« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月30日

院内口腔ケア講習会@6月(準備編)

6月2日は院内スタッフ向け口腔ケア講習会<ベーシック編>を行います。
朝から夕方4:00までのスケジュールで、今年春から勤務されている非常勤の歯科衛生さん3名、2年目の常勤1名、分院から人事異動の常勤1名、計5名を対象に行う事になりました。講習の後順次アシスタントとして口腔ケアの臨床に付き添って経験を積んでもらう予定です。

当日は、まず最初に院長から林歯科医院の診療体系の中で口腔ケアが占めるポジションについて説明したいと思い、資料を作成しています。訪問診療に本格的に取り組むようになってもうすぐ6年になりますが、年々診療終了後のケアの重要性を思い知らされます。これからも院内のスタッフ育成、研鑽に励み、よりよい口腔ケアを患者さんのために行えるようでありたいと考えています。

口腔内写真を撮ろう

小樽の予防歯科懇話会から帰って来てから、口腔内写真管理班(今名前をつけました)の松田・飯田・谷の三名がはりきって写真のレベル向上に取り組んでくれています。撮った写真を2枚プリントしてカルテにしまうものとスクラップブックに貼って技術をチェックするものを作ったり、時間が空いたときに撮り方の工夫をして見せに来たりしています。

次のステップは、今まで使って来たミラーでは撮りづらい部分があるので、材料屋さんにミラーを見せてもらう事になりました。

開業時から矯正診療の方の資料は一眼レフのアナログカメラで撮っていたのですが、デジタルカメラのレベルが高くなって来た頃にちょうど故障してしまい、中級クラスのデジタルカメラに取り替えています。どうも、カメラの実力も彼女たちが目指しているレベルにあっていないようなので、買い換えを考えないといけないかもしれません。

こういうふうに、若い人たちのパワーで後押ししてもらって進化していけたらいいなと思っています。

運動会が終わって

今日は朝から子供さんの来院が多いなと思っていたら、近くの小学校が昨日運動会で、今日は振替休日になっているようです。そういえば、昨日の朝早く、花火の音が聞こえていました。

今年は、いつもより暖かくなるのが遅かったような気がしますが、昨日今日とぐっと暑くなっています。短い北海道の夏のスタートです。

2005年05月29日

院内勉強会@5月

5月14日に勉強会をする予定でしたのに、諸般の事情で変更になりしかも連絡不行き届きで参加できないものもおりましたが、ビデオを見る勉強会をようやく行いました。
かなり長いビデオで、1時間くらい見ては感想を話し合ったりしていたら、6時から始めたのに11時になってしまい、終了と言うか切りのいいところで中断しました。まだもう少しあるので、来週続けてみる予定です。


映像で見るタイプの勉強をこうやって感想を話しながらするのもいいものだと思いました。次は、総義歯の作り方のビデオを見ようというプランも立って、なかなか有意義な勉強会でした。

2005年05月28日

集団個別指導

昨日は、院長が集団的個別指導という保険診療の講習会を受講して参りました。
これは社会保険事務局が行っているもので、指導を受ける事が決まったら必ず受講しなければならないものです。厚生労働省の技官の先生のお話をうかがい、大変勉強になったとの事です。

院長が午前中休みを取るとなると患者さんにご迷惑がかかってしまうのですが、石井先生がお一人で成人の方の診療を受け持ってくださり、患者さんをお待たせする事もなく午前の診療を終える事ができ大変有り難い事でした。石井先生がいらして1年が経ち、いろいろなことを安心してお任せできるようになって来ていると思います。

一人一人の技術の向上が医院の総合力となり、患者さんに還元できるようこれからも頑張って行きたいと思います。

2005年05月26日

口腔ケア班ミーティング

木曜日は院長の休日ですが、今日でないとできない用事が多くあまり休みらしい感じはしないようすです。今日は、人に会う用事があったり、受付に増設する電話機を選んで来たり。、そして夕方は口腔ケア班の診療終了を待って5:00~9:00までミーティングでした。

今回のミーティングでは、これからの口腔ケア部門の目標設定、訪問診療部門との連携、6月の学会発表内容の検討等を行いました。

来週は、院内スタッフ4名を対象に口腔ケア講習会ベーシック編を行います。院長も出席の予定です。定期的に院内スタッフ対象の講習会を行い、口腔ケア技術の向上を図り、現場で実力を発揮してもらうつもりです。

2005年05月25日

説明するという事

小樽に行ったメンバーは、それぞれ歯科衛生士さんのプレゼンテーションから1〜2題テーマを決めてレポートを書いてもらうように言ってあるのですが、一人のメンバーから「ISO9001」って何ですか、との質問が出ました。

