« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »

2004年12月29日

歯周外科の勉強会2

昨日は、診療終了後から12時近くまで、勉強会=実習を行いました。
参加予定の石井・木村先生に、ベテランの多賀谷先生も参加。
さらに、北大の同期で歯周病の専門講座である保存2で大学院を
卒業した藤保先生も参加してくれ、木村先生にいろいろ教えてくれました。

藤保先生は2階のメンテナンス班への指導、位相差顕微鏡による症例の分析など、
これから林歯科医院の歯周病外来を築いて行く上でなくてはならない人です。

こうして、若い人たちが新しいことを吸収しようと熱意を持ってくれること
それを支えようとする周囲の歯科医師がいること、本当にスタッフに恵まれた
歯科医院であると誇りに思います。

PC280051.jpg PC280054.jpg
多賀谷先生の手技を見つめる石井先生   木村先生に説明する藤保先生

今年も1年ありがとうございました

さきほど本年の診療を終了いたしました。

これから、林歯科医院は年に一度の大掃除です。
レセプト班は、これからが大仕事。
年末年始と、ゴールデンウィークの保険請求事務は本当に大変で、
どこの医療機関でも同じでしょうが、二人の保険事務職員には
いつも無理をしてもらっています。申し訳ないことです。


来年は1月4日午前10:00より診療を開始いたします。
来年もよろしくおねがいいたします。

2004年12月28日

歯周外科の勉強会

筒井先生のセミナーを受講してから、院長が医院でもやりたいと言って
いた歯周外科の勉強会。ようやく本日、年末の慌ただしい中ですが、
診療終了後、石井先生・木村先生の若手2名と院長とでスタートします。

とりよせると1コ3000円と言うブタの下顎も、スタッフのお父様の
お知り合いの方のご好意で、格安に入手できました。ありがたい事です。

学んだことを回りにつたえ、日々の診療に行かせるような体制を、また
新たに作り上げて行こうと思います。

2004年12月27日

年末年始

林歯科医院の年末年始のお休みは、12/30〜1/3の5日間です。
12/29は午前中で診療をおえ、大掃除に入ります。
1/4始業は平常どおり午前10:00から。お休みの間はご迷惑をおかけいたしますが、ご了承下さい。

どこの歯科医院でもそうではないかと思うのですが、そろそろ年末の急患ラッシュがはじまりました。いつもなら様子を見ようかと思うような痛みでも、年末の休み前とあっては歯科医院にかかっておかねばと思われるのでしょう。

11月末くらいから、年内に治療を終えて新年を迎えたいと言う方が増えはじめ、この時期はご予約の方も多くなります。学校の休みの時期に入っているので、検診のご予約も数カ月前に入っています。院内はてんやわんやです。

あと2日で休みに入りますが、年末の慌ただしい気持ちがたかまってきました。がんばりましょう。

2004年12月26日

忘年会2

25日土曜日午後から、層雲峡へ忘年会に行ってきました。
本院、往診、技工所、緑が丘歯科矯正歯科から計38名が参加。
行きのバスから飲み食べ歌い踊り騒いで、若い人たちは朝までおしゃべり。
帰りのバスは全員とても静かでした。

本日日曜日は休診で、明日27.28.と通常どおり、29日午前の診療で年末
年始の休暇に入ります。
来年は1月4日午前10:00より診療開始。来年もよろしくおねがいいたします。

2004年12月24日

忘年会

22日水曜日は、北海道大学歯学部同窓会旭川支部の忘年会。
林歯科からは、林春美、岩田、石井、木村の4名の常勤および、非常勤の藤保が参加。
3条7丁目華龍閣で中華料理を堪能した。不況とは言え、吹雪の中でも忘年会シーズン、街はにぎわいを見せていた。

