6655、
またはinfo@dendendental.com まで

なお、ホワイトコートは永久的に使用するものではありません。一ヶ月後には剥がさないとトラブルの原因になる可能性がありますので、必ず次回のご予約を御願いいたします。

たくさんの年賀状

1月1日、2日とたくさんの年賀状が届いています。

歯科医院が関連する業者のみなさん、患者さん、訪問診療を行なった様々な施設の関係者の方からも新年のご挨拶をいただきました。林歯科医院のスタッフ、退職した元スタッフの元気な声、学生時代の友人からの今年も頑張りますとの連絡、どれも今年一年の励みになるような年賀状ばかりでした。

毎年暮れの忙しい時期に年賀状を準備し、今年も年末ぎりぎりに投函し(まだお手元に届いていない方、申し訳なく存じます)、もう大変でまいったなあと思う事もあるのですが、ご無沙汰している方に私たちが元気に頑張っている事をお伝えするためにも続けなければと気持ちを新たにしました。

060102.jpg

2006年01月01日

あけましておめでとうございます

今年、2006年は旭川市・林歯科の更なる飛躍の年にする積りです。
昨日は、院長と二人、今年の目標について色々な事を話し合いました。きっと充実した一年になるでしょう。

プライベートでは、これからの人生を楽しめるような趣味を作ることができればと思い、幾つかのプランを立てました。

リンク