予防歯科のシステムを勧めている歯科医院は、日本ヘルスケア学会やISOの認証を取得する事で、システムの確立を試みる傾向があります。プレゼンテーションや教育講演で「ISO9001」という言葉が何度かでてきたので、それについての質問が出たのでしょう。ところが、説明をしているうちに自分自身が正確に理解していない事がだんだん分かってきました。いろいろな本に出てくるのを拾い読みしていましたが、あまり関心がなかったためか、しっかり理解していなかったようです。

「自分の説明に対して、患者さんがなかなか理解や共感を示してくれない」という悩みは多くの医療関係者から聞く事ですが、「正確に理解していないので、説明がわかりにくく患者さんに伝わらないのではないか」という回答をよく見ます。確かに、説明をしてみると、自分が分かっていない部分が明らかになってくる事があるものです。

人に簡単な言葉で分かりやすく伝えるためには、自分自身がかなり深いところまで考えていないといけないものであると再確認しました。

2005年05月23日

北海道予防歯科臨床懇話会から戻って来て

「北海道予防歯科臨床懇話会」は、5年ほど前、帯広のつがやす歯科の栂安先生を始めとする北海道各地で予防歯科を志し様々な研修会で研鑽を積まれていた先生方が、北海道内で切磋琢磨しながらやっていきましょうということでスタートした会とうかがっています。

 ちょうどその頃、林歯科医院でも、診療終了後のメンテナンスについて考え直さなければ行けないと思っている時期でした。毎年必ず参加して来たという訳ではないのですが、例会に参加するたびに、そのとき悩んでいる事が明らかになったり解決法が見つかったり、本当にこの会にお世話になりながら歩んできました。

 例会では、各医院のスタッフの皆さんが行うプレゼンテーションと講師の先生のお話を伺う講演会が二日にわたって行われました。
 自分と同じくらいの年齢・キャリアのスタッフが、予防歯科に力を入れている道内各地の歯科医院で行っている事、悩んでいる事、解決した方法等を聞き、触発される部分が多かったのではないかと思います。
 今回の講演は、山形市の斉藤直之先生から、斉藤先生のオフィスが「健康を守り育てる診療室」を目指してたどって来た道のりをうかがいました。様々な勉強をし人材を育成し、そのために必要な環境を整え、さらにそれが動くシステムを確立して来たステップを聞く事で、これからの私たちがたどって行くべき道筋を教えて頂いたように思います。

 今回参加したメンバーにとっては口腔内写真の取り方・練習の方法などが興味深かったようです。早速今回知った機材をそろえ、練習方法を取り入れて、よりよい口腔内写真を短時間で撮れるようになっていきたいと思います。

口腔ケア勉強会

5月12日(木)、札幌の小城先生が主催される口腔ケアの勉強会に口腔ケア班のスタッフが参加しました。小城先生は、私どもの勤務医の木村先生の大学時代の同級生です。林歯科医院の旭川における口腔ケアの活動にも関心を持って頂き、来月早々にも見学に見える事が決まりました。

口腔ケアを行っている様々な医療機関・従事者と情報交換を行いながら、困っている方の役に立つ口腔ケアのシステムをこの旭川の地でも確立していきたいと思っています。毎日が勉強です。

2005年05月21日

小樽で予防歯科臨床懇話会

前半の今日は、衛生士さんのプレゼンテーション。
8つの歯科医院を代表しての発表で、それぞれの歯科医院の工夫や取り組みがわかり、大変興味深かったです。

終了後の懇親会は、第3埠頭から船に乗って祝津に移動して海産物たくさん、たべきれないほどでした。主管の熊沢歯科医院の皆さんの苦労がしのばれました。

SANY0013.JPGppc.jpg SANY0017.JPGppc.jpg

2005年05月20日

北海道予防歯科臨床懇話会(小樽)

明日、明後日と小樽で予防歯科臨床懇話会の例会です。懇話会メンバーのスタッフミーティングと、講師にいらして頂く山形市の斉藤直之先生のお話を伺います。

私とスタッフ5名で行きますので、8個の演題を一人1〜2題レポートで提出してもらう予定です。小樽でのお食事も大変楽しみなところですが、先週の扁桃腺炎から体調が今ひとつなのが残念です。

今回の宿の手配は私がやりましたが、JRのチケット、時間設定等は参加スタッフがやってくれました。数年前まではこういう事も全部自分でしていたのですが、皆が考えて動いてくれるようになって助かります。

無名塾@5月

今日は院長は、歯科医師会の分科会のような同年代の集まりに出席です。
肩の凝らないメンバーの集まりで、いろいろな情報交換や悩みの相談もできてよい集まりのようです。去年は会計になっていたので、どうしても都合がつかなかった一回をのぞいて出席していました。会計の時はお金を預かるので緊張すると言っていましたが、前回で引き継ぎも終わってほっとしたようです。