明日、土曜日は林歯科も忘年会。今年ももうすぐ一年が終わる。
今年の林歯科医院は昨年9月2階にオープンした歯周病メンテナンス部門に力を入れてきた。後半は多数の衛生士が講習会への参加を行い、技術と知識に磨きをかけてくれた。
来年は、より一層この部門の充実を果たしたいと思う。

2004年12月20日

blogって

医院の記録を公開するのに、管理がしやすいと思って導入した
ブログですが、その機能については全くわかっていませんでした。
検索をしては、あちこちのブログを覗いてみて、わかったような、
わからないような。
ちょこちょこいじりながらやっています。

日記のようなモノだと思っていたのですが、思っても見なかった使い方を
しているブログもあって、思ったより便利なモノだと思います。

Dr.blog研究室に一番お世話になっています。

Hu-Friedy 出張セミナー

19日、日曜日は、診療終了後午後3:00〜Hu-Friedyの出張セミナーに旭川までいらしていただき、シャープニングテクニックとインスツルメント管理システムについて受講いたしました。
「インスツルメント理解・管理・シャープニングテクニック・実習」などのプログラムで3時間ほどの講義でした。
HFSS (9).jpg HFSS (10).jpg


参加者は、
石崎・玉置・河合・舟生・飯田・斉藤(あ)・苔口・山田・谷・宍戸
幾原・中振・広川・斉藤(美)・竹村・堀田・村木・秋山・植田・小坂
の20名。

全員、林歯科医院および緑が丘歯科矯正歯科クリニックの常勤または非常勤の所属歯科衛生士です。セミナーに関する感想などは、後日掲載予定です。

2004年12月19日

予防歯科について

私が大学時代に習った予防歯科のイメージは、公衆衛生とフッ素塗布と保健所。
現在の予防歯科は、歯科医院が個人に合わせた予防プログラムを提供することで各人の虫歯と歯周病の発症、進行を抑制すると言うイメージに変化しつつある、と思う。

林歯科医院は開設以来、小児の虫歯治療後の定期検診・フッ素塗布は行ってきたが、成人の予防歯科に取り組むようになったのはここ数年のことである。診療所のシステムを変容させる中で、大変ありがたかったのが、北海道予防歯科臨床懇話会の先人の先生方の存在であった。

昨日は、札幌での集まりに参加させていただき、これからの予防歯科臨床のあり方について再考する機会を得た。私たちの診療所はこれからどのようなゴールを目指すのか、地域にどのように貢献することができるのか、懇話会はどのような活動をしていくのか、よく考えて行きたい。

2004年12月18日

講演会に出席するために

歯医者の告白
の中野先生の歯科医院経営メールマガジンはいつも拝読しているが、参考になる点が多くお勧めの書物なども時折購入している。
友人からメールで勧められ、私も勧めようと思っていたところと笑ったこともある。
そんな中野先生の診療室でも、院長不在の時にはいろんな事がおこるご様子である。

遠方でのセミナーや講演会には出席したいが、診療室を休むと患者さんに迷惑がかかる。代診になる歯科医師もいることで、診療は休まずに予約を調整して出かけるのだが、何分、歯科医師の数が減るので、いろいろ困ったことも起こる。
何より、院長がいればトラブルにならずに終わることが、トラブルになってしまう
こともある。

組織の整備をし、組織全体の力を上げなければと思うのだが、院長の力によって維持され、院長の診療を受けたくて患者さんに来ていただいている歯科医院でもある。あまり、事務的でクールな組織になってしまうのも困る。悩み深いことでもある。

無名塾例会

旭川歯科医師会の同時期に開業した会員の集まりの一つ、
院長が所属しているのが「無名塾」です。
月に一回の例会で、歯科に関する勉強、医院運営についての話をし、年に一度は
泊まりで懇親会も。年齢が近いこともって気のおけない集まりです。
今夜は、今年最後の例会、20名中15名が参加しました。

2004年12月17日

「かとうひさこのプロフェッショナルテクニック」受講報告

H16.11.28(日)当院歯科衛生士:玉置・河合・飯田・宍戸・斉藤(あ)の5名が参加した講習会のレポートをアップしました。
アメリカで歯科衛生士として働かれた経験をふまえた、最新のテクニックを受講し、大変参考になったようです。

2004年12月16日

口腔ケア講習会レポート

11月10日の口腔ケア講習会のレポートをアップしました。
口腔ケア部門の衛生士、斉藤美香が第4回上川地区老人保健施設研修交流会の依頼により、講演したものです。
口腔ケアについては、現在読売新聞の報道などでも注目されていますが、私たちの医院でも訪問診療開始当初より、診療を終えられた方の口腔環境を良好に保つ必要性については考えて参りました。これからも、様々な学習の場で口腔ケアの手法を学び、介護者の方にもお伝えして行きたいと思います。

診療終了後の小勉強会?

診療終了後、水野先生がいらして先日の セミナーの話、ホームページのキーワードアドバイスツールの話などをうかがう。最近読まれた予防歯科導入に関連する書籍の話なども。いつも、意欲的な様子に私たちも活気付けられる。

2004年12月14日

ホームページの活用

友人のあいファミリー歯科の水野先生が、セミナーで聴いていらしたホームページの活用法を聞かせて下さると言うことで、楽しみです。今週、診療が終わった後、時間を取ってもらう予定。院長から、筒井セミナーの話などもお伝えできたらと思います。
水野先生とは、院長、私の大学時代の同級生にあたりますが、たまたま車で10分足らずの近くで開業することになりました。それぞれの得意分野の話、医院の運営の悩みなど、お互いに話し合い相談のできる友人が近くにいるのは、本当にありがたいことです。

2004年12月13日

blog形式移行&i-mode版homepage開設

DenDenDiaryを、今後の管理を考えてweblog形式に移行しました。

imode版のhomepageを開設しました。
http://www.dendendental.com/i/
携帯電話から休診日、診療時間の確認、予約メールの発信ができるようになりました。

2004年12月12日

包括歯科医療 講習会 第8期2回目

平成16年12月11~12日
筒井昌秀・照子 両先生の東京コース受講。
参加者 林俊輔(院長)土日の診療は平常どおり行いました。

2日間、豚の下顎を相手に双眼ルーペで歯周外科の実習。ハードでした。
これだけでは足りないのはもちろん。自分でなんとか材料を入手して練習しなければなりません。それでも口腔内で可能になるまでにどれほど時間がかかるでしょうか。

金曜午後6時に診療室を出て最終便で旭川を発ち、ホテルにチェックインするのは11時過ぎ
日曜の講習終了後は、千歳経由のJALからJRに接続して旭川駅に着くのは夜12時。
翌朝は通常どおり10時診療開始。それでも学ぶべきものがあります。来月は1月後半に第三回の受講となります。

2004年12月05日

「本当の意味の根面デブライドメントを考える」

『本当の意味の根面デブライドメントを考える』  松風ペリオクリニカルセミナー
講師:日本歯科大学付属病院 歯科衛生士 島田昌子先生
「今回”本当の意味の根面デブライドメントを考える”をテーマとし、各段階毎の診
査や歯肉縁下のプラークコントロールの術前・術後におけるポイント(口腔衛生指導
とPMTCの実際、歯肉縁下のプラークコントロール実践方法)と器具の選択につい
てお話させていただきたいと思います。」セミナー案内より

参加者 当院歯科衛生士 幾原 玉置 舟生 3名

2004年12月02日

口腔ケアの重要性:歯垢から肺炎

★topics 2004.12.02 読売新聞「歯垢から肺炎…米バッファロー大が専門誌で発表」

口腔内の細菌が抵抗力の弱った方の誤嚥性肺炎の原因となりうることは、以前から指摘されていました。
林歯科医院はこの予防のために、訪問診療終了後の方に、口腔ケアをお勧めいたしております。