明日は、もう一つの分科会と一緒に勉強会があるそうです。

2005年05月19日

小学校の歯科検診

今日は午前中診療を休んで、新人歯科衛生士さんと二人で小学校へ歯科検診に。
近隣の小学校は、開業した頃は一学年5クラスのマンモス校でしたが、次第に学級数が減って来ています。以前に比べれば時間は掛からなくなりましたが、4人の歯科医師で分担して、だいたい2時間以上はかかっています。

ここの小学校では検診をここ数年体育館で行っています。おそらく体育館で行うのは、特別教室等を使うと、待っている子供の声で近くの教室がうるさくて困るというような理由があるのではないかと思います。

採光の点から言うと少し暗い事、声が抜けてしまって筆記者に聞き取りにくい事等が気になります。また、大きな場所に集まっているせいか、待っている子供たちの私語がだんだん大きくなっていくのも困った事です。なんとか筆記者に届くように声を出しているうちに、喉がかれて、例年2,3日はつらい思いをしています。帰りにキシリトール入りの「のど飴」を買いました。

十数年検診に伺っていて思うのですが、全体としては子供の虫歯は少なくなって来ています。ところが、なかに何人か大変虫歯の多い子もいます。いろいろな検診事業や、知識の普及、予防歯科の進歩、少子化で一人の子供に手をかける育児の形等いろんな理由で虫歯が減って来ているのだと思うのですが、そこから取り残される人がいないようにするのにはどうすればいいのでしょう。なかなか難しい問題です。

学校検診の精度と意義についてはまた別にいろいろ思う事があるのですが、それはまた別の機会に。

2005年05月17日

扁桃腺炎

先週から扁桃腺を腫らして高熱を出し、内科にかかってお薬を頂いていたのですが、だいぶ元気になりました。子供の頃から扁桃腺肥大で、小学校の頃は年に一度、大人になってからも数年に一度は熱を出します。風邪の時と違って鼻水や咳はほとんどなくて、いきなりどーんと熱が出て、ぐったりというパターンです。

高熱を出して汗を流している間は、今度こそ元気になったら扁桃腺を切ろうと思ったりするのですが、元気になってしまうと入院すると仕事も大変だしなあと思いながらいつの間にか忘れてしまいます。まさしく喉元すぎればなんとやら。今回も、少し元気になってから、扁桃腺+発熱、+手術、などで検索していろんなホームページを見てみました。やっぱり切ると発熱はなくなるようですが、なかなか決心がつきません。

なにかに似ているなあと思ったのですが、それは親不知を時々腫らしてしまう方達です。
林歯科医院のホームページで最も検索されているのは親不知の説明です。皆さん、このごろの私と同じような気持ちでご覧になっているのでしょうか。お役に立っていればいいのですが、中には調べるほど怖くなってしまう方もいると聞きます。逆効果にはなっていないでしょうか。心配です。

さて、扁桃腺の民間療法で、「仙人草」という草を使う方法がある事を今回知りました。うーん、跡が残るのが気になるけど、ちょっと興味あります。

2005年05月15日

院内メンテナンス班ミーティング

日曜診療の終わった午後3:00過ぎから、2階の歯周病メンテナンス班のミーティング。
今後の診療体制、メンテナンス班の増員計画等について話し合いました。

法人化する前は分院、現在は関連医院として運営して来た「緑が丘歯科矯正歯科クリニック」が来る6月1日をもって完全独立する事となり、緑が丘勤務の常勤衛生士2名、非常勤歯科助手1名が林歯科医院本院に異動となります。

これで、林歯科医院本院・メンテナンス・訪問診療・口腔ケアの各部署で活躍する衛生士さんは、常勤15名、非常勤15名の大所帯となりました。私たちが、メンテナンスと口腔ケアに力をいれる歯科医院に姿を変えてきたここ3年ほどの間に、歯科衛生士さんが行う仕事がどんどん膨らみました。こんなにたくさんの人材が集まっていますが、まだまだ人手不足を感じることがあります。

2005年05月13日

新人登場

5月9日月曜から、新しい常勤の歯科衛生士さんが勤務されています。

知人の診療室で人手不足の間、半年契約の非常勤で勤められ、期間満了により退職されたのですが、大変まじめな方との事で知人の紹介で面接にいらっしゃいました。冬期の半年間、上川町から一度の遅刻もなく通われたと聞けば、旭川に住んでいるものなら誰でもそれはすごいと思うと思います。

林歯科にはもう一人上川町出身の衛生士さんがおり、同じくらいの年齢という事で「知り合いだったりして」と言っていたのですが、なんと面接にいらしたのは保育園からの幼なじみという事で、皆びっくりしました。

これから林歯科の新しいパワーとして力を発揮してくれると思います。楽しみです。

2005年05月10日

雪です

朝、なんだかいつもより明るいような気がして目が覚めて、ネットのチェックをしていたら、あいファミリー歯科の水野先生のエントリーに今朝は一面の銀世界との記述がありました。
びっくりしてカーテンを開けてみたら本当です。あたり一面の銀世界。あっという間に冬の風景に逆戻りしていました。
050510.jpg
例年だとそろそろ旭川でも桜のシーズンなのですが。

2005年05月08日

ゴールデンウイークおしまい

林歯科医院は金曜日から通常の診療体制に戻っていますが、世間のゴールデンウイークも今日でおしまいですね。昨日、今日といつもの土日と比べて急患の連絡が多かったようです。

昨日は、5月には言っているのに雪が降って、旭山動物園の人出もぐっと少なかったようです。去年は二回行ったのですが、行くつもりだった冬の動物園には行きそびれてしまいました。今年は、ぜひ!

2005年05月06日

小さなお子さんの定期検診

例年、虫歯予防デーに向けてささやかなイベントを企画するのですが、今回は3ヶ月ごとに定期検診にいらしているお子さんを対象に5〜7月の間の検診日に小さなプレゼントをご用意しました。ほんとうにささやかなものです。

しばらくいらっしゃっていない方にも、検診をお薦めするはがきをお送りしております。もし、心配な事がおありでしたら、ご連絡ください。

今回、用意した葉書が、今日連休の合間の平日にかなりの量戻って来てしまって、準備にあたってくれた受付スタッフががっかりしていました。ご連絡が途絶えている期間にお引っ越しされてしまった方も多いようです。もう少し頻繁にアプローチした方がいいのかなあと思ったりしました。

2005年05月05日

GWもおしまい

10連休の方はまだお休みが続いているかと思いますが、私たち林歯科医院のお休みは本日5/5で終わります。
明日5/6(金)は平常通り午前10:00より診療開始です。
5/7(土)5/8(日)も診療していますので、お困りの方はご連絡ください。連休前の予約状況はかなり混んでいましたので、お待ち時間はかかるかもしれませんがお受けしたいと思います。受付のものとご相談ください。
電話受付は午前8:30から診療終了時まで。電話番号は0166-57-6655です。

2005年05月03日

休診中です

今日はとてもいいお天気です。北海道は全道天気に恵まれたゴールデンウィークの3連休になりそうですね。林歯科医院は今日から三日間お休みを頂きます。

旭川で連休中に歯の事でお困りの方、旭川歯科医師会は道北口腔保健センターで休日の急患に対応していますのでご相談なさってください。

2005年05月02日

明日から休診日です

明日から3日間、5/3.4.5は祝祭日のため休診いたしますので、3連休となります。
本日5/2の診療は、受付午後8:00までとなります。
休診日も事務職員等が出入りしておりますが、原則として休診日の診療はお断りいたしておりますのでご了承ください。

なお、旭川歯科医師会は道北口腔保健センターで休日等救急歯科診療を行っております.
休日にお困りの際にはご利用ください。

ビジネスブログに掲載

有限会社イーナチュラルさんからメールを頂き、「ビジネスブログ-企業のブログマーケッティング事例集」に掲載されたとのことです。ビジネスブログと言われるのは面映い気もしますが、これからも頑張っていこうと思います。

さて、イーナチュラルさんではすぐにはピンとこなかったのですが、こちらの頁を見て分かりました。なんと、いつも読んでいる [N]ネタフルのコグレマサトさんの会社でした。もう、大変光栄です。

待合室リニューアル(2)マッサージチェア

どーんと一度に改装するのは難しくても、少しずつ使いやすく快適で新鮮な感じのする待合室にしたいという私たちの思いもあって、毎年ちょっとずつどこかしらに手を入れています。
今年は椅子をマッサージチェアに変えました。
診療終了頃を見計らって訪ねて来た友人が、受付が院長室に案内しても「ここでいいから」とくつろいで待っていてくれる事もあります。
050501008.jpg050501002.jpg

待合室リニューアル(1)洋式トイレ

4/29の休診日に大急ぎで工事して頂いた待合室のトイレです。
050501006.jpg
受付横の大きな鏡を設置したドレッシングスペース兼歯ブラシコーナーの左手に
050501007.jpg050501004.jpg
トイレがあります。もともとのスペースが狭いので、洋式トイレにしたとは言っても介助が必要な方にはご不自由をかけ申し訳なく思います。

林歯科医院ホームページ

リンク